« 春一番吹いたのこと | トップページ | 小宮公園のこと »

2008年2月23日 (土)

かじかのこと

Kajika1かつて餌釣りをしていたころ何度かカジカを釣ったことがあります。 おもりをつけて川底を探っていると掛かりました。 カジカというとカエルのほうを思い浮かべる人が多いと思いますが、私は釣り人なのでこっちがまず浮かびます。

ハゼやドンコによく似ているのですが、カジカは川の上流や源流域に棲息しています。 模様は結構いろんなパターンがあります。

Kajika2 興味深いのは、このカジカ、オスが卵を育てるのです。 魚類にはそういう種が他にもありますが、岩魚や山女魚が産みっぱなしなのに比べて、渓流の魚できちんと育てるというのはなかなか・・・。 もっとも小さな魚ですから、山女魚や岩魚にバクバク食べられてはかなわないので、オスは川底にひっそりと留まって卵を守るのかもしれませんね。

カジカは保護色の魚なので、しっかり見ないと見つかりません。 でも夜になると堂々と出てきてそこいらにいるので、あちこちの地方でカジカの夜突きの風習があります。 とてもマイナーな魚なのですが、興味の尽きない魚でもあります。

|

« 春一番吹いたのこと | トップページ | 小宮公園のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かじかのこと:

« 春一番吹いたのこと | トップページ | 小宮公園のこと »