« 一気に花開くのこと | トップページ | 水のありがたみのこと »

2008年3月17日 (月)

ヒヨドリが花を食うのこと

Photoヒヨドリによる食害の話は聞いたことがありますが、観察しているとほんとうによく食べます。 花ってそんなに美味いか?と思いますが、人間だっていろんな花を食べますし、東北地方のある地域では日常のおかずに食用菊をたんまり食べるところもあります。 ヒヨドリにとって花の季節はごちそうでいっぱいなんでしょうね。写真のヒヨドリはコブシの花を飽きるほど食べていました。

Photo_2 こちらは昨日紹介した早咲きの桜ですが、ここでもヒヨドリが陣取って食べまくっていました。 最初はすぐそばにふたまわり大きなインコが居座っていて、それに対しては何もせずにおとなしく離れた枝で食べていたのですが、インコが去ってからというもの、他のヒヨドリは追い立てるし、もっと小さなムクドリやカラ類が来ても追い払っていました。 野鳥の世界もなかなか厳しいものがあります。

みんな仲良くしろと思うのは人間だけなのかも知れませんね。

|

« 一気に花開くのこと | トップページ | 水のありがたみのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリが花を食うのこと:

« 一気に花開くのこと | トップページ | 水のありがたみのこと »