« むしろのこと | トップページ | しだれざくらのこと »

2007年3月31日 (土)

さくらのこと

いよいよ桜が満開です。 どこの桜も人がいっぱい。 桜を見に行くのか、それとも人を見に行くのかわからないほどです。

070331_seijo_sakura_1 世田谷の成城学園の高級住宅地には何本もの桜が植えられています。 近くには有名な花見の名所である砧公園もありますが、近所の人が楽しむ桜もたくさんあります。 みなさんが楽しむ桜の多くはソメイヨシノ・・・実はエドヒガンとオオシマザクラの雑種、現代風に言うとハイブリッドです。 サクラといってもいろんな種類があります。 ソメイヨシノ、エドヒガン、オオシマザクラのほかにヤマザクラ、サトザクラ(八重桜)など・・・1枚目の写真は樹齢70年のオオシマザクラっぽいソメイヨシノです。 オオシマザクラ本来の白い花とソメイヨシノのピンクの花が混在していました。

070331_seijo_sakura_2 一般的に桜は花が咲いてから後、葉が出てくるように思われがちですが、結構同時に両方が出てくるものが多い気がします。 ヤマザクラは花と同時に赤い新芽(若葉)が出てきますし、オオシマザクラも同時、エドヒガンとソメイヨシノは花がやや早いようです。 ただソメイヨシノの寿命は60年程度らしく、そのため東京都内の多くの戦後復興時に植えられた桜はほとんどが同時に寿命を迎えることになります。 木を植えるのは簡単なことですが、木を育てるのはたいへんな努力と根気が必要です。 これからあの桜たちはどうなるのでしょうね。

070331_seijo_sakura_3 仙川に垂れ下がるソメイヨシノの下で菜の花も咲いていました。 春爛漫です。 たくさんのお年寄りも立ち止まってこの桜たちを眺めていました。 それにしても最近はみんなデジカメで撮影しています。 そうか・・・デジカメはパソコンで画像を操作するものと思っている自分の了見が狭いのだと気づきました。 フィルム代のかからないコンパクトカメラと考えると、極めて高性能なカメラといえますね。 なるほど・・・

そしてお年寄りたちが楽しそうに写真を撮っている姿をみて、日本人ていいなあと思いました。

|

« むしろのこと | トップページ | しだれざくらのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくらのこと:

« むしろのこと | トップページ | しだれざくらのこと »