« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月14日 (日)

テンカラの利点のこと

愛用のテンカラ竿の穂先が抜けてしまったので修理しました。 リリアンの#3(1.0mm)がちょうど上手くハマりました。

R0010279

土曜日に得さんと小菅の鱒庭へ行ったのですが、そこで試してみた結果からいうと、テンカラの方がフライフィッシングよりも2倍以上魚が出ます。 もちろんその差を埋めるテクニックはあるのですが、テンカラの場合毛鉤のみが水面にありティペットは空中というシチュエーションが容易に作れることがその差になっているのです。

反面アプローチではFFが絶対有利ですが、気づかれないアプローチさえできればテンカラが俄然有利になります。 実際に小河川ではテンカラ有利、すこし開けてくるとFF有利となるわけで、その中間の流れのときはどっちにしようか悩みます。

過去、FFもやるしテンカラもやるという人の釣果が皆すばらしいのをあちこちで見てきたのですが、実際に自分で両方をやってみると納得できました。 いろんな釣りかたをしてみると世界が広がりますね。

| | コメント (0)

2009年6月 3日 (水)

プレザントストライカーのこと

R0012353

杉坂研治氏のWEB SHOPである「Ken Cube」に注文したフライボックス2点とプレザントストライカー2本が届きました。 完全防水のボックスが1.5~1.8k円という安さ、しかも堅牢。 またプレザントストライカー(いわゆる浮き)はこれから使ってみて、いかほどのものか試してみたいと思います。

透明度の高いポンドで沈めた毛鉤とインジケーターの動きを見ていると、魚が咥えてもほとんど反応していないことがわかります。 毛鉤を咥えても魚が大きく動かない限りわからないといってもいいのです。 ところがこのプレザントストライカーはヘラブナの浮きのように微妙なアタリがわかるとのこと。 近々、使用感をレポートしたいと思います。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »