« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

マツヨイグサのこと

帰化植物ってほんとうに多いなあと思います。 レンゲソウも中国から入ってきたものですし、近年見かけるタンポポも多くはセイヨウタンポポといってやはり帰化種です。

Mematsuyoigusa_01 マツヨイグサ・・・待宵草と書きます。 別名「月見草」と呼ばれるこの花もなんと帰化植物だったのです。花の大きさは、オオマツヨイグサ(8cmくらい)、オニマツヨイグサ(やはり8cm程度)、そしてこの写真のヒメマツヨイグサ(別名:アレチマツヨイグサ、4cm程度)と大きさこそ違いますが、夏に黄色のきれいな花を見せてくれ、よく目に付きます。

マツヨイグサは名前のとおり夜に咲く花です。夕方に咲き始め、朝になるとしぼんでしまいますが、写真のヒメマツヨイグサは仲間の中では明るくても比較的咲いていることが多いと思います。冠名のつかないマツヨイグサはしぼむと赤くなるようですが、最近は見かけていないですね。

夜に咲く花・・・なんだか植物らしくないですが、見かけによらず魅惑の花なのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

アワダチソウのこと

Ooawadachiso_01 どうももうすぐ50歳という年齢になると昔話が増えるのはいただけませんが、まあ戯言として読み流していただけると幸いです。

高校生の頃、昭和40年代後半、当時はまだ鉄道全盛時代でしたが、あちこちでSLが徐々に消え始めた時期でもあります。国鉄の駅の周りにはまだまだ広大な空き地が残っていて、そこに生えていたカヤを追いやる様にセイタカアワダチソウ(キリンソウ)が繁殖してきました。

私の高校では地域貢献活動としてこのセイタカアワダチソウを除去する作業を年に一度だけ生徒に課していました。その記憶のせいか、この写真のオオアワダチソウを見たときもどうも生理的に好きになれないなあと感じました。

Ooawadachiso_02 今日の写真は3枚とも、セイタカアワダチソウではなくオオアワダチソウです。どちらも北米大陸からの帰化植物ですが、セイタカが3m近くまで伸び先が尖った形になるのに比べて、こちらはせいぜい1.5m程度までで先も丸く広がる形です。

また花期も初夏から秋口までで、セイタカの10月~11月とは違います。それにセイタカのように巨大な群落を作ることはありません。

Ooawadachiso_03 ちょうどめずらしいキチョウが蜜を吸いにきたのでカメラを構えていたら、大きなハチがこっちに向かってきました。 焦ってシャッターを押したらこわい顔が撮れていました。 よくわかりませんが、キイロスズメバチでしょうか、体調は2~3cmくらいでした。

ハチには何度か刺されましたが、スズメバチにはまだ刺されたことがありません。しかしもっとも危険な生き物であることに違いはありませんので、間合いに入ったら必ず逃げるようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

ヒグラシのこと

Higurashi_01 夏の山や沢に行くと必ず鳴いているのがヒグラシです。 カナカナカナとなんとなく哀しげな鳴き声を谷間に響かせています。

実はボクがヒグラシを実際に見たのは30代に渓流釣りをはじめてからでした。西日本(山口県)育ちでしたので、まずはクマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシでした。 関東に来て夏にクマゼミが鳴かないのに驚いたものです。 もともと関東地方にはいないようです。そのかわりミンミンゼミがいました。 これは故郷ではほとんど見たことがありませんでした。

西日本のクマゼミが朝になるともう7時くらいから、ワシャワシャと鳴き始めるのに比べ、ヒグラシは夕方に鳴くということが多いようです。 でも実際には曇りのときなどは時間に関係なく鳴いていますから、相当明るさに敏感なのでしょう。

Higurashi_02 渓に生えているフサザクラの木にしっかりと抱きついているヒグラシにそっと近づいて撮影しました。 近づくと鳴くのをやめましたが逃げることはなかったのでそのままシャッターを押しました。

どうも夕方に多く鳴くことから、秋のイメージとして捉えられているヒグラシですが、実は谷あいではもっとも早く鳴き始めるセミだといっても言い過ぎではないと思います。7月にはあちこちで鳴いています。 そして9月くらいまで鳴いています。 もちろんセミの成虫は短命なので、入れ代わり立ち代り鳴いているのでしょう。

