« 秋の紅のこと | トップページ | すずめのがっこうのこと »

2008年10月22日 (水)

水鳥たちのこと

Kiashishigi0810a

水溜りをうろちょろしている薄茶色のシックな模様の水鳥がいました。 シギの仲間でたぶんキアシシギだと思います。

Kiashishigi0810b

なんとなくぶきっちょな感じがして好感が持てました。 ハクセキレイと仲良く捕食していましたが、多摩川や野川ではたまにシギ類を見かけます。 でもほとんどが単独で、こいつらは群れを作らないのかなあと不思議に思います。

Kosagi0810a

こちらはコサギ。 きれいに羽を広げて頭上を通り過ぎていきました。 そういえばJALの模様がもうなくなっちゃったんですね。 サギが飛ぶ姿を見ていると、飛行機をイメージします。

Kosagi0810b

これはたぶんチュウサギ。 あまり川では見かけないのですが、ほかの水鳥とは離れたところにいました。 捕食するでもなく、のんびりとしていました。 水鳥は優雅でいいですね。

|

« 秋の紅のこと | トップページ | すずめのがっこうのこと »

コメント

bluetailさん、ありがとうございます。
イソシギでしたか。樹木から始まって、野草に広がり、最近になって野鳥に目がいくようになりました。出かけるたびに勉強です(笑)。
これからもよろしくお願いします。

投稿: ぼのぼのぶろぐ管理人 | 2008年10月24日 (金) 22時06分

こんにちは
シギはイソシギのようですね。
胸の白い部分が肩の方にくい込んでいるところが特徴です。
お尻を上下に振りながら水辺で餌捕りします。

投稿: bluetail | 2008年10月24日 (金) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の紅のこと | トップページ | すずめのがっこうのこと »