« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

サイクルヒットのこと

今週も小菅の鱒庭に行ってきました。 昨日来の雨天のせいで水温が低下、15度から12度まで下がっていました。 というのも、鱒庭の水は小菅川のからの取水と湧き水をあわせているからで、小菅川の水温の影響を大きく受けるわけです。

渋いといえば渋い一日だったのですが、目指すサイクルヒットにあと一歩の結果でした。 まずはレインボウです。

R0012343

実は巨大なレインボウ(70cm以上)も掛かったのですがさすがに3番の仕掛けでは寄せられず、ブレイクしてしまいました。

次はイワナです。 ちなみに40cmくらいありました。 毛鉤は10番のブラウンバイビジブルです。

R0012344

そして狙っていたブラウントラウト。 レインボウやイワナよりもぐっと重い引きを楽しめました。

R0012347

またメスのブラウンも出ました。

R0012350

この個体は朱斑がありませんでした。 ブラウンだからブラウンバイビジブルというわけではないのですが、小さな毛鉤だとニジマスが先に捕食してしまうので、イワナ系が良く釣れるこの毛鉤にしました。 すると、底に定位していたブラウンやイワナがニジマスの間をすり抜けるように浮上してきて毛鉤に食らいつくのです。 管理釣り場ではスレているので小さめの毛鉤・・・というのは確かに道理ですが、そうでない場合もあるということを実感できました。

楽しい釣りができました。 

| | コメント (2)

2009年5月24日 (日)

魚の目・・・のこと

魚の目といっても足にできるウオノメではありません。 正真正銘のおさかなの眼のことです。

釣られたときの魚(サケマス属)の表情はとても興味深いものがあります。 なぜあんな目をするのか、いつも不思議です。 どんな目かって・・・こんな目です。

R0012336

上の写真はニジマスですが、イワナもこんな目をします。

R0011794

この目を見るとつい「ごめんなさい」と言いそうになります。 「われぇ、なにさらすんじゃ」とでも言っているようで、なんか怖いです。 それでも釣り人は釣りたがるのがどうしようもないサガなんですね。

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

ひさびさの鱒の庭いったのこと

久しぶりに小菅の鱒の庭に行ってきました。  驚いたのは、魚が大きくなったこと。 50cmクラスが普通に掛かってしまうのです。

Masuniwa090523a_2

精悍な顔つきのレインボウですが、今日は僕の一番竿のFreestone#3(8.0ft)という細いフライロッドに、DT-3Fのライン、6xのリーダーとティペットというタックルでこのサイズに挑みました。 最初はさすがにティペットをブチ切られること数回・・・しかし、この竿、ちょっと古いモデルですが、50cmクラスの引きに耐える底力があることがわかりました。 設計に絡んだ里見栄正さんのタメ方を真似て、竿の弾力でやり取りをしてみると、ちゃんと寄せることができるのです。 正直、この竿にこれだけのパワーがあったとは驚きました。

最新のプラウディスというモデルは高価ですが、さらにパワーを持った上に、しなやかで細身で軽いというすごい竿になったらしいです。 ほしい・・・・。

Masuniwa090523b

このサイズだけでも数尾、ほとんど尺上で全部で・・・30尾くらいでしょうか。 午後の4時間で、毛鉤への反応はかなりシビアでしたが、腕が痛くなるほど楽しめました。

いやはや、鱒の庭・・・パワーアップしてます。

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

ハナイカダのこと

なかなか気づかない樹木ですが、おもしろい特徴があるハナイカダです。

Hanaikada

せいぜい1mくらいの高さにしか伸びないので草かと思うのですが、実は木です。 葉の真ん中にあるのが花で、ハンミョウらしき昆虫が蜜を吸っているのでしょうか? 花期は5月で、秋になるとこの葉っぱの真ん中に黒い実がつきます。 写真は昨年の妙高高原で撮ったものです。

別名をママッコとか、ヨメノナミダといいますが、嫁の涙というのは面白い名前です。 いろんな想像を掻き立てられますが、昔の家督制度の中での虐げられた女性の涙にたとえているのかと思うと、今はいい時代だなと感じます。

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

ドクダミ全盛期のこと

雨の日曜日・・・でも午後から上がったので、近場に出かけた人も多いかもしれませんね。 雨後のタケノコは2週間ほど前のことでしたが、わが家の庭ではドクダミがそれはそれは元気で、刈り取っても1週間たつとまた伸びている始末です。

Dokudami0905

雨露の残る中で草刈をしたくはないので、たぶんドクダミがもっともっとはびこっている来週の仕事になりそうです。 別名をジュウヤク(十薬)と呼ばれるくらい用途があって、お茶にもなれば薬にもなるのですが、普通の生活にはなんの利もないのです。 そんなドクダミの間に紅いものが見え隠れしています。 ヘビイチゴの実です。

Hebiichigo0905

立派な実がついていました。 先週刈り取ったばかりなのに、野草(雑草)は本当に元気です。 ヘビイチゴはバラ科の植物で、似たものにヤブヘビイチゴがありますが、うちのヘビイチゴは光沢もあり、実の特徴はヤブヘビイチゴですが、葉を見る限りはただのヘビイチゴです。 実に毒はありませんが、おいしくないので誰も食べません。 野鳥が食べているのを見たこともないので、相当不味いのでしょう。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