ボクはヒグラシの声、好きですね。 ただし2,3匹まで。特に暗くなりかけるときのもの悲しさはなんともいえない風情があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオダイショウのこと

ボクが初めて見た映画は「101匹わんちゃん大行進」です。 昭和30年代に公開されたDISNEY映画ですが、その次に見たのが加山雄三の「エレキの若大将」だったと思います。その若大将に出てくるのが田中邦衛扮する「青大将」でした。(古いなあ・・・)

さて今日の写真はヘビがきらいな人はクリックして拡大しないでください。

Aodaisho_01 小菅で鵜住居さんがアオダイショウの完璧な抜け殻を見つけたときに最初に脳裏をかすめたのは、田中邦衛の青大将でした。 当時青大将は旧家の軒下や天井裏には必ずと言っていいほどいたものです。 蚊帳の上に落ちてくるものもいました。

近所の旧家には3mほどのアオダイショウが住み着いていて、そこのおばあちゃんは守り神として崇めていました。実際には害のあるネズミを捕らえてくれるという点で利点はあったようですが、やっぱり気持ちのいいものではありませんね。

日本には人家に近いところに多いのがアオダイショウ、どこにでもいるシマヘビ、田んぼにときどきいたカラスヘビはこのシマヘビの仲間、あと毒蛇ではマムシとヤマカガシ(南方ではハブもいます)というのがヘビ類のレギュラーでしょう。その中でもっとも大きくなるのがアオダイショウです。

Aodaisho_02 おそらくこの抜け殻は1~2日前のものでしょう。 左の写真を見ると眼の部分まできれいに剥がれて残っています。子供の頃よく祖母に蛇の抜け殻を財布に入れておくとお金が入るといわれて入れていたものですが、いまだに貧乏なのであんまりご利益はないと思います。

ちなみに私の故郷の山口県にある岩国市の天然記念物シロヘビはアオダイショウのアルビノ(変異種)だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つゆくさのこと

若い頃、とりわけ一人暮らしをしていた頃は夜型の生活をしていたものです。学校がなければ平気で昼頃まで寝ていました。そういう生活をだらしないと言うのは古臭いことではないと思うのです。自然は温度と光によって一日のうちに変化します。太陽とともに動いているんですね。人間も本当はそういう暮らしをするほうがいいのだと思います。

Tsuyukusa_01 写真はツユクサです。花期は6月~9月の一年草です。梅雨時から秋口まであちこちに咲きます。花期のピークは9月でしょう。朝晩に露がつく時期がいちばんいいというわけです。もうひとつこの花の面白いところは、朝咲いて午後には閉じるというかしぼむところです。日当たりのよい草地によく生えています。

Tsuyukusa_02 青色~紫色の花びらは2枚、その間の下に薄い緑色のもう1枚の花弁がついています。その間から黄色のきれいな雌しべ(ではないらしいが)と、長く突き出た雄しべがあります。写真は小菅の畑にあったツユクサですが、スギナほどではないにしても、しっかりと地下茎がついていて生命力はなかなかのものがあります。

昼まで働いて、午後はゆっくり休む。 だからこそツユクサは6月に咲き始めて、9月にピークを迎えることが出来るのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマホタルブクロのこと

今日(7月28日土曜日)は暑い日でした。東京でも32度、訪れた小菅村もそれくらいありました。標高が650mほどあるので、もっと涼しくてもいいのですが、そこは暑さでは日本のトップクラスの山梨県、山里であってもやはり暑いのです。

こんな暑い時期、山里の春は色とりどりの花がそこかしこに咲いて華やかなのですが、夏は花が少ないうえ、咲いていても白い花が多いので、山渓を散策しても花を見て立ち止まることが少ないように思います。

Yamahotarubukuro_01 ところが今日はいくつかきれいな色の花を見つけました。 そのひとつがこれ・・・ヤマホタルブクロです。花期は6月~8月、主に本州の山間部に生えます。写真の背景は林道跡です。春先にはちゃんとしている大きな堰堤に向かう道なのですが、夏になると草が生え林道も隠れてしまいます。そんな礫地によく生えるのがこの花です。

ホタルブクロの名の由来は、昔こどもたちがこの花の中に蛍を入れて遊んだという説もあってなかなか風情があります。ただものの本によると、ホタルは「蛍」ではなく「火垂(ホタル)」、いわゆる提灯の意らしいのです。火垂は提灯を意味する古語ですから、提灯のような形をした花ということになります。 でも蛍を入れるほうが好きだなあ。

