« ピンクの花のこと | トップページ | 岩魚とブナのこと »

2007年7月 7日 (土)

菅野川のヤマメのこと

200707071 いつもはホームページの方に釣行記を書いているのですが、今日はなんとなくこっちに書いてみようと思います。 菅野川は都留市の川です。 津留といってもなじみがないかもしれません。 山梨県の大月と富士吉田の間にあります。 都内と高速が渋滞していなければ、1時間半で行ける釣り場のひとつです。

今日はお昼前の出発だったので、都留の行きつけの福島釣具店に着いたときはもうお昼をまわっていました。 川沿いを走るとやっぱり釣り人の車があります。 結局いつもの上流まで来てしまいました。

20070707 でもこの時期(7月)にここに入るのは初めてです。 案の定すごい藪。 でも提灯タタキ用の竿は車においてきてしまい、テンカラ竿しかありません。 仕方なくパチンコ釣法で釣りました。 ヤマメがたくさんいます。 でも毛鉤をすぐに見抜きます。 藪がすごくて顔に蜘蛛の巣が巻きついて気持ちのいいものではありません。 でも足元にはヤブヘビイチゴも実をつけていました。 美味しくないので食べませんでしたが。

200707072 雨が降ってきました。 藪は毛鉤に出たヤマメに合わせる事ができないくらい厳しくなってきました。 くぐるのすらしんどいくらいです。 でも、こういう藪が魚を守ってくれるのですね。 あちこちに蜘蛛の巣が張っているということは釣り人も入らなくなったということですから、盛夏の釣りの時期です。 今度はチョウチンで楽しませてもらおうと思い、今日は短い時間で切り上げました。

ほんとのところは、午後に釣りはじめたので、谷合は4時には光が足りなくて毛鉤が見えなくなってしまったのでした。。。

|

« ピンクの花のこと | トップページ | 岩魚とブナのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅野川のヤマメのこと:

« ピンクの花のこと | トップページ | 岩魚とブナのこと »