« クロガネモチの実がついたのこと | トップページ | ツユクサのこと »

2008年10月28日 (火)

ハクセキレイの愛嬌のこと

081018a

河畔をピョコピョコと歩き回るハクセキレイ。 日本周辺にしかいないセグロセキレイに比べて、各国で姿を見せるのはすごいと思いますが、そんなに遠くまで移動する鳥なのかな・・・。

081018b

ちょっと後ろを振り返り、身の危険を常に察知しながら動くのは弱い動物の宿命でしょうか。 鳥も魚も眼が横についているので270度くらいの視界があるんでしょうね。

081018c

それでも真後ろは苦手みたいで、そこは魚と一緒。 かなり近づけました。 わっ!と脅かしたりはしません。 じっと見ているのが楽しいのです。

|

« クロガネモチの実がついたのこと | トップページ | ツユクサのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロガネモチの実がついたのこと | トップページ | ツユクサのこと »