2018年10月16日 (火)

梶谷津の坂(板橋区赤塚・徳丸)

下って上る坂。 現在では新大宮バイパスに分断されてしまったが、昔は前谷津川支流の谷を下って向こう側に上る薬研型の坂道だった。 徳丸側からアプローチすると、長い下り坂が徳丸四丁目の交差点に向かって続いている。この道は「浦和道」と呼ばれた幹線の古道。 現在の高島平から水車公園近くを通り、この梶谷津の坂を抜けて現在の東武練馬駅に抜けていた。

Dscn6055
その道を東武練馬から西に進む。まっすぐにしたいのだが古道が曲がっていたのでそれに合わせた道になってしまったという感じがする。 しかし東側の坂は道幅もあって普通の坂という雰囲気。 バイパスのこちら側は徳丸になる。

Dscn6057
坂を下りきると盛土された新大宮バイパスの数少ない信号交差点の徳丸四丁目。 本来の道筋はトンネルになっている方。 昔はここで川を渡っていた。 今も暗渠道が残っているので、多くの暗渠マニアが探索をしている事だろう。川が消えたのは昭和の高度成長期のこと。 どこもほぼこの時期に暗渠化されている。

Dscn6065
バイパスを横切って赤塚に入ると、昔の道の風景になる。 農地も残っていてかつての雰囲気を残している。この辺りは前谷津川がいくつかの沢に分岐していて、そのうちのひとつが梶谷津川と呼ばれていたようだ。 梶谷津川の源頭は現在の下赤塚駅東側、大正期あたりまでそこは梶山と呼ばれ、そこから流れる沢の刻んだ谷を梶谷津と呼んだ。

Dscn6067
また梶谷津の東の谷は馬喰谷戸といわれ、かなり急峻な沢だったようだ。 梶谷津の坂の西側はその馬喰谷戸の真反対を上っていく。 坂上にの集落に増福寺がある。 寛永8年(1631)に開かれた曹洞宗の寺院で、区内最大の208㎝の板碑がある。

Dscn6071
梶谷津坂の坂上には庚申塔が3基並んでいる。かなり風化が進んでいる。 右から宝永7年(1710)の三猿の庚申塔、真ん中は舟形の石塔で貞享5年(1688)、左の小さいものが元禄16年(1703)の傘付き庚申塔。 こういうものを大切に守っている地域は良い地域だと思う。

photo : 2016/11/12

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

長命寺坂(板橋区常盤台)

環七通りと川越街道(国道254号線)の交差する板橋中央陸橋の東側に残る旧川越街道の坂道が長命寺坂である。 ただし長命寺は環七立体交差の反対側にある。 旧川越街道は上板橋宿を過ぎ下頭橋を渡ると長命寺の前で二手に分かれ、右が川越街道、左は氷川神社から安養院を経て茂呂へ向かう道。 現地では大通りを視界から消してイメージすると昔の様子が浮かんでくる。

P1050919
昔の川越街道は幅3間というから、およそ5.5mあった。ほぼ当時のままの道幅のようである。下頭橋の標高が22m、長命寺の前が28mだからそれほど急な坂ではない。 板橋区の資料によると、旧川越街道が下頭橋を渡し東山町にある長命寺に向う坂。東山にはかつて板橋城があったという説があるが確証はない、とある。

P1050915

板橋城は豊島一族の板橋氏の居城で、室町時代に長命寺と隣の上板橋小学校の一部にかけてあったと言われる。長命寺が江戸時代の初めの開山で、それよりもはるかに昔の話なので諸説ある。ただ、地形はこのあたりだけが一段と高くなっているので、居城であった可能性は十分ありそうだ。

P1050922
一方の坂下にかけては、下頭橋通り(旧川越街道)という道路標識も出ていて、江戸時代の賑わいを感じさせる。 橋のたもとには下頭橋六蔵尊があり、下頭橋のことが掛かれた説明板が立っている。 橋の名前の諸説には、旅僧が地面に突き刺した榎の杖が、やがて芽吹いて大木になった逆榎がここにあったという説。 二つ目は川越街道を利用する川越城主が江戸に出府の折、江戸屋敷の家臣がここまで迎えに来て頭を下げたからだという説。三つ目は、橋のたもとで旅人から喜捨(寺社や貧乏人に施しものをすること)を受けていた六蔵の金を元に石橋が架けられたからという説である。

三番目の説の六蔵というのは乞食の名前で、『まんが日本昔ばなし』にも取り上げられた「けちんぼ六さん」という話で面白い。

photo : 2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

海老山の坂(板橋区弥生町)

海老山の坂といってもどこからどこまでが坂なのかわからない程度の微妙な勾配。しかも大部分が直線なので、歩いていて坂を認識することはまずないだろう。 しかし、下頭橋から坂上の日大病院入口までは10mもの高低差がある。この海老山の坂はかつての川越街道上板橋宿である。

P1050927
下頭橋付近はカーブしているので勾配を感じることが出来るが、直線になると疑問符が出る。 しかしこの直線部分が海老山の坂なのである。坂の真ん中あたりに豊敬稲荷がある。旧街道の宿場町にある稲荷なので古いと思いきや、江戸末期から明治あたりに出来たらしい。

P1050932
豊敬稲荷は常盤台の天祖神社の末社で、由緒説明も天祖神社の宮司によるものとなっている。つまり、江戸時代の川越街道にはなかった神社ということになる。 しかしこの辺りには宿場の商家が立ち並び栄えていた。街道の宿場だけではなく、練馬・板橋の農産物を江戸市中に運ぶための拠点にもなっていたのだろう。将軍綱吉が尾張から持ってきた種を使い名産となった練馬大根もここを通って運ばれたはずである。

P1050940
海老山の坂という坂名は、この辺りの山を海老山と呼び、飢饉に備えた稗蔵(ひえぐら)があったが、ヒエが訛ってエビとなったという説がある。 果たしてヒエがどうしたらエビになるのかはわからない。 稗蔵は江戸時代に多く作られた木造の蔵で、最近はほとんど見かけなくなった。

photo : 2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

暗闇坂(板橋区南常盤台)

東武東上線のときわ台駅の南側、誠の碑(故宮本警部記念碑)の踏切から南へ伸びる常盤台銀座通りから環七に下る坂道。 宮本警部の話は記憶に新しい。2007年2月6日、自殺を図って踏切に飛び込んだ女性を助けようとした53歳の警部は「死ぬんじゃない」と踏切から女性を引っ張り出したが、女性は助かり警部は電車にはねられ亡くなった。やるせない話である。

P1050911
暗闇坂は踏切からいくと2つ目の辻を南東に下る道。 この路地は常盤台銀座通りから環七までの間しかない区画整理後の取付道路のようだが、実は古道。 昔からあった道が区画整理で付け替えられたがここだけが残ったのである。 江戸時代は川越街道が下頭橋で石神井川を渡ると、川越街道と常盤台の天祖神社への道と二つに分かれていた。 この天祖神社へ向かう道がこの暗闇坂だった。昔は、覆いかぶさる樹木で昼なお暗い道だったのでその名が付いた。

P1050912
常盤台一帯は、旧地名を北豊島郡上板橋村字向屋敷といい、昔は道沿いに民家が2、3軒あるだけの「前野っ原」と呼ばれる農地だった。大正3年(1914)に東上鉄道(現在の 東武東上線)が開通したが停車駅がなく、昭和初期に東武鉄道が一帯を買収した後も、しばらくは民間の飛行場として使われていた。その後、 昭和10年(1935)に武蔵常盤駅(現在のときわ台駅)が開業し、常盤台住宅地の分譲が開始された。

Photo : 2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

堂坂(板橋区東新町)

川越街道の東新町辺りの川越街道と石神井川の間にある坂道が堂坂で、細い路地だがこれも江戸時代からあった道。 この辺りは当時上板橋村だった。 またこの辺りの地名は上ノ根(かみのね)と呼ばれていた。 一説によると、神流→上沼→上ノ根と転訛したというが、私が個人的に考えているのは、石神井川の南側の字名が根ノ上であることから、川の南が根ノ上、北が上ノ根とされたのではないかという別説である。(可能性は低いと思う)

P1050898
堂坂は氷川神社の東側に沿って川越街道に向かって上る坂道である。 勾配は少ないが、微妙な曲がり具合が古道であることを示している。この氷川神社の古い名は上ノ根氷川神社。創建は不明。昔は上板橋村の鎮守だったという話もある。

P1050901
堂坂の坂名と氷川神社に何か関係があるのかと思ったがそうではないようである。板橋区の資料によると、坂の途中に旧家で大庄庵と称した小野沢氏の家があり、ここに地蔵堂があったので堂坂、あるいは地蔵坂と呼ばれた、とある。

P1050892
氷川神社の最初の鳥居の標高が24m、本殿が30mなので境内の中で6mほどの高低差がある。 河岸段丘をうまく使った境内の配置になっている。 氷川神社の西250mに安養院という古刹がある。鎌倉時代に北条時頼により創建された真言宗の寺院だが、ここも河岸段丘をうまく使った院内配置になっている。その安養院の前には昭和の初期にわずか5年間ほど上板橋村の村役場だった役場跡があり、現在も区の施設になっている。

Photo : 2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

ばんち坂(板橋区小茂根)

小茂根は小山町、茂呂町、根ノ上町をまとめて出来た1965年以降の町名。その中の茂呂町は江戸時代には上板橋村の一部。茂呂は毛呂とも書いた。従って茂呂山坂でもよさそうなものだが、ばんち坂という呼び方は意外性がある。

P1050850
この毛呂山通りの先は岬とその先に浮かぶ島のような地形になっている。手前の岬に下る坂道がばんち坂である。 その由来は板橋区の資料によると、坂の東側一帯の山は茂呂公園といい、昔は「ばんち山」といわれた。この山の持ち主であった山上氏の先祖は、江戸城の警護衆が住んでいた番町から来たという。このことからこの山を「ばんち山」と呼んだと思われる。 江戸時代のこの辺りはすこぶる田舎である。 何か事情があって都心から引っ越してきたのだろうが、村人からすると公家が引っ越してきたようなものだったのかもしれない。

P1050851
坂は直線で勾配はそこそこある。自転車ではきついようだ。上野写真の樹木が繁るところが茂呂山公園。 公園全体が丘の上と斜面になっていて、地元では桜の名所らしい。 このばんち坂を語るのに、この坂の部分だけでは十分ではない。

