« 江戸気質+大阪気質=日本文化のこと | トップページ | アサガオのこと »

2007年8月16日 (木)

猛暑新記録のこと

Sky01 ついに出ましたね。 日本最高気温の記録が、山形の40.8度を抜いて、40.9度。 しかも2ヶ所です。 暑いので有名な埼玉県熊谷と、伏兵は岐阜県の多治見でした。

小学生のころから、山形の40.8度と旭川のマイナス41.0度はずっと覚えていた日本記録でした。 山形は1933年の記録、旭川は1902年の記録ですから、ずいぶん長い間タイトルを保持していたことになります。 野球のホームラン記録は試合数が違うので超える可能性は高いのでしょうが、気温の記録はなんか単純に喜べません。

温暖化に即結びつけるのは早計だと思いますが、40度を超えた回数を年度別に追うとやっぱり不安です。

1920年代=1回、1930年代=1回、1970年代=1回、1990年代=5回、2000年代=5回です。2000年代はあと2年あります。 6回以上になる可能性は高いですね。 これで今年の冬に雪が少なかったら・・・おそらくもう地球は一線を越えてしまったのだろうと思います。

|

« 江戸気質+大阪気質=日本文化のこと | トップページ | アサガオのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑新記録のこと:

« 江戸気質+大阪気質=日本文化のこと | トップページ | アサガオのこと »