« 東京の雪のこと | トップページ | かじかのこと »

2008年2月23日 (土)

春一番吹いたのこと

東京に春一番が吹きました。  去年よりも少し遅いようですが、なかなか強烈でした。 ちょうど八王子の小宮公園を散歩しているときに、あたりに黄砂のような砂埃が立っているのに気づきましたが、同時にすごい風が山の裏(北側)から吹き上げてきました。

Storm この写真を撮る少し前までは青空が見えていたのです(下の写真)。 それが急に曇ってきて、砂嵐が吹き始めました。 カラスが一生懸命飛んでいたのですが、前進するどころか、羽ばたけど羽ばたけど後ろに下がってしまう光景が滑稽でした。

B4storm その30分ほど前に体感気温が1~2度下がりましたので、前線が通過したなと思ったのですが、いきなりの変化は幻想的でもありました。 あちこちで飛ばされた人もいるようですが、台風でなくとも20mを超える風が吹くのが春一番です。 風圧といえば高速道を走行している車の屋根に立っているのとほとんど変わらないくらいなので、気をつけなければいけませんね

|

« 東京の雪のこと | トップページ | かじかのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春一番吹いたのこと:

« 東京の雪のこと | トップページ | かじかのこと »