P1050856
それはこの坂の下から再び小高い小さな丘を乗り越える部分である。 そこには茂呂遺跡という石碑と説明板がある。 日本の考古学上きわめてシンボリックな場所なのである。

オセド山と呼ばれるこの独立丘陵は、昔から縄文時代早期の土器破片が多く出る場所として知られていた。昭和26年、ここを通りかかったある中学生が、この栗橋新道の切通し断面の関東ローム層(赤土)中より、黒曜石製の石器と礫群の露出を見つけた。

P1050864
この発見が元で、その年に明治大学と武蔵野郷土館が共同で、関東ローム層中に残された、旧石器文化(先土器文化、岩宿文化とも呼ばれる)の発掘調査を行った。その結果茂呂型ナイフと呼ばれる特徴的な石器の存在が明らかになり、日本の旧石器文化研究の端緒となった岩宿遺跡(群馬県)と並び、考古学研究史上特筆される成果が得られた。

最初の発見者である中学生(瀧澤浩くん)はのちに考古学者となったというのも微笑ましいストーリーである。

Photo:2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

すて場坂(板橋区小茂根)

えんが堀は昭和中期まで流域の灌漑用水として重要な役割を果たしてきたが、宅地化が進むと家庭排水による水質悪化が急速に進み、さらに石神井川が増水するたびに、流れが逆流して氾濫を繰返したため、1969年~1972年に暗渠化が行われた。 大谷道(現在の大谷通り)は西光寺から地蔵坂を下り、えんが堀を越えて小茂根に続く道で、地蔵坂に相対する坂がすて場坂である。

P1050845
整肢療護園(心身障害児総合医療センター)前を上っていく比較的長い坂。 この坂下に昔、牛馬の捨場があったので付いた名前らしいが、江戸時代にそのような場所があったということにいささか驚いた。調べてみると、天武天皇の御代(7世紀後半)に牛馬犬猿鶏の肉を喰うのを禁じられ、明治になるまで日本人は牛馬を食べることはなかった。そのため厄介なことではあるが、労役を終えた牛馬はどこかへ捨てられていたわけである。

勿論時代の統治者から認められたものが牛馬の処理権を持っていたようだが、実際の作業という視点からするとそこに士農工商以下の民の存在が現れる。なかなか奥の深いテーマである。

P1050848
坂上近くに整肢療護園の門がある。1942年に身体の不自由な子供の施設として開かれたが空襲で焼失。 しかしながら戦後関係者の苦労で再建されて現在に至る。 四肢のみならず、心身障害に関しても貢献の大きい病院らしい。

坂上一帯は根ノ上遺跡、縄文時代から平安にかけての住居跡が出ている。えんが堀が石神井川に合流する肥沃な土地の傍にある台地の上である。 概ねこういう場所には何千年も前から人間が住んでいる。辺りは昭和40年(1965)まで根ノ上町という地名だった。辺りには、小山町、茂呂町という字名があり、これらを合わせて小茂根となった。

Photo : 2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

地蔵坂(板橋区大谷口)

えんが堀はいくつかの細流を集めて石神井川に注いだ小川。 源頭のうちの大半は千川上水の水が地下を通って湧水となったものと言われるが、その支流のひとつが有楽町線千川駅のある要町三丁目交差点の北側の湧水から流れ出ていた。 現在は大谷口ガーデンマンションD(大谷口2-35-13)になっているところに湧水の池があったが埋められた。しかし現在もマンション前の坂の下に暗渠がある。向原団地前でえんが堀と合流。 そこは地蔵坂の坂下にあたる。

P1050839
地蔵坂の由来は坂の途中にあった地蔵堂による。 坂上の辻には2基の庚申塔があり、左が延宝5年(1677)、右が貞享2年(1685)と相当古いもの。 時代に対して大変保存状態のいい庚申塔である。

P1050835
この坂道に民家が建ち始めたのは昭和中期で、それ以前は切通しの寂しい坂道だった。 この道は江戸時代からある古道で、現在の大山(当時は下板橋宿)から氷川台(当時は下練馬村)への主要道で、坂上には真言宗の西光寺がある。 西光寺は1650年代に開山した古刹で、坂の途中にあったというしろかき地蔵(苗代地蔵)が保管されている。

P1050833

西光寺のしろかき地蔵の民話は当時の風景に導いてくれる。

その昔、大谷口村に信心深いお百姓さんがいた。村一斉の田植えの前の日、お百姓さんは一所懸命代かきをして間に合わせようとしたが、薄暗くなってもまだ半分も終わらない。途方に暮れていると、どこからともなくお坊さんが近寄ってきて、やさしく話しかけてくれたかと思うとついぞどこかに消えてしまった。

P1050828
諦めたお百姓さんが翌朝田んぼに来てみると、広い田んぼはすっかり代かきが終えられて、朝日が田んぼに反射して輝いていた。びっくりしてあたりを見回すと、田んぼの泥が点々と田んぼから丘の草原に続いている。泥の跡を辿ると丘の上の小さなお堂にまで続いていた。不思議に思い、お堂の扉を開くと、お地蔵様の体は腰のあたりまで泥だらけだった。

そのお地蔵さんを見て、300年前の人もこれを見てうなっていたんだと思うと、何とも言えないものがあった。

Photo:2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

だらだら坂(板橋区向原)

小竹向原駅は1983年に営団地下鉄有楽町線の駅として開業、後に西武の乗入も始まったが、都内でもかなり後発の駅である。駅周辺は石神井川の支流、えんが堀の流域。 もともとの名前は江川とも言われる。江古田駅北側と南長崎辺りを水源とした小川だが、1970年前後に暗渠化された。従って小竹向原駅は相対的な低地にある駅になる。

P1050811

駅の南側に出て、向原小学校と向原ゴルフセンターの間を上る。 ここがだらだら坂である。 傾斜地にある小学校のプール脇の道で、この塀も例の耐震補強工事のなされていない壁のように見える。 このプールの壁の手前がえんが堀の暗渠。傾斜はだらだらというには勾配がある。

P1050812
このだらだら坂の道は古道で、上板橋村から長崎村へのメインルートだった。のどかな農村でまばらに家があるような風景が昭和の中期まで続いた。鉄道の開設からもわかるように、この地域に家が立ち並び人口が増えたのは1980年代である。 小学校の開校は1963年だが、やはり1980年代に校舎を増設して人口増加に対応している。

P1050813
板橋区の資料によると、だらだらと長いのでだらだら坂と呼ばれたとある。またこの道は台道道と呼ばれ、北に行けば石神井川の台橋を渡り川越通りに出る。南は江古田通りに出る、とある。

photo : 2018/4/8

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

岩の坂(板橋本町)

中山道は江戸五街道のひとつ、江戸と京都・大阪を往来する東海道が川に阻まれるのに対して、比較的スケジュール通りに歩けた中山道を使う旅人も多かった。 女性が多く利用したので別名姫街道とも言われた。 現在も国道17号線と並行して付いたり離れたりした旧街道が残っている。

Cimg0256
板橋宿に入る手前、平尾追分で川越街道と分かれた中山道は板橋宿の半ばを過ぎると石神井川を渡る。 ここに架かるのが板橋。 板橋の地名は鎌倉時代に始まる。 ここの橋は板を渡しただけの粗末な橋でそれが板橋の由来という説がある(諸説あり)。 この板橋を渡ると緩やかな上り坂になる。 これが岩の坂。

Cimg0269
かつて坂の左側に榎の大木が聳え奥に第六天社があった。今は反対側に移され縁切榎と呼ばれる人気の社になっている。昔は坂の両側から覆いかぶさる樹木により昼なお薄暗く不気味な坂であったので「いやな坂」が訛って「いわの坂」と呼ばれた。 これが岩の坂の由来のようだ。 江戸時代にはこの辺りは水茶屋のような風俗っぽい店が多かったようで、そっちの歴史の方も掘り下げると面白そうである。

Cimg0265
縁切榎の歴史の中で、幕末の皇女和宮が江戸幕府第十四代将軍家茂の正室となった時に中山道を京都から江戸まで降嫁の行列で向かった。 行列の長さは50㎞もあったという。その行列がこの縁切榎を避けて迂回したという話が残っている。 板橋あたりの石神井川は流れを直線化したもので、板橋の位置も昔は少し江戸寄りだった。 橋の脇に残っている細長い公園がかつての川跡。 江戸から板橋を渡ると岩の坂を上って、そこからは前野村に入る。

Photo : 2018/4/1

| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

長徳寺の坂(板橋区大原町)

長徳寺は真言宗の寺院。 開山は鎌倉時代の初期と伝えられるが、江戸時代以前の詳細は不明。 運慶作の大日如来が本尊とされていたが、慶長5年(1600)大火に遭い、次いで昭和20年(1945)の戦災により焼失してしまった。これより前は明治32年(1899)に大改修が行われた。戦後から現在にかけては、昭和38年(1963)に本堂が再建され同55年(1980)に山門が再建され今日に及ぶ。 江戸時代の絵図には長徳寺大日堂とあり、大日如来が信仰されていたことがわかる。

Dscn9585
長徳寺の坂はこの門前を寺の塀に沿って首都高速池袋線下から中山道に向かって上る。 高速下は出井川の流れだった筋。昭和の中期まで川が流れていた。 江戸時代からの道は中山道からここを通り、上板橋村へと繋がっていた。 また門前から東に緩やかに上る栄道があり、この道は現在の本蓮沼駅(中山道)に出るが、この道もまた江戸の痕跡を残している道である。

Dscn9582
坂名は長徳寺の前を通る坂であるため,この坂名になった。前野の古い道の一つに「お大日道」があり,練馬道(富士見街道)から分れ出井川の谷に下り, 長徳寺の南側の坂になる。 こ/のお大日道はおそらく長徳寺の大日堂に因むものだろう。

Photo:2018/9/18

| | コメント (0)

2018年10月 5日 (金)

寺坂(板橋区小豆沢)

魚籃坂を下っていく。坂の右手(東側)に急勾配で上る坂がある。名前はないが「全力坂」では小豆沢四丁目の坂という名で何度も登場している近年の名坂である。この道が地図に載っているのは昭和の中期から。 勾配は魚籃坂との相対で強調されているが名坂である。

