« ちがうけどにてるのこと | トップページ | フタリシズカは静かのこと »

2008年4月30日 (水)

ミズキとムクノキの花のこと

1_4 3 2_3ミズキの花です。 5月~6月に開花します。 小さな花が集まって葉の上に大きく開いています。遠目にミズキを見ると段々に枝がはって何層にもなっているように見えます。大きな樹木ですが、花の一つ一つはとても小さくて清楚です。写真は明治神宮御苑と代々木公園のミズキですが、どれもたわわに花をつけていました。

1_62_4いっぽうこちらはムクノキの花です。 ムクノキといってもあまりなじみがないかもしれません。ケヤキによく似た樹木ですが、幹をよく見るとケヤキと違って縦に浅く筋がはいっていますので同定は難しくありません。 ただ老木になると幹の樹皮が剥がれてきて見分けが難しくなります。花期は4月~5月。写真のムクノキはとても沢山の花をつけていました。

落葉広葉樹は葉が青く茂るとともに花を咲かせますが、特に目立つ花ではないので気づかないで過ごしてしまうことがほとんどだと思います。 でも30mになろうという大木の花や実が数ミリしかないということに面白みを感じます。

|

« ちがうけどにてるのこと | トップページ | フタリシズカは静かのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミズキとムクノキの花のこと:

« ちがうけどにてるのこと | トップページ | フタリシズカは静かのこと »