« 絹の波のこと | トップページ | 姫路城のこと »

2009年2月18日 (水)

木立と青い空のこと

R0010036

週末の日立の里山整備は疲れたものの楽しい時間でした。

特別な時間というものが誰にもあります。 作業の休憩中に上を見上げると、クリの木が空に伸びて、その向こうには無限に広がるような青い空。 あと半月もすればクリの木は新芽を付け、2ヶ月もすると青々とした葉が広がっていることでしょう。

都会で生活していると、人間も生命の営みをしているということを忘れがちです。 呼吸をすることも、何かを食べることも、生理的なもの、知的なもの、すべてが人間としての営みなんだと感じることができました。

|

« 絹の波のこと | トップページ | 姫路城のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絹の波のこと | トップページ | 姫路城のこと »