« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月24日 (月)

初冬は深い秋のこと

1 今年のクリスマスイブは国民の祝日でお休みでした。 お休みを決めているのは『国民の祝日に関する法律』という法律です。 その第3条には、祝日が日曜日のときは一番近い平日が休みとなっています。 何でその次の平日って書かないのかなあ? だって月曜日も祝日のときは金曜日か火曜日かわからない・・・

まあ、そんなことはともかく、今日はほんとうにいい天気でした。 世田谷からもちょっと標高の高いところからはくっきりと富士山が見えていました。 そこでお散歩・・・とまず30分ほどかけて砧公園へ行きました。

2 12月のこの時期は、樹木にとってはほとんど冬なのですが、時にこんなにきれいな紅葉を残した樹木に出会うことも多いのです。 最初の写真はイロハモミジで、この写真はコナラです。 コナラは普通「黄葉」するのですが、この樹はなぜか「紅葉」していました。 さすがに12月下旬になると色に渋みが増してきます。

3 砧公園には谷戸川という小川が流れています。 公式には川ではなく水路なのですが、人間がどう言おうと水が流れていれば川です。 そこにはカエデの葉が流れ着いて、運よく石の上に落ちたものはそこにとどまっています。 

4 ほとんどの落葉樹はすでに大半の葉を落としていました。 最後の力で懸命に頑張っていたのが写真のアキニレです。 太陽の光を受けてきれいに揺れていました。 葉が落ちてしまうと樹皮だけではわからない樹木も多いのですが、アキニレは幹の皮がウロコのようにボロボロ剥がれてきて、プラタナス(モミジバスズカケノキ)のような模様になるのでわかりやすいです。

5 イチョウの下で銀杏を採っている人をよく見かけました。 あらかた採られてしまったのかほとんど見当たりませんでしたが、風が吹いたときポトンポトンと落ちてきました。 食材の銀杏を実だと思っている人が多いですが、実は種なんですね。 あの銀杏にするには、実を水に浸して周りの果肉を腐らせてからそれを取り除きます(これが臭い)。 そして数日天日干しにしたのち、再度室内乾燥させてやっと出来上がり・・・と結構手のかかるものなんです。 今は普通に加工したものが売っていますが、拾っている人はちゃんとやっているんでしょうね。 感心します。

木枯らしとはよく言ったもので、きれいに葉を落ち葉にして吹き飛ばしますが、自然の中にも逆らって頑張って粘っているやつがいるのを見つけた楽しい散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

ことしはじめての雪のこと

Masuniwa03 昨夜から降っていた雨も止み、得さんと小菅の鱒の庭に行ってきました。 奥多摩に入ると所々に雪が降ったあとが見られ、小菅に近づくにつれ積雪は徐々に増えていきました。 それでも空は青く晴れ渡り、透き通るような碧さを見せていました。

鱒の庭に到着してみると、すでに積雪の中で釣っている方がいました。 その近くで組合長さんが雪かきをしています。 堀江(渓愚)さんの話では今朝にはもう雲も取れて晴れ間が出ていたそうですが、気温はまだ4度ほどでした。

Masuniwa05 辺りは完全な冬景色なのに、ここの鱒たちは元気に水面に波紋を作っていましたので、俄然やる気になりました。 冬でも時折水面の毛鉤に飛び出してきます。 また活性が下がったら毛鉤を沈めてやるとアタックしてくるので、この寒い中でも腕が痛くなるほど良型を楽しむことが出来ました。 今日は、ニジマスだけでなく、ヤマメも岩魚も出てくれましたのでうれしかったなあ。

Masuniwa04 得さんはフライを沈めて見事にアルビノを釣上げていました。 ボクもずっとアルビノを狙っているのですが、まだ釣っていません。 ここの魚はほんとにコンディションがいいんです。 流れで釣るのと変わらない魚体をしていますし、パワーもあります。 今日は渋めだったのですが、飽きてしまうほど釣れて楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずのこと

水ってボクたちにとってなんだろう?

<以下共同ニュースより>

「新・名水百選」選定へ、地域の保全活動重視・環境省

 新しい名水百選を選びます――。環境省は22日、全国のわき水や地下水、河川のうち、地元の保全活動で水質や景観が保たれている100カ所を「新・名水百選」(仮称)に認定すると発表した。

 来年7月、環境問題が主要議題となる北海道洞爺湖サミットが開かれることから、鴨下一郎環境相は「サミット前の6月には百選を発表し、多くの人に水の大切さを考えてもらうきっかけにしたい」と話している。

 1985年に旧環境庁が選定した「名水百選」はそのまま維持し、今回は別の100カ所を選ぶ。

 環境省は選定要件として水質や水量のほか、地域住民が清掃などの保全活動をして暮らしの中に生かしているか、故事にちなむなどの特徴があるか、なども重視する考え。そのまま飲めるかどうかは基準にしない。

 来年3月末までに各都道府県が4カ所まで推薦し、有識者らが審査。選定地には「認定証」が贈られる。〔共同〕 (21:53)

<以上引用>

1 日本は「水の国」です。 山里に入れば、きれいな水が豊かに流れています。 それは絶妙なバランスの元に成り立ったものでもあるのです。 名水百選自体、ボクは眉をしかめずにはいられなかったのですが、その続編が選定されるとなると、環境省は本気で環境を守りたいのではなく、それによる観光収入などを優先したとしか思えないのです。