Dscn9594
この小豆沢四丁目の坂を上るとその先には小豆沢神社がある。 康平年間(1058~1065)の源義家の勧請というのが伝わる起源。 小豆沢村の鎮守として親しまれてきた。御神木のスダジイは幹が空洞化して傾斜しているがまだ健在の区指定天然記念物である。狭い路地だが神々しいオーラがある。

Dscn9599
小豆沢神社の周辺は十二の入江があったため、江戸時代には十二天社と称して、小豆沢村の鎮守社であった。明治2年(1869)に小豆沢神社と改称。 もうすぐ千年という古い神社であることは確かである。

Dscn9616
東隣の龍福寺は、室町時代末に袋村(現北区赤羽)の真頂院の僧運珍が隠居寺として創建したといわれており、建長7年(1255)以降の数多くの板碑や、小豆沢地名由来の伝承が残されている。当寺薬師堂の本尊薬師如来は、当寺北側の御手洗池から出現したと伝えられている。 龍福寺の東側から寺坂はカーブを描きながら下っていく。

御手洗池は崖下の公園にある小さな池。江戸時代には富士講の信者たちが旅立ちの前にここで禊ぎをしたと伝えられる。

Dscn9620
寺坂は龍福寺や小豆沢神社のある台地から下る坂。この先の荒川(新河岸川)には,江戸時代から舟運で栄えた小豆沢河岸(別名大根河岸)や,対岸の浮間とを結ぶ浮間の渡し場があった。坂は崖線の巨樹の間を下っていく。 途中のケヤキも優に200年は経っている巨木である。

Photo:2018/9/18

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

石坂(板橋区成増)

石坂はまっすぐな坂道だが、戦前は現在の道とはかなり違うルートを取っていた。この上の成増台最北西端の台地は俗称「ドヤマ」の台地と呼ばれた。ドヤマの由来は分からない。ただ建物がない時代をイメージするにはすぐ近くの崖線にある成増四丁目緑地を見ていると浮かんでくる。

P1010648

その台地の南に流れる小井戸川に架かる橋から菅原神社(成増5-3)のある台地に上るのが石坂で、この坂の名の由来は,成増村になる前の地名が石成村の小字成増であったので関係しているのかもしれない、と「郷土 板橋の坂道」にある。

P1010650
菅原神社の創建年代は不詳ながら、延宝7(1679)江戸末期には「山王社」と号して成増村の鎮守社だったと伝えられる。明治2年(1869)には天神社と改称、明治7年(1874)菅原神社として村社となった。御祭神はその名のとおり菅原道真。 江戸時代には青蓮寺が別当となっていた。

Photo:2016/11/5

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

権現坂(板橋区成増)

成増台の北西端の台地にある坂のひとつ。 旧白子川の田島橋から台地に上るのが権現坂である。 坂の東側の高台には特別養護老人ホームの音羽レジデンスがあり、その擁壁の石垣が美しい。 この老人ホームは2008年に建替えられたものだが、それ以前は三園ホームという施設だった。三園ホームは1986年から30年ほど、それ以前はのどかなハケ(崖)の林に包まれていた。

P1010637
権現坂は坂の曲がり具合、傾斜、石垣の景色と三拍子そろった美しい坂である。 ただ坂上で道が止まっているのが不足点。 しかし、この道は意外に古道であるという説明がある。この辺りは明治、大正時代まで松木と呼ばれた地域で、この道は松木道という道だったという。

P1010640
坂の途中で振り返ると、成増五丁目アパートが見える。 成増五丁目アパートは建て直された都営住宅。 高島平団地に代表されるように板橋区は高度成長期には東京の人口を支えるベッドタウンとして爆発的に増える人口を受け入れてきた。 建て替えは建ぺい率を下げて、4階建を10階建てにしたもの。

P1010639
坂はまだまだ曲がりながら上っていく。 坂の高低差は20mある。 権現坂の坂名の由来については、板橋区の資料によると、「旧白子川分流の田島橋から成増の台地に上がる坂で古道の松木道が通っていた。この坂の途中に「木椎熊野大権現」(成増4-21)が祀られていたので権現坂と呼ばれた。この権現神社は赤塚3-9地先に移されたが今は廃社になっている。」とある。

P1010641
古い地図を確認するとこの坂は坂上で北に進み、青蓮寺に抜けている。その道が松木集落の真ん中を通っていたので松木道と呼ばれたのだろう。三園通りが開かれる前はこちらが主要道だったようだ。 

板橋区は昭和の初期まで村だった。昭和7年(1932)に2町7村が合併して板橋区が誕生し、戦後は一部が練馬区に変わった。 古道周辺にはまだわずかに古い町並みが残っている地域だけに、散策は面白い。

Photo:2016/11/5

| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

おなかや坂(板橋区成増)

青蓮寺の門前から東へ下る坂道がおなかや坂である。 小井戸川と徳丸久保の間の台地上に青蓮寺がある。 坂下の三園通りが徳丸久保の川筋があった谷地形になっており、三園通り沿いは小井戸川程度の溝のような沢が流れていたと思われる。

P1010629
坂下から見上げると青蓮寺の擁壁が迫る。 坂下と坂上では10mほどの高低差がある。おなかや坂の坂名の由来は、写真の辺りに屋号を「おなかや」と呼ぶ田中家があったことが由来だという。

P1010627
坂上の青蓮寺は真言宗の寺院。本尊は平安時代の薬師如来坐像、開山は不詳。 江戸時代初期は徳丸ヶ原の弁天塚(現在の新高島平駅そば)にあったが水害でここに移転したと伝えられる。 移転は江戸時代中期。

P1010630
青蓮寺の先代住職の藤崎光淳氏は戦前から昭和の成増周辺の写真を撮り続けてこられた。 写真は2005年に板橋区に寄贈され、公開される機会もあるようだが、ぜひ拝見する機会を得たいものである。この写真資料は2009年に区の登録文化財となっている。

Photo: 2016/11/5

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

太郎坂(板橋区成増)

上赤塚公園脇から流れ下っていた小井戸川の川筋が推定できれば、その右岸の坂ということで位置関係をつかむことが出来る。 しかし、この坂は区画整理が進み、ただの住宅地の路地になってしまっているので、情報なしには分からないだろう。

P1010622
小井戸坂の一本北側を走る道は成増の百々女木坂から続く道(成丘通り)である。成増ヶ丘小学校裏から北上、小さなパン屋さんの脇を入る小径が小井戸川の暗渠だが、太郎坂はここから始まる。

P1010623
二つ目の路地を左折する。 成増4丁目26と24の間を入る道が太郎坂の続きである。 坂の傾斜は極めて緩やかなので、これが名前のある坂か?と疑問に感じる。 100m足らずで道は右に折れるが、この辺りまでが太郎坂とされている。パン屋さんから坂上までの高低差は5mほどしかないが、小井戸川の規模を考えるとよく側溝のような川がここまで台地を削ったものだと感心することもできる。

P1010624
坂名の由来はわからないが、北東を走るバス通り(三園通り)周辺は徳丸久保と呼ばれる窪地で、その間の台地に南から上るのが太郎坂である。明治時代の地図を見ると成丘通りも三園通りも当然なく、小井戸川を渡ったところからカーブを描きながら青蓮寺に向かって上っていく太郎坂が見て取れる。

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

小井戸坂(板橋区成増)

上赤塚公園の北側の坂。 成増4丁目と赤塚3丁目の町境になる。 上赤塚公園のあたりを源頭に沢が谷を形成し、旧白子川に注いでいた。 昭和の中期までは開渠になっていたようである。上赤塚公園の湧水は確認できないが、武蔵野台地の標高30mゾーンなのでこの辺りに湧水があった可能性は高い。

P1010614
小井戸という坂名が湧水に関係していることはおそらく間違いないだろう。板橋区の資料によると、小井戸川の谷頭にあたる。昔は急坂だったが、今は埋められてなだらかになっている、とある。 昭和中期の地図を見ると、この坂はまっすぐではない。また、切通しで谷に下っている。 道は明治時代にはすでにあったようだ。

P1010616
小井戸川という川名は旧白子川からの分岐点の路地(成増5丁目16と17の間)に「こいど川緑道」の碑があるが、それ以外には特に表示などは見当たらなかった。 上赤塚公園と隣の葬祭場の間に水路の形跡がある。小井戸坂の道路には水路(溝)が横切っている。これが小井戸川の痕跡だと思われた。

Photo:2016/11/5

| | コメント (0)

2018年9月29日 (土)

百々女木坂(板橋区成増)

百々女木(スズメキ)か百々向(スズムキ)かは両方あって混用されている。 川の名前はほぼ百々向川とされているようだが坂名は百々女木坂である。地方にも同じ地名jがあるが「どどめき」と読ませる場合が多い。成増の百々向川は川のせせらぎの音、あるいは雀の鳴き声からつけられたとされているが、いささかはっきりとしない。

P1010609
百々女木坂は成増駅北口の区立図書館裏から北東に上っていく坂道。 この道は江戸時代からある村道で、川越街道から上赤塚への主要道だった。現在もこの成増台の上を走る生活幹線のひとつである。 坂の脇には赤塚第二中学校と成増増ヶ丘小学校がある。並んでいるのに違う地名を冠しているのがいささか疑問でもあった。

P1010613
坂上と坂下の高低差は6m程度だが、これは百々向川が極めて小さな河川だったので、それほど深い谷を形成できなかったためと思われる。しかしその浅さのおかげで、江戸時代もさほど急な坂ではなかったようである。 現在はほぼ直線になっている。

百々向川は赤塚新町三丁目付近の湧水を水源として成増を流れ、旧白子川に注ぐ僅か1.8㎞の沢というべき小河川だった。流域の宅地化が進んだ昭和50年頃に暗渠化された。

P1010610
坂下の図書館の傍に百々向川の暗渠が通っている。地面よりもかなり低い。 後に成増駅周辺の川跡は盛土をしてかさ上げしたようだ。 ちなみに百々向川の下流に「百向」という地名がかつてあった。 しかし読み方はスズメキやスズムキではなく、ズウコウというこれまた不思議な読みである。 文字からするとこの地名も由来の可能性はあるかもしれない。しかしそうなるとズウコウがスズメキ(スズムキ)に転化した理由がわからない。

Photo:2016/11/5

| | コメント (0)

2018年9月28日 (金)

新田坂(板橋区成増)