池のニジマスのこと

先月のインフルエンザから身体のあちこちに問題が見つかって、ハードな釣行はしばしお休み?というわけで、GWあたりからはもっぱらFISH ON!王禅寺に遊びに行っています。 今日も午後から出かけてきましたが、今週は第4ポンドの清掃のためフライポンドがミックス(ルアー、餌釣り、フライの混合)になってしまいました。

いつもの倍の釣り客がひしめく様子で、左右3~4m程度しか離れていない上に、半数以上がルアーマンで、フライには厳しいものがありました。 ただ左隣の少年(中学生くらい)がルアーとフライを両方使い分けていて、シティ版釣りキチ三平の雰囲気があり、楽しく横の少年フィッシャーマンを見ながらの釣りができました。

少年はフライは苦手のようでしたが、ルアーで尺上の魚を何尾か釣り上げると、フライに換えて頑張っていました。 もっとも今日の当たり毛鉤は#20番以下の小さなCDCミッジで、ライズも小さかったので少年には厳しかったかも知れません。 しかしながら、トップウォーターでミノーを巧く泳がせて、気持ちのいい釣りをしていました。 彼はどう見ても完全にハマっているな・・・と、とてもうれしく、微笑ましい気持ちでした。

R0012323 

王禅寺にもこんなヒレのしっかりした魚が多くなったように感じます。 出がシビアなので#7のティペットを使っていたため、40cmオーバーが来たときには見事に切れてしまいました。 まだまだ僕も修行が足りません。 あの一生懸命な少年の釣りへの情熱を五十路の僕が同じように持てるところが釣りのいいところです。 上手くなりたいし、大きいのを釣りたいし、難しい魚を釣りたい・・・いやあ、釣りっていいもんですね。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

庭の雑草のこと

Hebiichigo0905

庭に沢山の雑草が生えていました。 この時期黄色い花が目立って、そのひとつがこのヘビイチゴです。 小さな赤いイチゴのような実がなるのですが、さすがに鳥も食べません。 まずいからでしょうね。

Murasakisagigoke0905

これはとても小さい花で、ムラサキサギゴケ。 4月くらいから咲き始めて、5月にドクダミが覆いかぶさるまで元気に咲き続けています。

Onitabirako0905

ドクダミがはびこるようになってもすっと伸びて沢山の黄色い花を咲かせるのはオニタビラコ。 どれも取るに足らない雑草ですが、毎年のように生えてきて、結局は刈り取ってしまうのですが、なんとなく愛着がわいてきます。 

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

きじばと意外ときれいのこと

街で普通に見かけるドバトに対して、群れで行動せず、概ねつがいで行動しているのがキジバトです。 普通のドバトと体型はほとんど同じなのですが、性格や行動パターンはかなり違います。 そしてよく見ると意外ときれいな模様をしています。

Kijibato090329

ほとんどだれも見向きもしませんが、ぼくは意外と好きなんですね。 ちょっとメタボなところとかが特に・・・

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

おくればせながら下伊那釣行のこと

ブログに書き込むのは久しぶりです。 実は先月インフルエンザに掛かったのち、何とか回復したのでこの下伊那釣行に出かけたのですが、やはり体調悪く同行の得さんと鳥さんには多大な迷惑をかけてしまいました。 釣行から戻ってから今度は気管支炎を患い、再び会社を休む羽目になりました。 今はほとんど回復しましたが、釣りの一番いい時期を外してしまったのがいささか残念です。

R0010244

さて今回は十数年前にいい思いをした加々須川です。 緊張の第一投は得さん。 アマゴが出たものの掛け損ねてしまいました。 釣行は4月18日ですから、まだ下伊那は春、サクラと梅が一緒に咲いていました。

R0010252

鳥さんが意外に苦戦していましたが、この下流区間は魚影が薄かったようです。 上流の集落まで行き、親水公園の橋の下から僕はテンカラで釣り始め、すぐにアマゴを2尾掛けました。 やはり上流のほうがもういいようです。

R0010254

車で休んでいた鳥さんに「出るよ出るよ」というと早速川に入っていきました。 僕はこの辺から体調が悪くなり、得さん鳥さんの遡行について行けなくなり土手で休んでいました。 少し上流では魚も出たようです。

翌日19日、体調は悪いものの、せっかく来たので大田切川へ行って見ました。 C&R区間で釣ったのですが、まだ水源の山は雪をかぶっていて水温が低いせいか、毛鉤には出てきませんでした。

R0010263 

それでも余りにきれいな水と広くて気持ちのいい河原に3人とも感激していました。 水温は8度くらいでしょうか。 出なくはない水温ですが、この日は魚の活性が低かったようです。

というわけで体調最悪の僕は後部座席で寝かせてもらい、帰り道は二人に運転していただきました。 多謝。

GWに入るころには体調も回復してきたのですが、高速1000円で大渋滞するのは予測できましたので、今年は何処へも行かず、2回ほど王禅寺で釣りを楽しみました。 5月が僕のほんとうの解禁になりそうです。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »