« ねこやしきのこと | トップページ | くまさんのくまだなのこと »

2006年12月27日 (水)

ドナルドハウスのこと

House1 週末にここのおそうじのお手伝いに行ってきました。 ハンバーガー屋さんがバックアップしているドナルドハウスというチャリティー財団の施設です。

運よくボクは生まれて一度も入院というものをしたことがありません。48年間ほとんど無病といっていいほど健康に産んで育ててくれた両親に感謝しています。 でも世の中には難病に苦しんでいる子供たちがいます。 ここは病院ではありませんが、病院に隣接して、こどもたちの家族が寝泊りできるようになっています。 1泊千円で家族が寝泊りできて自炊もできます。 部屋もきれいです。 それを全部ボランティアのひとたちが運営しています。

まだ日本という国にはボランティアが根付いていないのではないかなと思います。 でもボランティアの対象は探すまでもなく、身の回りにいくらでもあります。 困っている人を助けるという名目がなくても、自己満足でも、偽善でも、なんでもいいのです。 落ちているゴミを拾うだけでもいいし、駅前で道案内するのも立派なボランティアになります。

House2 自分が何かを得たいとか、相手に何かをしてあげるとか、そういうものではなくて、ほっておけないというだけの気持ちで十分なのです。 あるときは迷惑かもしれません。 押し付けに受け取られることもあるでしょう。 それでもいいんです。

ボクは今年小菅村に行って川のゴミ拾いをしました。 川にゴミが落ちているのが放っておけないからです。 たまたま地元の人は川をきれいにしたいと思っていて、ボクたちがやったことに感謝してくれました。 それは大きな喜びですし、次の活力になります。

でも根っこは見て見ぬ振りをしたくない・・・というだけの気持ちで十分だとおもうのです。 何かをする機会を見つけることがまずはだいじです。

水谷先生という自殺する子供たちを救う先生がいます。 夜回り先生です。 先生は身を削って、命に限りがあるのにもかかわらず、子供たちの相談にのります。 すばらしい行動ですし、すばらしい人生でもあると思います。 でも根っこはシンプルなんだと思います。 放っちゃおけないから・・・。

安倍さんという総理大臣が「美しい国」という言葉を連発していますが、となりぐみで助け合いながら暮らしていた終戦後の復興最中の日本が、実はいちばん美しい国だったのではないかと、最近思うようになりました。 美しさは見た目ではなく、中身・・・それを忘れずにいたいと思います。

2006年12月26日

|

« ねこやしきのこと | トップページ | くまさんのくまだなのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドナルドハウスのこと:

« ねこやしきのこと | トップページ | くまさんのくまだなのこと »