新田坂(しんでんざか)は川越街道の旧道で成増から白子川へ下る坂道である。白子坂の別名がある。 板橋宿の平尾追分で中山道と分かれた川越街道には、上板橋、下練馬の宿を経て、白子川をはさんだ江戸側の新田宿、川越側の白子宿と続いた。その白子川の谷へ下る新田坂は相当な急坂だった。

P1010589

川越街道は江戸時代以前に開かれた街道で、太田道灌が川越城の支城として江戸城を築城した折に川越街道が開かれた。江戸時代までは川越往還を呼ばれていたが、明治以降川越街道の呼び名に変わった。昔、この坂のあたりは成増村で向新田という地だった。1600年頃に街道の整備が行われ、川越の物資を江戸へ輸送する要路ともなった。川越と江戸は陸上でも、新河岸川の水運でも結ばれていたほど重要な道だったのである。

P1010600
坂上の標高32mに対して坂下は13m、ほぼ20m近い高低差は武蔵野台地を削った谷の深さの平均に近いだろう。 そして概ね関東ローム層上部の地層は赤土で、雨が降るとぬかるんだはずである。そんなわけで難所扱いされた場所がいくつもある。その難所に難渋した旅人たちのために、路傍に石地蔵を建立し供養した。

P1010596
その石仏群が新田坂と国道254号の川越街道との間にある。もとは新田坂にあったもの。 道祖神(1862)は八坂神社入口に在ったものとある。 常夜燈(1830)は坂の途中にあり、白子坂右岸沿いに練馬の土支田村への道の分岐に建っていたもの。

P1010599
八坂神社は京都の八坂神社を勧請したもので、地元では天王さまと呼ばれている。昭和初期まではもう少し南側にあったが、昭和8年(1933)に川越街道(国道254号線)の工事で現在地に移転した。

Photo:2016/11/5

| | コメント (0)

2018年9月27日 (木)

成増坂(板橋区成増)

旧川越街道を直線化して開かれた新道。 成増台から白子川を渡るまでの長い下り坂が成増坂。 江戸時代は白子川をはさんで東側が新田宿、西側が白子宿であった。昔の川越街道の坂は成増側が新田坂、和光側が大坂で、ともに難所ともいえる急坂だった。

P1010586

成増坂は川越街道というよりも国道254号線の坂である。 上の写真で左側の下っていく大通りが成増坂、右の側道が元々の川越街道。どちらも坂下で白子川を越える。昭和中期までの新川越街道は東埼橋の先を直線的に和光市へ伸び、本田技研の北側を走っていたが、新しいバイパスが白子川直前で南にルートを取った為に、川越街道は三番目の橋である新東埼橋で白子川を渡り、和光市では本田工場の南側を通る事になった。

P1010605
白子川の標高は10m、成増駅前が33mなので23mもの落差があるが、新しい成増坂は僅か2度(勾配で3.5%)となだらかで長い坂になっている。車で走ると気づかない間に通り過ぎてしまう。川越街道の味わいは新田坂でないと難しい。

Photo:2016/11/5

| | コメント (0)

2018年9月26日 (水)

小次兵衛久保坂(板橋区成増)

国道254号川越街道にある坂道。 成増小学校入口の交差点を境に、東側が帳元の坂、西側が小次兵衛久保坂である。 つまりここは谷地形になっていて、それを形成したのが白子川支流の百々向川(すずむきがわ)。 さすがに川越街道は道幅もあり交通量も多いので、坂の傾斜は感じにくいが、坂下と坂上では5mほどの高低差がある。

P1010581
坂下の成増小学校入口交差点脇に小治兵衛窪庚申尊がある。 久保は窪から転訛したもので、大正期までこの辺りはコジベイ久保という地名だったので、窪を用いたのは江戸時代のことかもしれない。  この小治兵衛窪庚申尊は、天明飢饉の犠牲者を供養するのに建てられたもの。
天明の飢饉は、1782年から異常気象により全国的に不作から飢饉が発生し、翌年は浅間山の噴火で大凶作となった。 餓死者・病死者は全国で90万人を超え、そのため一揆や打ち壊しが発生したものである。
P1010577
コジベイ久保という地名にはある昔話が由来になっている。 昔、この辺りは百々向川が流れており、街道と言っても寂しい場所だった。 川には粗末な丸太橋が掛かっていて、周囲は背の高い草と樹木に覆われた場所なので盗賊の格好の犯行場所になっていた。 ところがある時、丸木橋の代わりに立派な橋が架かっていて、村人たちが驚いて近づくと、橋の傍らにこう書かれていた。 「ここで悪いことを数えきれないほどした。それを悔いて、罪滅ぼしに橋を架けた。 小治兵衛」
坂名は小次兵衛久保坂だが、物語の人物は小治兵衛と一文字違うのは調べてみたがよくわからない。
Photo: 2016/11/5

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

帳元の坂(板橋区成増・赤塚新町)

成増駅の南、川越街道(国道254号線)の坂道である。 あまりに大通りで交通量が多いので、坂道の印象はほとんどない。 光が丘公園の北東角の赤塚口あたりを源頭にした百々向川(すずむきがわ)が浅い谷を形成して和光市との境を流れている白子川に注いでいた。 その浅い谷の都心側の坂道である。この谷周辺の昔の地名がコジベイ久保で大正期までの字名である。

P1010580
西側の上り坂は小次兵衛久保坂という坂だが、東側の帳元の坂の坂上あたりを帳元と言っていた。 帳元の意味は、江戸時代から城北地域の興行の取り締まりをしていた帳元の家(友山家)があったことによると板橋区の資料にある。現在も坂上のバス停名は「帳元」である。 バス停や小学校名に古い地名が残っているとほっとする。

Photo:2016/11/5

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

閻魔坂(板橋区中台)

板橋区中台の地名の由来は、戦国の城、志村城から見て、前野原と西台の中間に見える台地ということで中台となったというのが定説。 西台は志村城の西の台の意であるが、元々板橋区は昭和の初期に、板橋町、志村、上板橋村、赤塚村の1町3村が合併してできたもの。 そのうちの志村(志村村ではない)は明治の中期に8村が合併したものである。

志村8村は、志村、本蓮沼村、上蓮沼村、小豆沢村、前野村、中台村、西台村、根葉村。そのうちの西台村から中台村を経て板橋本町から西に延びる富士見街道への主要道が現在の若木通りだった。 中台村の南部にあるのが稲荷神社。 地名は冠になくただ稲荷神社である。

Cimg0174
創建は不明。 江戸時代は中台村の鎮守で、北にある延命寺はその別当だった。この稲荷神社の南側は志村の出井川の支流である前野川の谷になっており、そこに向かって下っていく坂が閻魔坂である。

Cimg0173
一見昭和の道路のように見えるが、実は昔からある道で、江戸時代にはすでに村の主要道路だった。緩やかなカーブの連続はその名残である。 稲荷神社前から徐々に標高を下げながらきれいな弧を描いて下っていく。 途中に中台地域センターがある辺りがもっとも坂らしいところ。

Cimg0180
その先のもっとも低い辺りが前野川の流れを渡っていた場所になる。 ここには閻魔(堂)橋という橋があった。 傍には閻魔堂があったのでそう呼ばれたようだ。それが橋の名前としても坂の名前としても由来となり、現在は坂名だけが残っている。

Cimg0182
ちょうど写真の歯科の路地が前野川の暗渠になる。 ここに閻魔(堂)橋があったわけだ。 港区六本木にも閻魔坂があるが、あちらは江戸時代の武家屋敷と寺社地の中、こちらはのどかな農村風景の中の閻魔坂を想像できる。 その中でも閻魔堂がどちらも由来になっているのは、当時の人々が神仏を重要に考えていたことの名残りだと思う。 ここのおおたけ歯科クリニックも、閻魔橋歯科医院にしてはどうかと考えたが、患者が来なくなるかもしれない。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

松山の坂(板橋区中台)

環八通りに井荻トンネルという長い地下部分がある。 開通は1997年、それまでは拙宅から関越自動車道に乗るのに西武新宿線をどこで渡るかが難関だったが、このトンネルで随分改善された。 しかし、井荻トンネルの中で、笹目通りと環八通りが分岐しているので、いまだに車線を右往左往する車が多い。 

その環八通りが成増台(武蔵野台の一部)を縦断している。 川越街道より北側にある練馬トンネルは井荻トンネルより後の2006年に開通し、蓮根川の谷を通って新河岸川流域の低地に抜ける。 東武東上線が成増台の尾根筋を通っているが、環八通りはうまいこと練馬トンネルでその下を抜けている。 地形をうまく利用した道路づくりである。

Cimg0156
その環八通りが蓮根川(現在は暗渠)沿いから広大な低地に抜けるところにあるのが松山の坂である。 坂の西側、戸建住宅の多いほうが住居表示では若木、東側の標高の高い高層マンションがある方が中台と、町境になっているが、通り名は若木通り。

Cimg0158
地名は松山ではない。 区の資料によると、坂の上に松林があったので松山の坂と呼んだという。 また、坂下に天狗杉という大きな杉があったので天狗坂という別名もある。 昔は坂上一帯が松林で、遠くから中台へ向かう時の目印になっていたという。 残念ながら現在はヒマラヤスギが多く植えられているが、もとは松林だったのである。

Cimg0160
中台側の台地上にはサンシティというマンション群が立ち並ぶ。 ここは戦前までは一面の林、戦後になり旭化成の倉庫と研究所があった。 マンション群は1980年頃に建ったらしい。現在も人工ではあるが樹木が多くいい環境である。

この成増台から赤羽台にかけては遺跡がまんべんなく広がっていて、この中台にも縄文・弥生時代の遺構や出土品が出ている。 台地の縁に当たる場所には必ず縄文・弥生の痕跡があるのが興味深い。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

谷津坂(板橋区西台)

首都高5号線下の西台交差点から南に向かって伸びるバス通りは新道の坂で谷筋を上り詰め、そこからはほぼ尾根筋を南下するのだが、その台地の西を前谷津川とその支流が削り、東を蓮根川とその支流が削って谷戸を形成している。 この尾根から東の蓮根川に向かって下るのが谷津坂である。

Cimg0133
バス通りとの接続は並行して合流するような珍しい接道。 この接道は明治初期の地図からこうなっているので、尾根筋の主要道との高低差が大きい為、若干無理をして繋げたのではないかと思われる。

