« プレザントストライカーのこと | トップページ | 樹の刻字展のこと »

2009年6月14日 (日)

テンカラの利点のこと

愛用のテンカラ竿の穂先が抜けてしまったので修理しました。 リリアンの#3(1.0mm)がちょうど上手くハマりました。

R0010279

土曜日に得さんと小菅の鱒庭へ行ったのですが、そこで試してみた結果からいうと、テンカラの方がフライフィッシングよりも2倍以上魚が出ます。 もちろんその差を埋めるテクニックはあるのですが、テンカラの場合毛鉤のみが水面にありティペットは空中というシチュエーションが容易に作れることがその差になっているのです。

反面アプローチではFFが絶対有利ですが、気づかれないアプローチさえできればテンカラが俄然有利になります。 実際に小河川ではテンカラ有利、すこし開けてくるとFF有利となるわけで、その中間の流れのときはどっちにしようか悩みます。

過去、FFもやるしテンカラもやるという人の釣果が皆すばらしいのをあちこちで見てきたのですが、実際に自分で両方をやってみると納得できました。 いろんな釣りかたをしてみると世界が広がりますね。

|

« プレザントストライカーのこと | トップページ | 樹の刻字展のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プレザントストライカーのこと | トップページ | 樹の刻字展のこと »