« 山形の秋の岩魚のこと | トップページ | ダイモンジソウのこと »

2009年9月26日 (土)

カメバヒキオコシのこと

カメバヒキオコシ(亀葉引起)という一風変わった名前の野草です。 場所は最上川水系の沢筋でした。 葉に特徴があるので目に付きやすい野草です。

Photo

葉の先が切れたようになっていて、ちょんまげのようになった先端が「なんだこれ?」と目を留めるのです。 東北の沢筋ではしばしば見かけますが、関東ではほとんど見た記憶がありません。 葉の形が尻尾を出した亀のように見えるのが名前の由来のようです。

花はタツナミソウのような青紫の小さな花弁が沢山連なっています。 花期は8月~10月。

イヌヤマハッカの変種と図鑑にはあり、しそ科の植物です。 食べていませんのでなんとも言えませんが、もしかしたらオオバと同じような味かもしれませんね。

|

« 山形の秋の岩魚のこと | トップページ | ダイモンジソウのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形の秋の岩魚のこと | トップページ | ダイモンジソウのこと »