Cimg0135
写真の民家の石垣に沿うように、谷津坂は東に折れ高度を下げていく。 ちなみに関東ではこういう沢が削った小さな谷あいの地形を谷津、谷戸、谷地という風に呼ぶことが多い。「谷津」という呼び名は関東、とりわけ鎌倉や下総に多く、「谷戸」というのは武蔵国、相模国に多い。また「谷地」は東北や北海道に多いが、三つともアイヌ語源だというのが定説。
Cimg0138
坂の途中の北側に西台不動尊がある。 斜面に石仏や石碑がたくさん並んでいて風情のある小さな不動尊。伝承によると、ここの不動明王は、太田道灌の守り本尊で、志村城落城後この地に移されたという。 明治初期の地図には延福寺と書かれているが、西側にある円福寺の別院だった可能性が高い。 この不動尊下、谷津坂が走る谷あいを不動谷と呼んでいた。 この不動尊に因んだものである。

Cimg0146
谷津坂は下っていきやがて西台公園に至る。 この公園は不動谷の何面に作られた自然満載の公園で、かつては賑やかな子供の声が響いていたのだろう。 最近はどうも子供も減って、超ロングスライダーも貸し切り状態になっていた。 この公園は割と自然のまま作られているので、関東ローム層の赤土があちこちに露出していて面白い。

この下流の蓮根川だが、蓮根の地名の由来はレンコン産地かと思われがちだが、元からあった上蓮沼と根葉という集落が明治時代に合併して蓮根となったようだ。蓮根川は志村を流れる出井川と接近するも合流することなく新河岸川(隅田川)に流下していた。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

伝兵衛坂(板橋区西台)

とりげつ坂、新道の坂がある谷筋の東側、現在の住所は西台1丁目、昔はこの辺りを西台村の中でも門前と呼んでいた。 周辺は住宅開発が進み、とりげつ坂周辺のような古い町並みは残っていないが、この伝兵衛坂は江戸時代からある道で、台地と低地を結ぶ農道のような道だったと考えられる。

Cimg0123
伝兵衛坂の東側には志村学園高校(旧志村高校)があり、擁壁も近年きれいに整備されなおしたためまるでごく最近できたような道路の印象を受ける。 志村学園は2011年に手足にハンディキャップを背負った生徒のための支援学校として再スタートした学校である。 都内には意外と少ないようで、拙宅の近くの梅が丘に光明学園という同様の学校があるが、その校区は世田谷区のみならず、港区、目黒区、渋谷区、中野区、杉並区という人口260万人のエリアを1校がカバーしている。通学も大変だろうから1区1校くらいでもいいように思うのだが。

Cimg0120
もちろん昔の伝兵衛坂は狭い未舗装の農道だったはずで、区の資料によると、伝兵衛が誰かも分からないし、いつごろからある道なのかもわからない。 ただ、地元の古老によると、崖に足掛かりを付けて昇り降りするような急坂だったという。 まあ、それは大げさだが、西台の台地は関東ローム層の上部の赤土が表面にのった地質なので、雨でぬかるんだりすると滑って上れなかったのだろう。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

新道の坂(板橋区西台)

とりげつ坂の崖下に流れていた沢筋を挟むように昭和になって自動車道が開通した。もともと台地と低地をとりげつ坂で往来していたが、この新道で西台から川越街道の上板橋に車で容易に抜けられるようになった。 そのため地元の人々は新道の坂と呼ぶようになったという。

Cimg0115
坂下は沢筋の暗渠に付き物の銭湯がある。 功泉湯という銭湯で、時代を彷彿とさせる破風造りの屋根が素晴らしい。 この近所にはほかに銭湯はなく、ずっと南の徳丸と赤塚にあったが、徳丸の北野湯(徳丸1-32)と赤塚の栄湯(赤塚1-34)ともに2018年3月に閉業してしまった。

Cimg0119
神道の坂は坂上でとりげつ坂からの道と出合う。  馬頭観世音から少しのところである。 この辺りが最も標高が高く27mほどある。 坂下は6mほどだから随分上っているのだが、傾斜が緩やかになるところに道が引かれているので、だらだらと長い坂という印象である。

途中この坂にかかる西台陸橋という鉄製の橋がある。西台1丁目と西台2丁目を谷筋で新道の坂が分断してしまったので、それを渡す役割を果たしている。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

とりげつ坂(板橋区西台)

板橋区西台二丁目は西に前谷津川の暗渠、東はもう一つの沢筋を町境にしており、その間は川筋よりも20mほど高い台地になっている。 現在の首都高速5号池袋線よりも北側の団地地帯は一帯が米作農地であった。 この東側の沢筋は極めて短いので、江戸時代でも子供が跨げるほどの沢でしかなかったと思われる。

Cimg0112
この沢筋と西側の台地の間の斜面を上っていくのがとりげつ坂である。 この道は相当古い道で、江戸時代には中山道から西台の峡田道、そしてとりげつ坂から南坂を経て、川越街道へ抜ける重要な村道だった。

Cimg0111
この坂道の西側の台地を昔、「とりが谷津山」と呼んでいた。 その山沿いに上る道なので、とりがやつがとりげつに転化して坂名になったと言われる。坂下から坂上へ緩やかではあるが20mほどの高低差を上っていく古道だ。 谷側には新道と呼ばれる広い道路が開通していて、通る人も少ないとりげつ坂は古道の雰囲気を残している。

Cimg0104
坂上には馬頭観音堂があり、古くから街道筋だったことがわかる。お堂に守られているので風化の少ないきれいな馬頭観世音である。寛政二年とあるので、1790年の馬頭観音だが200年以上を経ているとは思えないくらいきれいだ。台座に「門前谷念仏講中」、側面に 「南 祢りま道、東 戸田渡し道、西 吹あげ道、北 はやせ道」とあるので、道標でもあったのだろう。 門前谷といのはこの谷のことかどうかは不明。 南は練馬ということである。 坂を上ってきた旅人がここで一服したに違いない。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

神明坂(板橋区西台)

神明坂というのは神社の近くにある坂名に多い。 ここも前谷津川から西台の鎮守である天祖神社(神明社)に上る坂道ということで神明坂である。 坂上の西台天祖神社は西台の総鎮守。 江戸時代の呼び名が神明宮で、明治になってから天祖神社となった。

Cimg0080
馬坂のある峡田道から分岐している。峡田道の標高が8mで天祖神社辺りが22mだから、14mほどの高低差がある。 しかし長い坂道なので勾配は普通の坂道である。 峡田道との辻は不規則な十字路。明治時代からの道の形を残している。 角には竹藪もあり、その裏手が一段高くなっている。

Cimg0084
天祖神社の辺りまで上り坂が続く。200mほど上ると勾配は平坦に近くなる。台地の上に着いたわけだ。 この台地は瓢箪型をしている。その西のくびれの辺りに天祖神社があり、台地の傾斜地に昔からたくさんの民家があった。

Cimg0085
坂の途中から徳丸田圃方向を望むと現在そこには大東文化大学のビルが建っている。大東文化大学の西側には暗渠となって遊歩道化された前谷津川が流れている。 昔は坂上から一面の田んぼが見渡せたことだろう。

Cimg0093
西台村の総鎮守である天祖神社は創建不明だがもともと円墳の上に建てられた古い祠が神社の起こりだと伝えられる。 この台地全体が西台遺跡で、縄文時代から弥生時代の出土品が出ている古い集落跡。  ここも何千年も人々が生活の営みを続けてきた場所なのである。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

馬坂(板橋区西台)

馬坂は「うまさか」と読むが、地元では「まさか」とも呼ぶらしい。 前谷津川の左岸を上る昔の主要村道を峡田道(はけたみち)と呼んだ。 馬坂はその一部、前谷津川が新河岸川(隅田川)流域の徳丸田圃・赤塚田圃に出る最後の台地の縁を走る緩やかな坂道である。 坂下から西の台地に上ると鎮守の天祖神社があり、馬坂をそのまま進むと、坂上で東の伸びる弥陀堂の坂を分かち、徳丸村の台地に向かっていく。

Cimg0078
写真は坂上から下流方面に向かって撮影している。 道はいかにも古道らしいくねった道で、まさに昔の村道そのものである。また馬坂という坂名の由来としては、大正時代に下赤塚で謡われた「ヨカヨカあめうり唄」に馬坂が出てくるという。

Cimg0079
この道は徳丸や赤塚の台地上に住む人々が、低地の田んぼに行き来する馬のために開いたみちだと伝えられる。 前述の飴売り唄は全国に残っているが、ここ板橋のものは聞いたことがない。

Photo: 2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

弥陀堂の坂(板橋区西台)

ツルマイ池の沢の北側の峰を越えると、再び谷地形が現れる。 番場稲荷の坂を上った北側の斜面を越えた北向きの斜面に坂はいくつもあるが名のある坂はなぜかない。ほとんどの道が高度成長期以降に開かれた住宅用の坂だからである。

Cimg0053
その谷を越えると再び尾根に向かって上る。 その斜面にある円福寺の門前には六地蔵が赤い被り物をして並んでいる。ここから西へ向かって下る道が弥陀堂の坂。 坂名の由来は、この円福寺法蔵庵のことを地元では弥陀堂と呼んでいたのでそれがそのまま坂の名になった。

Cimg0062
坂は西へだらだらと下っていく。沢筋の谷脇を前谷津川に向かって流れ下る筋と並行して下っていく道である。 この谷筋では戦前はこの道しかなかった。この坂沿いには江戸時代から民家が多く、徳丸田圃で農業をしている家々が立ち並んでいたのだろう。

Cimg0066
坂下近くには京徳観音堂がある。左側の石組みの階段は江戸時代からあるものらしく、荒々しい鑿の跡が美しい。 江戸時代にはここに京徳寺があり、観音堂があった。のちにここは前述の円福寺の管理となり、現在に至っている。 境内には1361年(宝文年間)の宝塔があり、ここで人々がずっと生活を営んできたことがわかる。 明治期は西台村の京徳という字名の地域だった。西台村の西の外れである。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

番場稲荷の坂(板橋区西台)

伝説のツルマイ池の沢筋を挟んで急坂の北側を東に向かって上る坂道が番場稲荷の坂である。 谷筋の道路は万博(1970)以降に開発された道で、この番場稲荷の坂がそれまでは西台へ向かう主要道路だった。 歩いてみると何となく不思議な昔の道路を感じさせる。

