« 野良猫のこと | トップページ | 山形の秋の岩魚のこと »

2009年8月23日 (日)

ブヨに刺されたのこと

週末の金曜日から日曜日まで山形に行って来ました。 そうめにすと倶楽部恒例の「焚き火オフ」という集まりに参加しました。

きれいな川の周りには多くの昆虫がいます。 メジロアブやブヨもその仲間です。 特にブヨは毎年のように刺されているので、長袖長ズボンで対策していたのですが、土曜日の夜中にトイレに起きたときに一瞬の油断が・・・。

わずか1分程度の間に見事に集中攻撃を受けてしまいました。

R0010427

足首も数箇所やられたのですが、手の甲も見事にやられてしまいました。 写真は相撲取りの手ではありません。 若干メタボとはいえ、無残に腫れ上がった僕の手です。

ブヨは刺すのではなく、皮膚をかじって血を吸うらしく、瞬間的にチクッとしますが気づかないことも多いのです。 ところが1日経つとこのように腫れ上がって痛痒い状態が1週間ほど続きます。 虫刺されの市販薬はほとんど効きません。

僕は毎年というか、年に何度かやられるので、いつも放置しているのですが、人によってはもっとひどい症状になる場合があって、医者にかからねばならないこともあります。

今も痛痒いですが、少しおさまってきました。

|

« 野良猫のこと | トップページ | 山形の秋の岩魚のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野良猫のこと | トップページ | 山形の秋の岩魚のこと »