Yamahotarubukuro_02 この花は地面に向かって咲いていますので、花の中を撮影しようとすると地面に寝そべって撮影しなければなりません。しかも高さがせいぜい30cmほどですから、実際は不可能に近いのです。そこでカメラ任せに地面にデジカメを置いてシャッターを何枚か押してみました。「おお、空がきれいだ」と気づいたのは家に帰ってからでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

クヌギの実がついたのこと

1_1 お昼に床屋に行きました。 待ち合いで2人目だったので1時間待ちを覚悟しました。 ボクの前の人の番になってから少しして初老の男性が来ました。 どうも待つのが嫌いなようで、5分ほど新聞を読んでいたけれど、「また来る」と言い残して帰ってしまいました。 どうも人間は待つことが好きでない動物のようです。 その点植物はひたすら待つことが得意です。 春を待ち、夏を待ち、秋を待つ。 冬になったらまた春を待つのです。

そのあと砧公園へ散歩に行きました。 木々は緑の葉を青々と茂らせています。 夏なんだなと感じたのは、ニイニイゼミだけでなくアブラゼミも鳴き始めたからです。 ちなみに今年の初蝉便りは7月20日でしたので、そのたった2日後にアブラゼミまで鳴き始めたことになります。 セミも夏が待ちきれないのかな。

2_1 それに比べて木々はのんびり生きています。 それでいて次の季節の準備を着々と進めています。 クヌギの実の上に小さなアリさんが2匹いますが、何を探しているのでしょうか。 アリさんも冬に向けて準備をします。 みんなちゃんと自然のサイクルのなかで生きているんですよね。

クヌギはまるいどんぐりをつけます。 子供はどんぐりが好きです。 ボクもシイの実とかクヌギの実に爪楊枝を刺してコマを作ったりしたものです。 そういう遊びを見なくなりましたねえ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

へんないえのこと

世の中にはいろんな人がいます。 みんな違う人生ですから、考え方とか感じ方も少しずつ違います。 東京のようにいろいろな人が集まる街ではその違いをたくさん見ることが出来て面白いものです。

1 今回はめずらしい家についていくつかご紹介したいと思います。最初の家は残念ながら今年(2007年)取り壊されてしまいました。 最近まで住んでいる人がいたというもっぱらの噂です。 蔦のからまるチャペルや洋館は高級感があるのに、なぜ蔦のからまる日本家屋は貧しく見えてしまうのでしょうか。 西洋コンプレックスが根底にあるのかもしれませんし、怪談などに出てくるあばら家のイメージが日本人にしみついているからかもしれません。 でも意外と夏は涼しく冬は暖かかったりして。。。

2 さて二番目は、これはおそらくとんでもない建築基準法違反でしょう。 木造家屋の二階の上に増築した三階棟の重さによく耐えています。 でも眺めているとこれはこれでオブジェのように思えてきます。 ちょっとスリルを感じながら生活していらっしゃるのでしょうか。 しかし思い起こせば、私が子供の頃住んでいた家も似たようなものでした。 高度成長期の初期に我が家には2台のオート三輪車がありました。 工務店だったのです。 その車庫の上に2階の住居をくっつけていました。 ですからこの家を見たときはなんとなく懐かしさを感じたのです。

3 最後のめずらしい家は、ここの住人は知らない人ではないのでちょっと戸惑いはあるのですが、実は芸術家なのです。 樹木名は確認していないのですが、たぶんケヤキでしょう。 そのケヤキと一緒に生活するという、凡人の感覚を超越した生活観にはなかなかのものがあります。 そして自然と対比させるように、メタルで作った外壁が現しているものは、おそらく人間の文明に抑えつけられても、必ず自然は蘇る・・・そんな風にとらえてもいいのではないでしょうか。

常識に捉われて生活をしていると、見えるはずのものが見えなくなることがあります。 建築の世界の話ではなく、建築物の向こう側にある生活をイメージしてみると、また別の世界があるように思うのです。 私には、社会の固まった常識を超えてなにかを学ばせてくれているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩魚とブナのこと

山形へ行ってきました。 釣行記というには簡単ですが、ボクのホームページhttp://homepage1.nifty.com/seoto_nakano/ にアップしました。