Cimg0045
勾配はそれほどきついとは感じないが、やや急坂の部分もありいつの間にか高度を上げている。 現在の道交法では道路は4m以上となっているが、昔は2.5mの道路もたくさんあった。 ここも戦後しばらくは狭い主要道だったのを、高度成長期の頃から整備したのだろう。

Cimg0047
不思議さを感じるのはこの残されたガードレールである。 昔は崖際に走る道だったと考えられる。東京オリンピックう以前は崖側には民家がなく、昔は崖っぷちだったはずである。 戦前の地図ではこの道は村道、地元では重要な道路である。この崖下を昔は番場と呼んでいた。また坂上にはかつて稲荷社が祀られていたので、番場稲荷の坂と呼ばれるようになったのだが、現在はどちらも残っていない。

Cimg0049
いつの間にか高度を上げた坂上に接する階段からは急坂が展望できる。 かつてはこの道から鶴舞池が望めたはず。 谷あいに広がる田んぼの上流に池があり、鶴やコウノトリ、トキが飛び交う江戸時代の風景を思い浮かべる。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

急坂(板橋区徳丸)

新坂のところでも書いたが「急坂」というそっけない命名の坂道。 しかも道は一本ではなく複数の路地を合わせて急坂という名がついている。 前谷津川の下流域に注ぐ沢のひとつとさらに下流の沢との間にある峰に向かって上る坂道である。

Cimg0042
徳丸一丁目の交差点から環八通りの西台一丁目南に出る新道の途中(サンクスの手前)から南に上ってすぐに折れる路地が急坂となっている。 最初の曲がり角からは尾根筋に向かって見上げるような階段坂がある。

Cimg0044
しかしこれくらいの階段は徳丸では珍しくない。 急坂はさほどの勾配も見せずに民家の間を上っていく。70mほど進むと少し広い道路と交差する。 急坂はここで南に折れる。 つまり角を右折して上っていくのである。 ここからの坂はその名の通りかなりの急坂である。

Cimg0038
ここが急坂のもっとも急坂らしい部分であるが、どうもそっけない傾斜地の住宅開発の新設道路に見えてしまう。ところがこの折れ曲がるルートこそが明治以前からの古道なのである。この坂下の谷は西台と徳丸を分ける村境だった。 150年以上昔から徳丸田圃から台地上の中尾集落に上るメインルートだったのである。

Cimg0036
坂上からの写真だと、まっすぐに進むのが後に命名された徳丸一丁目の坂。右の横断歩道のついている道が急坂で、ここから急に高度を下げている。 この谷にはツルマイ池(鶴舞池、弦巻池の説がある)があった。言い伝えがあり、池の上空を飛んでいた鶴が池に引き込まれることがしばしば起こったという。のちにこの池が涸れたときに龍のような大きな蛇が現れて、暴風雨と共に石神井池に飛んで行った、という話である。

ツルマイ池は昭和の高度成長期までに埋められてしまい、その場所は現在の徳丸小学校や西徳公園になっているという。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

おう坂(板橋区徳丸)

不思議な坂である。 こういう坂のほとんどが徳丸では無名の坂なのに、ここだけはおう坂という名前がある。 同じような坂は辺りにたくさんあるから何か特別な理由があるのではないかと思わざるを得ない。

Cimg0032
おう坂は右の階段ではなく正面の細い路地の急坂である。板橋の言い伝えでは、「胸を合わせるような急坂なので、合坂(おうさか)と呼ばれた」とあるが、このパターンは江戸市中では胸突坂となる場合が多い。 新坂の坂上近くから北方向に入る路地坂であるおう坂は、なぜここに必要だったのだろうか。 それも謎である。

Cimg0035
坂上の部分は階段になっているが、コンクリート階段なのでそれほど古いものではない。 この階段部分だけをおう坂とする説明もあるが、やはり新坂から上までをすべておう坂とした方がいいように思う。坂下と坂上の高低差は7m。しかも戦後高度成長期までは存在しなかったと思われる路地なのに、名前があるのは何とも不思議である。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月12日 (水)

新坂(板橋区徳丸)

板橋区徳丸は坂道の宝庫である。 あまりに坂が多すぎて、名前のある坂が少ない。 坂が当たり前で平地が少ない地域では、坂に名前を付ける方が不自然なのである。

東武東上線の東武練馬駅の北側にイオンショッピングセンターがある。 もとはサティとして出来たのだが、マイカルサティが倒産しイオンに吸収された。 スーパーの先駆けダイエーも消え去りイオンに吸収された。 しかしそのイオンとて万全とは言えないのが、現代経済の不条理。 三越の倒産は江戸時代からだから400年以上も繁栄したわけで、それはそれで大したものだと思う。21世紀はすべてを破壊する世紀になりはしないかと還暦を過ぎた私などは思うわけで、短期に稼ごうとする現代経済という怪獣に、街は常に破壊されている気がする。 しかし土地が持つ形は変えられない。 だから徳丸は1,000年経っても坂だらけの土地なのである。

Cimg0020
新坂に向かう前にいくつかの階段坂を楽しむ。 上の写真は徳丸一丁目公園脇の階段。 なかなかいい景色をしている。 こんな階段坂がこの公園の周辺だけでも二桁はある。 そんな徳丸の地形を作ったのは前谷津川の支流。 谷の底を南北に走るバス通りには「徳丸坂下」というバス停があるが、なぜか徳丸坂という坂はない。 しかし徳丸の坂となると数知れず、そういう解釈をすればここは徳丸坂下である。

Cimg0026
さて、新坂だが、これだけ多くの坂がある地域にしてはそっけない名前である。この北東にこれまた「急坂」というそっけない名前の坂があるが、それよりも後に開かれた坂なので新坂と名付けたという。 道のくねり方からして古道であり、昔は徳丸本村や徳丸台地の裾を回り、徳丸田圃に出る重要な道だったらしい。

Cimg0031
現在の高島平や西台辺りの広大な平地は「徳丸田圃」「赤塚田圃」と呼ばれる地平線まで続くような米作地だった。 川越街道の周辺の人々はこの坂道を通って徳丸田圃に通ったという。 前谷津川は板橋区のこの辺りの坂道を読むにはカギになる川で、この川の流域の低地も田んぼだった。 そんなのどかな農村であった徳丸村や西台村も、今ではあらゆる斜面に家の立ち並ぶどこまでも続く住宅地になってしまった感がある。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

漁藍坂(板橋区小豆沢)

港区にある魚籃坂が有名。あちらは魚籃寺のある坂という坂名の由来だが、こちらは何だろうというのが最初に思いついたこと。 そんなことを考えながら志村坂上から板橋中央総合病院の前を歩いていると、歩道の真ん中に忽然と石碑が立っている。

Dscn6760
これは庚申塔のようだが傷んでいて文字が読めない。右側面に「大山」、左に「いたはしみち」という文字がある。道標も兼ねているのである。 確かに、志村坂上方面に進み旧中山道の清水坂上で左に行くと大山道になる。庚申塔が建てられたのは1785年。 私は石碑研究家ではなく、道の方に興味が深いので、道標としての表示の方が気になる。 いたはしみちというのは板橋道ということだろうが、それがどの道なのかがわからない。

Dscn6763
そのまま進むと小豆沢公園と体育館がある。 その角(小豆沢公園前)を北に折れると緩やかな下り坂が緩いカーブで伸びている。 これが魚籃坂である。 地形的には小豆沢公園が小さな谷あいになっていて、その脇を下るのがこの坂。  坂下は新河岸川(隅田川)の流域になる。

Dscn6767
魚籃坂の由来は、昔、小豆沢の北側の荒川で漁業をしていた村人が、農業に転じた時、勝手に漁を行わないように、それまで使っていた魚籠(びく)を坂上に埋め八百漁藍塚という塚を築いた。 その漁藍塚の脇を通る坂道なので魚籃坂と呼ばれるようになったと伝えられる。

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

志村坂(板橋区志村)

現在は国道17号線の大通りの坂道。 江戸時代の中山道は清水坂を下り、志村坂下へというのがルートだった。現在も志村坂上から志村坂下までは1.2㎞もある。 国道17号の志村坂は緩やかな勾配で20m強の高低差をカバーする。 しかし旧中山道清水坂は22mから5mの標高までを一気に下っていた。近代的な大通りになって切通しと盛土で滑らかになると、高低差を感じるのが極めて難しくなる。

Dscn6759
現在の志村坂が開通したのは昭和8年。 坂上の志村一里塚は数少ない現存する街道を挟む一里塚の形を残している。 この一里塚は日本橋から三里の距離にある。 江戸時代には、雨による増水で川越え待ちを余儀なくされる東海道よりも、距離は長いが安定して予定の組める中山道を歩く旅人も多かった。西国から戻ってきた旅人は、江戸まであと半日という安心感を持ちながらこの辺りで休んだことだろう。

Dscn6740
本来の坂下は1.2㎞先の志村坂下なのだが、坂と言えるのは環八通りとの交差点までだろう。この環八よりわずかに江戸よりのところで旧中山道は新道を横切る道筋だった。 その旧道筋は今も道路としては残っている。

Dscn6746
志村坂の途中に「薬師の泉庭園」がある。かつてこのあたりに清水薬師があり、中山道の清水坂の由来である可能性もあるようだが、現在の庭園は平成元年に新たに作られたものである。隣にある総泉寺に吸収された大善寺という寺の境内にあった清水で、八代将軍吉宗が志村で鷹狩りをしたさいに立寄り、境内にある清水を誉めたという言い伝えがある。 湧水を見ながら、数百年の昔の里の姿をイメージするのもまた楽しい。

湧水があるのは、ここが関東ローム層のいわゆるハケで、粘土層の上を流れてきた地下水が湧出する場所である。 そのため、坂上からこの辺りまでは縄文時代の貝塚が出てきている(小豆沢山ノ上遺跡)。 ただ縄文時代は縄文海進により、ここより隅田川方面は海だった。そのために貝塚が出てくるのである。

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

清水坂(隠岐殿坂・地蔵坂)

板橋区の坂には説明板や標柱はほとんどない。 坂名だけというのは稀にあるが、説明板があるのはここだけである。 平次坂の坂下と、清水坂の坂下は出合っているが、江戸時代はこの坂下では合流していなかったようだ。 もっともこちらは天下の中山道で、坂下の道沿いには商家や民家が立ち並んでいた。 平次坂は農道で、中山道の西側には田んぼが広がっていたので、台地の上からそこに行くのに中山道に出る必要性はなかったのだろう。

