« ぶなの樹のこと | トップページ | 電車のこと »

2006年11月24日 (金)

富士山のこと

新宿の仕事場から富士山が見える。 冬になると天気のいい日には必ず見える。 富士山は昔から関東の人々、あるいは関東を旅する人々にとって馴染み深く、どこからでも見ることが出来る山であった。

Fuji20061124b 葛飾北斎の「富嶽三十六景」はあまりにも有名。 小布施の北斎館では、じっくり時間をかけて作品を見た。 北斎は1760年~1849年、享年90歳まで生きた。 江戸時代の人物としては驚異的な長寿だった。 彼が「富嶽三十六景」を描いたのは72歳のころらしい。

北斎の「富嶽三十六景」の中でもっとも有名なのは、液晶TVのCMでも出ている「神奈川沖浪裏」と「赤富士」だろうと思う。さすがに新宿から浪裏というわけにもいかないので、写真はない。

とはいうものの赤富士というのもまた無理だから、一枚の写真は夕焼けの富士である。 オフィスには舶来人種も多いので、Sunset Fuji と呼んでいる。 今日のように一日中窓から富士が見える日は珍しい。 北風の吹く日に限って見られる現象だと思う。

オーストラリアから来た舶来人とフランスから来た舶来人が今年の夏、富士登山に挑戦した。 フランス人は根性で頂上を極めたが、オーストラリア人は7合目付近で悪天候に遇い撤退した。 彼はその悪天候をStorm(嵐)と呼び、来年の夏は必ず登ると宣言している。願わくば誘わないでほしいものだ。 日本人が一番早くリタイアするのは後々問題になりかねない。

まあ、多くの問題課題を抱えていても、今日が金曜日だったことも重なって、「仕事はもういいや」と富士を眺めて写真を撮る不届きなビジネスマンを、見て見ぬ振りをしてくれた皆さんに感謝。

11月24日(金) @東京 西新宿

|

« ぶなの樹のこと | トップページ | 電車のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山のこと:

« ぶなの樹のこと | トップページ | 電車のこと »