« くさがめくんのこと | トップページ | シジュウカラの大盛・特盛のこと »

2008年5月 2日 (金)

春のイロハモミジのこと

1 2春になるとイロハモミジは花を咲かせ実をつけます。 モミジといえば秋の紅葉ばかりがもてはやされますが、春のモミジもなかなか美しい彩りです。 赤い小さな花とタケトンボかブーメランのような実が一緒につきます。本当は当然花のほうが若干早いのですが、概ねゴールデンウィークのころは両方が同時に見られます。

1_2 春といえばサクラですが、サクラの仲間でもイヌザクラはまったく異なる花をつけます。葉が出た後に花芽が伸びてきて写真のような花をつけますが、少し気をつけてみれば樹木いっぱいにこの白い花がついているのがわかります。なんとなくコップを洗うブラシに似ていますね。

1_3 そしてこれはクヌギの花です。 クヌギはどんぐりが有名で、ほとんどどこの山に行っても生えていますが、春にはこの花が目立ちます。垂れ下がっている花は雄花です。雌花は葉の脇に小さくついています。 今の時期、ほんとうにいろんな花が咲いています。 園芸を想像して見ていては気づきませんが、自然のこうした花は深い味わいがあります。

|

« くさがめくんのこと | トップページ | シジュウカラの大盛・特盛のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のイロハモミジのこと:

« くさがめくんのこと | トップページ | シジュウカラの大盛・特盛のこと »