Dscn6724
坂下と坂上に立派な御影石の「清水坂」と彫られた石碑が鎮座している。 坂下方向が戸田、坂上が板橋とある。その脇には高札場の札の様な説明板がある。 板橋区唯一かもしれない、ちゃんと説明板には板橋区教育委員会とあるので、ぜひ他の坂についても設置していただけると嬉しい。

清水坂の名前はここに清水が湧いていたことに由来する。 地蔵坂はきっとたくさんの地蔵があったからだろうと思う。 すぐ上の地蔵堂にもたくさんの地蔵がある。 そしてそのまた昔は隠岐殿坂、これは志村城城主の千葉氏が千葉隠岐守と呼ばれていたことに由来するが、さすがに500年も前の話である。江戸時代になって1740年代、大善寺(現在は国道沿いの総泉寺に併合)の和尚たちが旅人の難儀を思い、石畳を敷いて階段道にしたという。

Dscn6733
「日本橋を旅立ち旧中山道で最初の難所。隠岐殿坂、地蔵坂、清水坂と、時代共にその呼び名を変えました。 この坂は急で、途中大きく曲がっていて、街道で唯一富士を右手に一望できる名所であったと言われています。坂の下には板橋・蕨両宿をつなぐ合の宿があり、そこには志村名主屋敷や立場茶屋などがあって、休憩や戸田の渡しが増水で利用できない時に控えの場所として利用されていました。この辺りは昭和30年頃までは旧街道の面影を残していましたが、地下鉄三田線の開通など、都会化の波によってその姿を変えました。」とある。

Dscn6736
かつての中山道も今は国道17号線の志村坂にほとんどの交通を奪われて、静かな風情を感じる坂道になっているように思われる。 坂上にある1857年建立の庚申塔脇にも説明板がある。この坂上で中山道と、富士街道(大山道)が分岐していた。左へ進むと城山坂を下り、南坂を上っていくのが昔の道。 現在はかなり形を変えている。 中山道の清水坂(隠岐殿坂)の途中にも馬頭観音や石地蔵がいくつかあり、いかにも名所だったようだが、現在はその面影はない。

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

平次坂(板橋区志村)

平次坂というから銭形平次と関係あるかと思ったが無関係。 志村二丁目の交差点から、北に下り、延命寺の墓地とプラウド志村マンションの間を走る。 坂下では急にカーブして、旧中山道の清水坂(隠岐坂)にあたる。 江戸時代の地図ではこの辺りは地蔵堂とあるが、現在も墓地の中には延命寺の地蔵堂がある。この墓地にはたくさんの地蔵がある。 それを見るだけでも面白い。

Dscn6716
本堂の延命寺はここにはなく、もっと南の志村第三公園の脇にある。 ここは墓地のみだが、江戸時代以前から大きな寺である。 志村延命寺は1524年に志村城が落城した際に、見次権兵衛が庭先で我が子の討たれる姿を見て、戦国の無情を感じ、居宅を寺として創建したと伝えられる。 見次権兵衛も見次坂の地名の由来のひとつではないかと、この創建話から推定できるのだが、まあ諸説ある方が面白い。

Dscn6719
平次坂はいつの頃からか平次という人が開いたと伝えられている。急勾配の上に崖から湧水が赤土の道いっぱいに流れ出し、滑りやすいことこの上なく、雨降りの日などは特にひどく、草や木につかまりながらでないと上り下りできなかったという。 もちろん隣の中山道の清水坂(隠岐坂)を通ればいいのだが、台地の上に住む農家の人たちはこっちの平次坂を使っていたそうである。

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

見次坂(板橋区志村)

板橋区志村と前野町の間を北東に上る坂道。 見次公園の脇を上るのだが、見次公園自体は北に向かって急に標高を上げる崖線の公園なので、そこに盛土をして坂を作ったことが、公園側から坂を見るとわかる。見次公園には広い池(14,000㎡)がある。

Dscn6706
太公望を決め込むおじさんたち、手漕ぎボートで遊ぶ人、とてもいい公園池だが、この池の水源は実は湧水だという。 しかし決して古い池ではない。地図を見る限り、ここは出井川の支流の沢筋のひとつだが、戦前の地図に池はない。
Dscn6709
池の西側(志村側)をくねりながら上っていくのが見次坂。 坂下標高9mから、坂上の見次公園裏の22mまでを上っていく。 坂上をそのまま進むと、国道17号になった中山道の一里塚がある交差点に出る。 中山道六十九次の日本橋を出て最初の宿場、同時に川越街道の起点でもある。 この見次坂も江戸時代からある坂道で、池よりもはるかに古い。
Dscn6711
見次坂という坂名の由来は、この辺りが昔から開けた場所で、出井川周辺の田んぼで採れた米を年貢として集めた集積地があったため、年貢→貢→見次と転訛したという説がある。 公園の広葉樹の木立が気持ち良い坂道である。

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

馬の鞍の坂(板橋区志村)

志村城址の南側の谷を出井川暗渠が走る。 首都高速池袋線は出井川の作った谷あいを本蓮沼方面へなどっている。 かつて出井川があったのでその流れを使って首都高速が作られたといっても良いだろう。 この谷に沿って南北にたくさんの有名無名の坂道がある。

Dscn6700
馬の鞍の坂はその中で名前のある坂のひとつ。 ただ過去の地図を調べる限り、江戸時代にはなく、明治になってから開かれた坂道のようだ。 志村から熊野神社を通って中台に繋がる道(城山の坂)の途中から、小さな沢筋の西側に付けられた道があり、その坂の部分が馬の鞍の坂という名で呼ばれていた。

Dscn6703
日露戦争の時、軍馬にするために近在の村々から、徴収した馬を一時繋いでいたので、この坂周辺を馬の鞍と呼んだのが坂名の由来という。坂上の標高が24m、坂下が7m、明治時代からほぼ直線坂だったので、当時は難儀をしたことだろう。

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

南坂(板橋区中台)

志村城址の台地を下ると目の前に空を覆う首都高速5号池袋線が視界に広がる。 この首都高の下をかつては出井川がいくつかの沢を集めて流れていた。 首都高をくぐった南側に三角形の小さな公園がある(志村第二公園)。 この公園の片隅に古い庚申塔が3基建っている。

Dscn6679_3
古いものから製作年は1770年、1830年、1869年と江戸時代の後期から明治初頭にかけてのものである。江戸時代はこの辺りを流れていた出井川より南西側は中台村と呼ばれていた。 その中台村の向台講中という人々が建てた庚申塔と伝えられる。 この庚申塔の辺りには出井川が流れていて、それを渡る石橋が出来た記念の碑がそのうちのひとつ。 そして公園の南側にはいかにも古道らしいまっすぐでない道が南方向に続いている。

Dscn6684_2
志村から南の中台へは昔はこの道しかなかった。 その道を進むとやがて急な上り坂になる。 南坂である。 坂名の由来は不明といわれるが、出井川の南側にある坂、もしくは志村城の南側にある坂という意味で違いないだろう。板橋区の資料によると、出井川には摺張橋という橋が架かっていて、その橋から南坂を上り、やがて練馬の富士街道に出たという。 江戸時代は富士講の人々や大山詣での人々がこの道を通ったという。

Dscn6689_2
坂の途中には見事な石垣がある。 志村城址の志村小学校の石垣にも負けないくらいの素晴らしい石垣に見とれていると、道の反対側がかなりの崖になっているのに気づく。 坂上で北を振り返ると、志村城址の辺りに巨大なマンションが見える。 ずっと昔は志村城があの丘に建っていたことをイメージしてみる。坂上にある小さな公園には中台南坂緑地とあり、この公園が南坂の名を残してくれている。

| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

城山の坂(板橋区志村)

志村城址でもある城山熊野神社の境内の南側(参道入口)から西に向かって崖線の斜面を斜めに下る坂道が、城山の坂である。 志村城の山から下る坂道で江戸時代からの道筋になる。志村城址の南側の谷を削った川跡(現在暗渠)で川名は出井川。

Dscn6668
区立志村小学校の校門の前から下り勾配が急になる。 小学校の擁壁の石組みが城山の坂の風景を盛り立てている。また熊野神社の樹林と小学校の西側の巨大なマンションが時代のコントラストを見せている。

Dscn6672
その樹林の中には志村城の空堀や土塁の痕跡もあるという。参道にある銀杏の古木も大した存在感があって、その他の常緑樹の大木で形成された森がとてもいい。 昔は樹木に覆われ、昼なお暗く、上り下りに苦労する急坂だったという。

Dscn6673
神社の標高は25mなのに対して、坂下の標高は僅か7m。 かなりの高低差がある。石垣はと游からコンクリートのブロック組みになる。いささか風情を欠くが、これだけの崖なので上部法面と合わせてしっかりと安定させる必要があるのだろう。坂下に細い暗渠の跡があるが、これは出井川の支流だろうか。出井川の暗渠は高速道路の南側にある。

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

志村城址坂(板橋区志村)

都営三田線の志村三丁目駅を出て南に進むとすぐに緑地帯の崖線に出合う。 赤羽の北側からまっすぐに続く台地の崖線がこの志村三丁目までくると西の端として終わりを告げる。志村と前野の間にある低地はいくつもの沢を集めて新河岸川(隅田川)に注いだ小河川(出井川)の名残りである。

Dscn6645
坂の崖側は公園になっているが、山側は志村熊野神社の境内である。 緩やかにカーブしながらかなりの勾配で上っていく。昭和中期まではこの辺りにはたくさんの町工場があった。現在は坂上に日本電産コパル本社があるだけだが、神社の反対側はコパルの第一工場、本社の場所は第二工場だった。

Dscn6651
熊野神社の西にあるヴィオスガーデンという大きなマンションがコパル工場跡だが、その裏手の志村小学校も合わせた台地の岬になっている地形全体が、かつての志村城の跡である。

