« しいたけの種付けのこと | トップページ | 魚供養塔のこと »

2009年3月29日 (日)

サクラ半開のこと

久しぶりに野川を散歩して来ました。 野鳥の数は減ったかな・・・。

理由は花見客です。 わいわいと土手で騒いでいる上に、普段の倍の人手では野鳥が取りつく島もありません。

Imgp6973

花見客が多いのですが、ソメイヨシノはまだ3分~5分咲きといったところでしょうか。 以前にも書きましたが、ソメイヨシノは園芸種としてのハイブリッドで、オオシマザクラとエドヒガンの交配種です。 特徴は花が先に咲いてあとから葉が出てくることです。 交配種(魚でいうところのF1)ですので自ら子孫を残すことはできません。 やはり人間が作り出したものは、自然界が育んだものと違って完成度が足りないのでしょう。

Imgp6883

こちらはオオシマザクラです。 葉が同時に出てきます。 ソメイヨシノに比べてほんのわずかですが花が白っぽいようです。

原種としてのサクラは10種余りだと思いますが、園芸用に交配種が作られ始めたのは平安時代。 何百年もの年月を経て、今では200種以上とも言われます。 うちの近所にはカンヒザクラ(ヒガンザクラ)があって、今日見たらもう花期は終わってほとんど葉桜でした。(カワヅザクラなどはこの別名です)

散歩していて思ったのは、花見客は花を見ておらず酒と歓談に集中していて、本当に花を見ているのは花見客ではない人たちだということです。 ゴミの持ち帰りだけはきちんと守ってほしいものですね。 花見のあとを見るといつも、日本はまだまだ後進国だなと思います。

|

« しいたけの種付けのこと | トップページ | 魚供養塔のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しいたけの種付けのこと | トップページ | 魚供養塔のこと »