« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

うたのこと

歌って不思議だなあってずっと思っていました。 言葉を一字一句間違えずに覚えるのはほとんど無理でも、歌だと覚えてしまいます。 メロディが先とか、歌詞が先とかいう問題じゃないんでしょうね。 聴く側に入ってくるときは、両方が境目なく交じり合って入ってきます。 最近いい歌が増えてきたなあってちょっとうれしくなっています。

かつてはバンドを組んだり、作曲や編曲をしてみたりしたことがあるのですが、社会に出てからは思い出したように弾く程度です。 それでも昔覚えた歌はしっかりと再現できます。

ボクが初めてギターを買った(買ってもらった)のは中学生のときでした。 確か数千円のガットギターでしたが、ひどいチューニングでした。 5フレットあたりでもう音が完全にズレてしまうのです。 それから1年ほど経って、スチール弦のアコースティックギターを入手しました。 16,000円もしたので、今度は最初のギターほどひどくありません。 メーカーはモラレスという名でした。 諏訪辺りの小さな工場で作っていたのだろうと思います。 (もっとも'60年代には結構モラレスのエレキを持っている人がいましたが)

Guitar01 タイプはウエスタンギターといってちょっと大き目でした。 友人たちは何倍もするYAMAHAやMorrisを持っていましたが、私にはこれで十分でした。 前のギターに比べると格段の引きやすさ、そしてなによりいい音をしていたからです。 実はこのギター、今でも弾いています。 結構しっかりした作りで、フレットの正確さは論外ですが、音だけは友人たちのギターよりもいいというヘンな代物。 製造番号が720013とありますので、1972年の13本目に作られたものだろうと思います。 もう36年も使っていたんですね。

さて、歌の話でした。 歌詞になると言葉を自然に覚えられるのは、人間のごく普通の能力です。 言葉以外のコミュニケーション方法を加えることで、言葉を何倍にも増幅できるのが音楽なんだろうって最近やっとわかってきました。 ひとはうれしいときや悲しいときにはよく歌を歌ったり口ずさんだりします。 歌と感情(心)はとても近いものなんですよね。

実を言うと、年をとってきたせいか、心のこもった歌を聴くと涙が出ることがあるんです。 お恥ずかしながら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

めたぼのこと

厚生省から子供のメタボリック・シンドロームの診断基準が出たというニュースを見ました。 ウェストサイズの基準は中学生80cm、小学生75cm・・・だそうです。

大人についても男性85cm、女性90cmとなっていますが、誰でも思う単純な疑問すらクリアしていません。 身長190cmの人の85cmと、身長150cmの人の85cmを十把一絡げにした基準の設定そのものが胡散臭いものを感じます。 もともと大人の数値基準も世界各国の基準とは矛盾するもので、ほとんどの国の基準は男性のほうが大きな数値です。 身長が違いますから当然ですよね。 なのに肥満学会はまるで駄々っ子のように基準を見直すつもりは無いと言い張っているのはなぜでしょうか。

言わずもがな、何らかの利権の上にあるからでしょう。 それが製薬業界なのか医療業界なのかはわかりません。 ただ長い日本の歴史が、誰にでもおかしいとわかるものを公的なものとして押し付ける場合は、後ろで金を使って操っている(操られている)者がいるということは疑う余地は無いでしょう。

現実の私といえば確かにメタボの寸法に達したところですが、それぞれの健康診断数値は事実でも、それを2,3個つなげて、1勝2敗は病気ですというのはあまりに幼稚だと思えます。 その幼稚というか馬鹿というか、そんなものがまかり通ってしまうことにとても大きな不安を感じます。

そんな幼稚な話のせいで、子供たちの間でこれから「メタボいじめ」が増えていくのかと思うと、一人の大人として申し訳ない気持ちになります。 いつもは写真をつけて、自然のことなどを書いているのですが、さすがに子供基準の話には憤りを感じたので書きました。 なんかもう開いた口がふさがらないなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »