« ドクダミ全盛期のこと | トップページ | ひさびさの鱒の庭いったのこと »

2009年5月19日 (火)

ハナイカダのこと

なかなか気づかない樹木ですが、おもしろい特徴があるハナイカダです。

Hanaikada

せいぜい1mくらいの高さにしか伸びないので草かと思うのですが、実は木です。 葉の真ん中にあるのが花で、ハンミョウらしき昆虫が蜜を吸っているのでしょうか? 花期は5月で、秋になるとこの葉っぱの真ん中に黒い実がつきます。 写真は昨年の妙高高原で撮ったものです。

別名をママッコとか、ヨメノナミダといいますが、嫁の涙というのは面白い名前です。 いろんな想像を掻き立てられますが、昔の家督制度の中での虐げられた女性の涙にたとえているのかと思うと、今はいい時代だなと感じます。

|

« ドクダミ全盛期のこと | トップページ | ひさびさの鱒の庭いったのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドクダミ全盛期のこと | トップページ | ひさびさの鱒の庭いったのこと »