« いろはもみじの実のこと | トップページ | キショウブのこと »

2010年5月22日 (土)

岩魚釣れたのこと

深山にフジの花が満開。 ドライフライの季節がやってきた。

R0011210ホームリバー小菅川に行った。 年券を買ったのにまた今年も釣りに行っていなかった。 冬の寒さがいつまでも居座ったこともあるけれど、ほんとうはものぐさ病だったのかもしれない。

写真は雄滝。 遊歩道を使って安楽な釣りができる。 途中白糸の滝でカップルが手をつないで立っていた。 なんだかこの場所には似合わないけど、エロくなくて、むしろほほえましい感じだったから許してあげよう。

入渓するときにフライマンが上がってきた。 「これから入るんですか?」とちょっと驚き気味。 時間は14時。 まだ遅くなどない。 釣果を聞くとヤマメばかり2尾とのこと。 フムフム。 少し登ってから入渓。

R0011160出た! 岩魚だぞ。 お腹のオレンジ色がうれしい。 小菅の最上流にある雄滝のあたりは岩魚とヤマメの混生。 ほんの1~2時間前に釣り人が入ったのにもかかわらずちゃんと出てくれるとはうれしい限り。

ここの岩魚は腹が白いのが多いのだが、こういう居付きの岩魚はやはり釣ってうれしいものだ。

R0011207型が小さいなあ・・・とぼやいていたら、滝の少し下流で体半分飛び出した良型。 毛鉤を咥えそこねた。 もう一度やって出るかどうか・・・

同じポイントに毛鉤を落とすと、今度は小さくパシャっと出た。 何とか20cmを超える岩魚に満足した。 足元に寄せて写真を撮る。 

ちょっとぶらり出かけて岩魚に会えたので今日はいたってご機嫌なのであった。 フム。

|

« いろはもみじの実のこと | トップページ | キショウブのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いろはもみじの実のこと | トップページ | キショウブのこと »