« ニワゼキショウのこと | トップページ | 岩魚釣れたのこと »

2010年5月20日 (木)

いろはもみじの実のこと

Imgp8628イロハモミジが結実していた。 今年は花が咲いたのに気づくことなく春が一気に過ぎた感じがする。 だいたいサクラの咲く頃にひっそりと小さな花をつけるのだが、うかつだった。

なぜか花よりもこの実のほうが目立つイロハモミジ。 タケトンボのような形でそのまま飛んでいってしまいそうだ。 この実はそのまま夏までついている。

Imgp8626こちらは至近から撮ったので少し白っぽくなってしまった。 

モミジといえば秋の紅葉ばかりが目立つけれど、春のこの姿も悪くない。 日本人の好む樹木は、春のサクラに夏の海岸の松、そして秋のモミジが定番だと思う。

そして日本人が移ろいやすいのは、この早い四季の流れの中で育っているからではないかと思うのだ。 民主党に対して国民があまりに早いスピードで飽きてきたのは、あながち政治だけのせいではないのかも知れない。

|

« ニワゼキショウのこと | トップページ | 岩魚釣れたのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニワゼキショウのこと | トップページ | 岩魚釣れたのこと »