志村城は1456年に千葉氏が赤塚城に入城した際、赤塚城の前衛拠点として築城された戦国時代の城跡である。

Dscn6662
熊野神社の境内にこじんまりと城跡の石碑がある。本丸は隣の志村小学校辺りだったようだ。 1524年に小田原の北条氏に攻め込まれて落城した。

熊野神社はそのさらに昔にあった古墳上に創建された神社で1042年に志村氏が紀州から勧請したとされている。 その志村城山遺跡は旧石器時代、縄文時代、弥生時代とほぼ全時代の遺跡が発掘されており、何千年ものあいだここで人間が最適地として生活してきたことがわかる。

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

赤羽坂(北区赤羽台)

現在では師団坂の坂下から西に入る住宅の路地の様な目立たない道になっているが、もとは赤羽で岩槻街道と分岐した浦和道がこの赤羽坂を経て、袋諏訪神社を通り岩渕に抜けるという道筋だった。赤羽の変遷とともに、いつしか住宅地の路地のように寂れてしまったのである。

Dscn5686
勾配はほとんどないと言ってもいいくらいで、赤羽坂というよりも赤羽坂の痕跡というべきかもしれない。赤羽の地名の由来のひとつは、荒川の流れに削られた赤土の丘陵地(今の赤羽台)を赤埴(あかはに)と呼んでいた。 それが赤羽根に転じた後、現在の赤羽になったという。

Dscn5688
傾斜がないが、南側に分かれる道路は下り坂になっている。元はどんな傾斜だったり、カーブだったりしたのだろうとイメージを思い浮かべようとするがなかなかうまくいかない。痕跡としては、昭和中期までこの道よりも南側が赤羽町で北側が袋町、つまり町の境界線がこの赤羽坂だったというのがある。 なかなか評価の難しい坂道である。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

師団坂(北区赤羽台)

風景に似合わない師団坂という坂名。 戦前の赤羽は陸軍の街であった。 赤羽、十条の辺りには兵器庫や火薬庫、火薬製造所、銃砲製造所、被服庫、そして最も北の赤羽八幡の近くには、近衛工兵大隊や第一師団の工兵隊などが集結し、当然空襲が始まってからは周辺住民はどれほどの恐怖を感じたことだろう。 しかし現在の師団坂は明るい笑い声が似合う通学路の坂道となっている。

Dscn5662
坂は赤羽駅から星美学園に向かって不規則なカーブを見せながら上っていく。坂の途中に標柱があり、次のように書かれている。

「この坂は、旧陸軍の近衛師団と第一師団に所属した2つの工兵大隊に向かう坂道でした。明治20年(1887)8月から9月にかけてこれらの工兵大隊が現在の丸の内一丁目から赤羽台4丁目内に移ってきたので、坂はつくられました。この坂は「工兵坂」とも呼ばれ、休日などの際は軍人や面会者の往来で賑わいました。当時の工兵隊の兵営は、「赤羽の兵隊屋敷」と呼ばれ、工兵隊による浮間橋の架橋や花見時の兵営開放などにより、付近の住民にも親しまれていました。現在、兵営の間にあった練兵場は住宅地となり、第一師団工兵大隊兵営跡は学校法人星美学園の敷地となっています。」

Dscn5659
工兵隊は明治の初期まで現在の東京国際フォーラムのある日比谷から越してきた。 日比谷の跡地は東京市庁(現在でいう東京都庁)になり、新宿の都庁舎が出来た1991年に移転するまで東京都庁であった。 東京の大きな変遷(スクラップ・アンド・ビルド)はあちこちで見られるが、ここも時代の節目に大きな変貌を遂げたエリアである。坂の北東側に擁壁が続くのは、ここに新幹線のトンネルを通した(1985年)からであり、それ以前の様子を見てみたかったがいまだかなわない。

| | コメント (0)

2018年8月31日 (金)

石坂(北区赤羽台)

赤羽八幡神社は赤羽台の最も北東の突端にある。 西側は星美学園だが、戦前は赤羽工兵隊の兵営だった。明治20年頃から工兵営が作られ、赤羽には多数の軍施設が出来、日清・日露戦争の頃は戦争景気に赤羽が一気に栄えたという。 そんな一角にある八幡神社だが、創建は古くて不明、少なくとも1000年は下らないという。 その赤羽八幡神社の参道の階段が石坂である。

Dscn5665
この赤羽八幡は新幹線が下をトンネルでくぐっている事でも有名。 赤羽駅を過ぎて大宮方面へ向かうとすぐにトンネルに入るが、そこがこの八幡神社の境内。 トンネルは稲荷の坂上にある東京北医療センターの足元で再び地上に姿を現す。

Dscn5671

この神社で違和感を感じたのは、社殿よりも社務所の方が数m高いところに建っていることである。 そして新幹線と埼京線はこの社務所の下を走っている。 過去の地形図ではそれほどの高低差は見られない。 新幹線を下に通したときに盛土をして建て直したようだが、社殿から22段ほどの階段を上って社務所に行くパターンは他に例を見ないように思う。

Dscn5685
境内の端からは、鉄道ファンなら垂涎ものの景色が見られる。 足元に潜り込んでいく新幹線と埼京線、その向こうには曲がりながら東に避けていく京浜東北線と高崎線。 訪問時も何人かの撮り鉄ファンがいた。

ちなみに石坂というのはこの階段下にある石碑に彫られているだけで、他には何の説明書きもない。

| | コメント (0)

2018年8月30日 (木)

八幡坂(北区赤羽台)

八幡坂と書いて「やわたざか」と読む。 はちまんざかではない。確かに坂下近くに赤羽八幡があるが、この坂は八幡(やわた)坂である。 比較的新しく昭和の初期に開かれた坂道である。 大正以前はこの坂の北側に谷がありその崖線沿いに引込線が走っていた。 周辺に多数あった軍施設への物資輸送のためである。

Dscn5689
坂はゆるやかなカーブを描きながら標高を上げていく。坂上に北区立八幡小学校があるがこの呼び方は「はちまんしょうがっこう」なのでいささか紛らわしい。 昭和29年の創立で、昭和30年代前半には850人もの児童数があったが、最近は100人前後。 向かいにあった赤羽台中学校は2006年に廃校となり桐ヶ丘中学校と併合した。 現在は東洋大学赤羽台キャンパスになっている。

Dscn5691
この東洋大学になった赤羽台中学校の土手に八幡坂の石碑があったが、2016年頃撤去された。この石碑の下のプレートには以下のように書かれていた。

「板橋街道は宝幢院前で岩槻街道(日光御成道)と分かれ中山道に至る道ですが、大正8年旧陸軍被服本厰が赤羽台に移転してきて、道の一部が敷地内に入ったので、一般の通行のため同厰北側に設けられたのがこの坂道です。 八幡坂の名は、この北にある八幡谷に因んだ地元の呼称で、それが定着したものです。」

坂のやや下側にある墓地はこの宝幢院(ほうどういん)墓地らしいが、肝心のお寺がない。 調べてみると京浜東北線の東側にあることが判った。正式名は医王山宝幢院東光寺、珍しく院号で呼ばれる寺院である。

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

うつり坂(北区赤羽台)

うつり坂、何とも不思議な名前の坂道である。 あちこち調べたが坂名の由来は分からない。 もともとこの道筋は江戸時代から地方幹線のような道で、岩槻街道と中山道を繋ぐ横の道だった。現在の国道122号線の荒川大橋は昔は岩渕の渡しといって、隅田川(荒川)を岩槻街道で越える渡し船があった。それを渡ると岩渕街道は赤羽で王子方面に進路を変えるのだが、そのまままっすぐにいくとこの道でうつり坂を上って志村で中山道に繋がるのである。

Dscn5699
坂の途中に標柱が立っている。

「赤羽台東小学校の北にあるこの坂は、旧板橋街道の坂道の一つです。大正8年(1919)に旧陸軍被服本廠(ほんしょう)が赤羽に移転すると、被服本廠通用門への坂となり、関係者以外の通行は出来なくなってしまいましたが、戦後、被服本廠の跡地に赤羽台団地が出来たため、元の坂道となりました。かつて坂の上には道祖神、庚申塔がありましたが、現在は団地内に移され、祀られています。」 とある。

Dscn5695
渋谷区青山の「勢揃坂」であの裏道の坂が江戸時代以前は鎌倉道で、岩渕の渡しを渡って北へ行くルートがあったというから、岩槻街道は相当古いが、うつり坂は中山道が整備されてから開けた道だったのではないだろうか。 それでも400年くらいはここにずっと道があるということである。だからいつだれがうつり坂と呼び始めたのかもわからないのだろう。

Dscn5693
坂の周辺は赤羽上ノ台遺跡の発掘地である。縄文時代からここには人が住み、弥生時代、奈良時代、平安時代などの遺構が発見されている。 少し北側の赤羽八幡神社あたりまで行くと、旧石器時代の出土品もあるようなので、この辺りは1万年の歴史があるわけだ。

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

稲荷の坂(北区赤羽北)

赤羽台の台地の北の崖線に沿って歩く。 袋諏訪神社から東に進むと、東京北医療センターの巨大な建物が台地側に、反対の崖線下には北赤羽のマンション群が見下ろせる。 途中の遊歩道の下り坂の向こうには、埼京線と東北上越新幹線が並走してこの台地の下のトンネルに入っていく。

Dscn5632
その路が細くなっていくと同時に高度を下げていく。 これが稲荷の坂である。 山側は社会福祉法人扶助者聖母会星美ホーム、崖側は斜面を工夫した民家が並ぶ。 稲荷坂から入ると3階で下の路地は1階というような家が並ぶ。

Dscn5640
坂を下りきったところに標柱が立っている。

「この坂道は、赤羽北1-3・4地先から赤羽台4丁目公園付近まで続きます。道筋としては赤羽根村と岩淵宿の境付近で日光御成道(岩槻街道)と分かれ、袋村を経て小豆沢村へと向かう鎌倉道でもありました。昔は坂を登りきると正面に富士山を望むことができたそうです。坂の名称は特にありませんでしたが、坂の途中にある稲荷社にちなんで稲荷の坂ともよばれるようになりました。」 とある。
Dscn5646
坂下の角には郷蔵跡と稲荷神社がある。そしてその手前には庚申塔と供養塔が並んでいる。とても古いものだ。

ここは江戸時代の袋村の共同蔵で年貢や不作に備えて作物を保管していたもの。そして庚申塔と供養塔の時代は、1668年~1704年のもので、300年を超えるだけに傷みも激しい。何とか保全をと願うばかりである。

| | コメント (0)

«宮の坂(北区赤羽北)