« 山里小菅のこと | トップページ | カラスノエンドウもでたのこと »

2008年3月27日 (木)

春の花咲き始めのこと

Photo Photo_2石組みにへばりつくように咲いていた二つの黄色い花がありました。ひとつはセイヨウタンポポです。もうひとつの咲き始めの花はハルノノゲシ。 両方ともロゼットという放射状に開く葉を地面に広げます。 この黄色の鮮やかさが春を主張しているように感じます。

Photo_3 こちらは同じ黄色で菜の花(アブラナ)。 なかなか図鑑には載らないのですが、正式にはセイヨウカラシナでしょうか。 どこにでも咲いているんですけどね。 なぜか蝶はこの花が好きなようで、この花が沢山咲いているとモンシロチョウが必ず飛んでいます。

Photo_4 Photo_5 そのモンシロチョウが止まっているのはタネツケバナ。 これは先日もご紹介しましたね。 こうしていろんな花が咲いてくると心があったかくなってきます。 そしていっせいに野に花が咲き乱れる1年でもっとも華やかな季節がやってきます。今年は冬が寒かったのですが、春との境目がはっきりしていた年でした。

|

« 山里小菅のこと | トップページ | カラスノエンドウもでたのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の花咲き始めのこと:

« 山里小菅のこと | トップページ | カラスノエンドウもでたのこと »