2 注目されることは悪いことではありませんが、残念ながら結果としてそこには環境とは縁遠い人々が押し寄せ、ゴミを残し、自然を荒らすのはこれまでの歴史にあるとおりです。 古(イニシエ)から人々は大切な場所を神聖な場所としてみだりに立ち入ることを禁じてきたものです。 それはタブーのようなものではなく、その土地の人々が生きていく上で守り続けなければならないものだと知っているからなのだと、山里を多く見てきて感じられるようになりました。

決してグリーンピースのように開発や自然破壊に対して完全敵対するわけではありません。 ただ、守るといいながら現実は壊すのを見ていられないのです。 この国ほど豊かな自然環境の条件を持つ国は稀だと思いますが、それをどうすれば守れるかをきちんと考えられる人がもっと増えて欲しいと願って止みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

もずたちのこと

1 今日は先日の散歩で撮影した小さな鳥たちの写真です。 最初はモズ。 多摩川の河原です。 モズは警戒心が強くてなかなか近寄れませんでした。 オスのようです。 300mm程度のレンズで小鳥を捉えるのはほんとうに難しいです。

1_2 多摩川から野川に行きました。 野川にはたくさんの鳥がいて、大きなサギ類から小さなセキレイまで多種多様な野鳥を見ることができます。 写真はキセキレイです。 本来は渓流の野鳥なのですが、野川には何羽もいました。 テリトリーを持つ鳥なのに、ハクセキレイやセグロセキレイと並んで歩いたりしていて興味深く観察しました。

1_3 最後はカワセミです。 ここ野川の主?ともいえるかもしれません。 このカワセミを追って必ず何人かの写真家が、大きなレンズをつけたカメラを構えています。 この日は2人ほど居ました。 数kgはあろうかというレンズを使わなければこんな写真しか撮れないんでしょうね。 でもとりあえずはよしとしておきましょう。(と妥協する)

野川歩きはいつも面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

多摩川のこと

今日は初めて購入したデジタル一眼レフカメラの試し撮りに多摩川の風景を撮りに行きました。

1 最初の1枚は宿河原堰堤の魚道の上の柵に留まっているユリカモメです。 カモメにはいろんな種類がいてよくわからないのですが、これはボクの知る限りユリカモメ・・・・なんですが、足が赤いのと黄色いのと両方いましたので、ちょっと不安。 「あんまり近寄るなよ」とでもいいたげにこっちを見ていました。

1_2 魚道の下にはたくさんの鯉がいて、優雅に泳いでいました。 昨日会社の帰りに偏光フィルターを買ってきたので、早速試しましたが、最近の偏光フィルターはきれいに撮れますねえ。 多摩川の水は確かにきれいになりましたが、それがよくわかります。 実は途中で流れにペットボトルを落としてしまったのですが、拾って飲み続けました。 臭みもほとんどありません。 鮭が遡ってくるのもわかる気がします。

1_3 そして最後はダイサギの滑空、堰堤の上下には数え切れないほどの水鳥がいました。 一番多いのはユリカモメですが、コサギ、ダイサギ、マガモ、カルガモ、カワウとほんとうに様々な水鳥に溢れていました。 岸ではキセキレイやハクセキレイ、ムクドリ、ヒバリが飛び回っています。 こうして眺めていると、この四半世紀のあいだにずいぶんと環境が良くなったなあと、うれしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

シジュウカラのこと

0712おやおや、久々のブログになってしまったぞなもし。。。

さて、土曜日にインフルエンザの予防接種に近所の内科に行きました。 今年はAソ連型というのが北から来ているそうです。 ソ連はもう無いのですが、それでもソ連型という呼び方をするのは面白いです。 インフルエンザウィルスは渡り鳥によって運ばれるという説が強まっていると聞きましたが、鳥のせいにするのはちょっといかがなものでしょうか。

ちょうど葉の落ちたケヤキの下にさしかかったとき、頭上で飛び交っているシジュウカラに気づいてシャッターを押しました。 さすがに200mm程度の望遠では大きく写りませんが、そこはなんとかトリミングで誤魔化しています。

07122 鳥のさえずりっていいもんですね。 そして人間や他の動物を常に警戒してとる間合いの見事さ。 しばらく眺めていたら人が増えてきたのでどこかしら飛び去ってしまいました。

とりあえず土曜日はインフルエンザの注射後ということもあって家でのんびりしていましたが、今日(日曜日)は野村さんお勧め?の「FISH ON 王禅寺」に行って見ました。 ポンドが4つあり、ルアー用、フライ用、ミックス、えさ用と分かれています。 テンカラはミックスポンドだけで許可されていました。

2時間ほどで20尾くらい釣ったでしょうか・・・でも、小菅の鱒の庭に比べるとちょっと・・・近さと広さ以外はまあこんなもんかなと妥協する必要がありました。 毛鉤を沈めると見えなくなってしまうのです(~_~;)。 でも家から15km、車で30分ですから、これはこれで素晴らしいと思います。 ちょっと楽しみたいとき、3時間まで2,900円とリーズナブルな金額ですし、また行くと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »