« ことりのしゃしんのこと | トップページ | キクザキイチゲのこと »

2007年4月30日 (月)

ハルジオンのこと

春は花の季節です。 めずらしいものやそうでないもの、いろんな花が競うように咲きます。 日本では桜、とりわけソメイヨシノが春の花の代表ですが、雑草や野草の花も捨てたものではありません。

Photo_3 写真の花はハルジオンという野草です。 4月~5月のころ、道端のあちこちに咲いています。 高さは数十センチで、花の大きさは硬貨くらいです。 白い花ですが、ピンク色のものもよく見かけます。(実は真ん中の黄色い部分の細かい一つ一つが花だそうです)

ロゼットを作って茎を伸ばして白いきれいな花をつけます。 花が開く前は下を向いているのですが、花が咲くと上向きになります。 ロゼットとはタンポポに代表されるように、あの180度に広がる葉の様子を言います。 ノゲシやセイタカアワダチソウもロゼットの植物です。

ハルジオンは「春紫苑」と書きます。 春に咲く紫苑(シオン)ということで、紫苑は夏の花ですがこれはこの時期にコンクリートの隙間から出ていることさえある生命力のある野草、もともとは北アメリカ原産の外来種です。

そういえば昔の瀬音の釣り仲間にSionさんという素敵な方がいらっしゃいました。 まだ釣りをしているのかなあ。。。

|

« ことりのしゃしんのこと | トップページ | キクザキイチゲのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハルジオンのこと:

« ことりのしゃしんのこと | トップページ | キクザキイチゲのこと »