« やまのけしきのこと | トップページ | かいこのこと »

2007年2月14日 (水)

きじばとさんのこと

ちがいがわかるといろんなことがみえてきます。 ハトにはおもにドバトとキジバトがいます。 どちらも人間の住む地域で見られます。 ドバトはみなさんが公園で見かける灰色のハトです。 いっぽうキジバトはドバトほど群れをなすわけではなく、たいがいは1羽かつがいで見かけます。

070214kijibato1 キジバトは羽の色がなんとなく虹色にひかっています。 公園の潅木の下とかにいたりして、でもドバトほど人間慣れはしていません。  ドバトは正式にはカワラバトといいます。 ただしカワラバトは野生の類を言うことがあります。 公園で餌付けをされているのは狭い意味でドバトですが、種類としては同じです。

ドバトは飼鳥とされて撃つと動物愛護法に触れるそうです。 しかしキジバトは野鳥なので法には触れないらしいのです。 そんなの人間の勝手ですよね。 ボクには理解できません。 ただ飼鳥というのはすごくわかります。 子供の頃、伝書鳩が流行っていて、となりのケンちゃんが飼っていました。 ボクも何度かハト小屋に入ってハトと遊びました。 よく慣れていたものです。

でもボクは野鳥のキジバトのほうが好きです。 なんだか自由な感じがするのです。 近づくと間合いを置いて離れます。 不用意に近づくと飛んで行ってしまいます。 (ドバトも大差ないですが)

070214kijibato2 つがいで餌を探しているキジバトのすがたはとても好きです。 仲良しでつかず離れず同じようなリズムでコンコンと地面をつついています。 首の横の青白の模様がいつも気になってしまいます。 どこかオシャレな感じです。

キジバトは別名ヤマバトとも呼びます。 つがいを見かけてかれらがちょこちょこと動き回るのを見ていると、なんだかうれしくなってきます。 野鳥でもなければ飼鳥でもない、その中途半端なところ、でも良く見るときれいな羽をしているところ。

もしキジバトを見かけたら、あまり近づかずにじっと観察してみてください。 きっとかれらのことが好きになると思います。

|

« やまのけしきのこと | トップページ | かいこのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きじばとさんのこと:

« やまのけしきのこと | トップページ | かいこのこと »