« 春の花咲き始めのこと | トップページ | ヒトリシズカとカタクリのこと »

2008年3月28日 (金)

カラスノエンドウもでたのこと

Photo_8 2先週末の写真です。 カラスノエンドウも葉を広げて紫色の花を咲かせ始めていました。 なぜカラスと名がついたかといえば、黒い実がつくからです。 この色のレンゲがよく水が入る前の田んぼに肥料として植えられていたのを思い出しますが、最近はレンゲでいっぱいの田んぼを長らく見ていないですね。ただしあのレンゲは正しくはゲンゲといいます。

Photo_9 Photo_10 アブラナ科の花では左のムラサキハナナと右のハマダイコンが咲き始めていました。 どちらも割と大きな花ですので、遠目でも目立ちます。 野川にはこのハマダイコンがこれでもかというくらいこの時期は咲き広がります。

Photo_12 Photo_13 そして最後はコハコベとヘビイチゴです。可憐で緻密なコハコベの花は目立ちませんが好きな花です。 またヘビイチゴは鮮やかな黄色で逆によく目立ちます。 今週末もまた天気はよさそうですので、どこかへ散歩に出かけたいと思います。花見の雑踏と混雑をさけて静かな散歩をしたいなあ。

|

« 春の花咲き始めのこと | トップページ | ヒトリシズカとカタクリのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスノエンドウもでたのこと:

« 春の花咲き始めのこと | トップページ | ヒトリシズカとカタクリのこと »