« 妙高山菜勉強会のこと | トップページ | 鹿留の花のこと(1) »

2010年5月10日 (月)

超人のこと

超人を見た気がした。 瀬音の森の長南さんとクライマーのにゃんちゅうさんである。

R0010944妙高の山荘の屋根にヤマザクラの太枝が折れてのしかかっているのを除去する作業が、土曜日に現地到着してまもなく始まった。 今年の雪は例年になく重い雪だったため、ヤマザクラの太い枝(といってもほとんど幹だが)が折れてしまったのだ。

先日の小菅の山でも多くの杉が雪の重みに耐え切れず倒木になっていたが、北陸のこの地でも同じだった。 ましてここは真冬には3mを超える積雪になるだけに、その重さも想像を超える。

R0010953まず、にゃんちゅうさんがロープを使ってサクラに登っていく。 なんという身の軽さというか、腕力のすごさというか・・・まるで猿みたいだ。

折れた枝を途中で切るのが長南さんの役目。 はしごをかけて屋根に上るがこの屋根の傾斜は上部で45度で脇ではほとんど垂直なのである。 雪国なのでそうしないと押しつぶされてしまうのだが、確保に渡したロープを伝って軽々と登ってしまった。

二人の活躍で難航すると思われた枝の除去も1時間ほどで終了。 にゃんちゅうさんはその間中ずっと木上で作業を続け、最後は懸垂下降で降りてきた。

さすがにクライマーはすごい。 目の当たりにするとほんとうに感心する。 同時に自分のメタボリックな体を何とかしないといかんと思わざるを得なかった。 今年は精力的に出かけよう。

|

« 妙高山菜勉強会のこと | トップページ | 鹿留の花のこと(1) »

コメント

まさに・同世代ですね。僕も後1年で60sに乗り切れなかった男です。ポリポリ・・・

投稿: NyangChoow | 2010年5月19日 (水) 21時56分

にゃんちゅうさん、

その節はお世話になりました。 昭和33年生まれの私とそんなには違わないだろう(違っていたら失礼)にゃんちゅうさんがあれほど身軽に長時間、樹上作業をされるのを見て本音で驚愕しました。

先日逆上がりがほとんどできなくなっていることを知ってかなり焦ったのがよみがえりました。そんなわけで今はカミサンにメタボオヤジ扱いされてもただうつむいて反省しているこの頃です(笑)。

管理人(NAKANO)

投稿: ぼのぼのぶろぐ管理人 | 2010年5月19日 (水) 20時49分

ども・妙高ではお世話になりました。
MSCCのにゃんちゅうです。
山菜勉強会にはMSCCのメンバー8人ほどで押しかけちゃって、お騒がせしました。これに懲りず・今後とも機会があればよろしくお願いいたします。

そうそう・桜の木のこと・なんか・カッコよく書いてもらっちゃって恐縮です。
このページの写真2枚ともダウンロードさせていただきました。 ちょうど・僕の自信の写真がなかったものですから・・いつになるかわかりませんがMSCCのHPにも妙高のことを載せようと思います。 その節はこの写真使わせていただこうと思っております。ご了承ください。 HPのURLつけときましたのでMSCCのサイトも覗いてやってください。

投稿: NyangChoow | 2010年5月18日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妙高山菜勉強会のこと | トップページ | 鹿留の花のこと(1) »