« カメラ(デジカメ)のこと (2) | トップページ | うたのこと »

2007年10月28日 (日)

めたぼのこと

厚生省から子供のメタボリック・シンドロームの診断基準が出たというニュースを見ました。 ウェストサイズの基準は中学生80cm、小学生75cm・・・だそうです。

大人についても男性85cm、女性90cmとなっていますが、誰でも思う単純な疑問すらクリアしていません。 身長190cmの人の85cmと、身長150cmの人の85cmを十把一絡げにした基準の設定そのものが胡散臭いものを感じます。 もともと大人の数値基準も世界各国の基準とは矛盾するもので、ほとんどの国の基準は男性のほうが大きな数値です。 身長が違いますから当然ですよね。 なのに肥満学会はまるで駄々っ子のように基準を見直すつもりは無いと言い張っているのはなぜでしょうか。

言わずもがな、何らかの利権の上にあるからでしょう。 それが製薬業界なのか医療業界なのかはわかりません。 ただ長い日本の歴史が、誰にでもおかしいとわかるものを公的なものとして押し付ける場合は、後ろで金を使って操っている(操られている)者がいるということは疑う余地は無いでしょう。

現実の私といえば確かにメタボの寸法に達したところですが、それぞれの健康診断数値は事実でも、それを2,3個つなげて、1勝2敗は病気ですというのはあまりに幼稚だと思えます。 その幼稚というか馬鹿というか、そんなものがまかり通ってしまうことにとても大きな不安を感じます。

そんな幼稚な話のせいで、子供たちの間でこれから「メタボいじめ」が増えていくのかと思うと、一人の大人として申し訳ない気持ちになります。 いつもは写真をつけて、自然のことなどを書いているのですが、さすがに子供基準の話には憤りを感じたので書きました。 なんかもう開いた口がふさがらないなあ。。。

|

« カメラ(デジカメ)のこと (2) | トップページ | うたのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めたぼのこと:

« カメラ(デジカメ)のこと (2) | トップページ | うたのこと »