Iwana2 岩魚はとても背骨の柔らかい魚です。 今回も石の間に入り込んだ岩魚を手で捕まえるのに苦労しました。 数センチの隙間の間でくるりくるりと体をくねらせることが出来るのです。 まだ見たことはありませんが、雨水が流れる林道をくねくねと渡る岩魚がいたという話は時折聞きます。 さすがに山を越えて隣の沢に入ることは出来ませんが、ほんとうにこいつは魚なんだろうかと思う面もあります。 写真で大岩魚がヘビを食べてしまった絵を見たこともあります。 もちろん小さなヘビですが、なかなか想像できない図柄です。

Iwana1 沢の岩魚の多くはこんな風にお腹がオレンジ色~赤色をしています。 普通の川では白いのですが、山の沢に入ると赤い腹をしているものが多いのです。 これはなぜなのでしょう。 どう考えてもその理由が思いつかないのです。 他の魚で考えてみるとウグイは産卵期になるとオレンジ色の線が入ります。またカワムツも腹部がオレンジ色になります。 なにか産卵と関係があるのかもしれません。 でも皆目見当がつきません。

Buna1_1 この岩魚たちを守る山の森の中心が東北地方ではブナです。 昨今自然環境の象徴のような扱いを受けているブナですが、特別な樹木ではありません。もともと日本の森を形作っていた広葉樹のひとつで、関東以南にはコナラ、ミズナラ、クヌギなどが多いのに比べ、積雪に強いブナが東北地方には多いのです。 残念ながら、20世紀の節操のない伐採と植林のために、関東以南の森林は見る影もない姿に変わってしまいましたが、冬の深い雪と開発の遅れのお陰で東北地方のブナ林にはいまだに豊かな森を守り続けています。

東北の渓での釣りでは古来から変わることのない日本の姿を今でも垣間見ることができます。だからこそボクにとっては自分のルーツを振り返ることができる釣りでもあるのです。 杣道で出会う地元の人たちは今でも季節に応じて森と一緒に暮らしています。 今回も鎌を持って沢沿いに遡ってきた方に出会いました。 春、夏、秋と森の恵みをもたらし、人々は全てを取りつくすことなく、森を守るのに必要な分は必ず残す。 そういう営みを感じることが出来るのです。

Buna2 今回あらためて痛感したのは、雨が降っても沢の水量がほとんど変わらないことです。 ブナが自然のダムと呼ばれる所以でしょう。 豊かな保水力が、降雨時には腐葉土にしっかりと水を溜め、渇水時になっても枯れることなく水を流し続けるのです。 そして長い冬が、地面の深くまでゆっくりと水をしみこませ、短い夏には様々な動植物がお祭りのように森中ににぎわう、そんな森の恵みに深く感謝したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

菅野川のヤマメのこと

200707071 いつもはホームページの方に釣行記を書いているのですが、今日はなんとなくこっちに書いてみようと思います。 菅野川は都留市の川です。 津留といってもなじみがないかもしれません。 山梨県の大月と富士吉田の間にあります。 都内と高速が渋滞していなければ、1時間半で行ける釣り場のひとつです。

今日はお昼前の出発だったので、都留の行きつけの福島釣具店に着いたときはもうお昼をまわっていました。 川沿いを走るとやっぱり釣り人の車があります。 結局いつもの上流まで来てしまいました。

20070707 でもこの時期(7月)にここに入るのは初めてです。 案の定すごい藪。 でも提灯タタキ用の竿は車においてきてしまい、テンカラ竿しかありません。 仕方なくパチンコ釣法で釣りました。 ヤマメがたくさんいます。 でも毛鉤をすぐに見抜きます。 藪がすごくて顔に蜘蛛の巣が巻きついて気持ちのいいものではありません。 でも足元にはヤブヘビイチゴも実をつけていました。 美味しくないので食べませんでしたが。

200707072 雨が降ってきました。 藪は毛鉤に出たヤマメに合わせる事ができないくらい厳しくなってきました。 くぐるのすらしんどいくらいです。 でも、こういう藪が魚を守ってくれるのですね。 あちこちに蜘蛛の巣が張っているということは釣り人も入らなくなったということですから、盛夏の釣りの時期です。 今度はチョウチンで楽しませてもらおうと思い、今日は短い時間で切り上げました。

ほんとのところは、午後に釣りはじめたので、谷合は4時には光が足りなくて毛鉤が見えなくなってしまったのでした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »