« シュウカイドウのこと | トップページ | 秋が来たのこと »

2008年9月28日 (日)

秋の雑草のこと

シーズン最後の週末、納竿釣行を考えたのですが、どこへ行っても混雑しているだろうと例年のことを思い出して近場の散歩にしました。 リラックスして歩いているといろんなものが見えてきます。 都会でも道端にたくさんの自然があふれています。

Kitsunenomago080927

これはキツネノマゴ(狐の孫)。 とても小さな花です。 花の大きさは数ミリ。 写真の花が付いている花序が長く伸びてミニチュアの狐の尻尾のようになることに由来しています。 1年草で8月~10月に見られます。

Mizuhiki080927

こちらはミズヒキ(水引)。 まだ大部分がつぼみでしたが、少しだけ花開いていました。 実際にはこの赤い花が点々と10cm以上連なっていますが、花の大きさはやはり3~5ミリ程度ととても小さいものです。 タデ科の植物ですので、一見するとイヌタデなどによく似ていますが、連なりの長さがとても長く、熨斗袋の水引のように見えることからミズヒキと呼ばれるようです。

Tsuyukusa080927

雑草でしつこく咲くのですが意外ときれいなのがツユクサです。 梅雨に咲き始めるのですが、盛夏にいったんなりを潜めてしまいます。 ところが9月になって気温が下がると途端に花を咲かせ盛りになるというちょっと粘りのある咲き方をします。 花は午前中は元気ですが、午後になるとしょぼくれてきます。 なかなか興味の尽きない雑草です。

|

« シュウカイドウのこと | トップページ | 秋が来たのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュウカイドウのこと | トップページ | 秋が来たのこと »