« コブシの実のこと | トップページ | キクイモのこと »

2008年10月 4日 (土)

キセキレイ帰ってきたのこと

お天気がいいので多摩川に散歩に出かけました。 場所は和泉多摩川(小田急線)の南側。 たくさんの水鳥たちが集まる宿河原堰堤のそばです。

Kisekirei081004a

今年もキセキレイが戻ってきました。 初秋になると渡り鳥たちが徐々に戻ってきて、このあたりは冬に掛けてずいぶんとにぎやかになります。 通年いるセグロセキレイに混じってこのキセキレイが見られるようになるのと、渓流釣りのシーズンが終わるのとほぼ同じ頃合なのです。

Kisekirei081004b

主に上流の渓流地域でよく見かけるのですが、このあたりでもしばしば見ることができます。 セキレイの中では胸が黄色いので割と見分けやすいと思います。 渡り鳥ではないと書いてある本もありましたが、真夏はとんと姿を見ないので、そんなに遠くない東北地方あたりに移動している可能性は高いとボクは思っています。

Kisekirei081004c

おもに水辺をちょんちょんと歩きながら昆虫を捕食しているようです。 またきちんとしたテリトリーがあるので、見かけたら忍耐強くねばっているとまた戻ってきます。 セキレイのなかではボクはキセキレイがいちばん好きですね。

|

« コブシの実のこと | トップページ | キクイモのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コブシの実のこと | トップページ | キクイモのこと »