« フジの花さいたのこと | トップページ | ちがうけどにてるのこと »

2008年4月29日 (火)

ヤマガラのこと

1ヤマガラに会いました。 シジュウカラの仲間はあまり目立たない灰色をしたものが多いのですが、ヤマガラは赤茶色の色彩の胴がきれいなカラ類です。日本と朝鮮半島にしかいないカラ類の中では狭い生息域で、土着性の高い野鳥といわれます。東京都心部では明治神宮にしかいないとものの本には書かれていましたが、この写真は白金(自然教育園)で撮ったものです。

3 2枚目の写真は明治神宮の御苑で撮影したヤマガラです。 ミズキの葉陰で写りは悪いですが、なにやら昆虫の幼虫を捕らえたようです。 土着性が強いので、テリトリーから出ることはほとんどないということは、また同じ場所で見ることが出来るということになります。

2 ボクがヤマガラを見たのは、小菅の小屋のそばと明治神宮と今回の白金です。意外とお茶目な動きをするのはカラ類共通で、とてもかわいい動きをします。渡り鳥が多い中で、一年を通じて都心にヤマガラが住み続けられるということには、ちょっぴり東京も良くなってるのかなとうれしくなりました。

|

« フジの花さいたのこと | トップページ | ちがうけどにてるのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマガラのこと:

« フジの花さいたのこと | トップページ | ちがうけどにてるのこと »