« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

映ってしまったのこと

R0011310今週の水曜日に新宿西口のビックカメラでXperiaを買った。 若干のドコモポイントを使って、割引も使って、23k円ほど。

スマートフォンがどんなものだかもわからないまま買ってしまったが、最初は悪戦苦闘したものの、1日使ってみると便利なものだということがわかった。 もっともこれまでの携帯はP703iという3年以上も前に換えた初めてのFOMA。 何台目かと思い出してみたら、最初が13年ばかり前のIDO、その後docomoになったが型番忘れた。 その次がP505iというカメラが1.3メガピクセルのものでその後がP703i。 換えてはいるが大体3年くらいの周期。 

iPhone4が発売になる直前になぜXperiaなのかというと、田舎に遊びに行くことの多い自分の周りにはsoftbank(SB)が圏外になるという輩が多い。 製品としてはiPhone4は魅力なのだが、キャリアとしては使い物にならないので、あと2年くらいは様子を見ようという魂胆からXperiaを選択したわけである。 ところがこのAndroid携帯、結構使えるので、実は満足している。

ちょうどXperiaを買おうとビックカメラのエスカレータを上がっていくと、目の前に三脚に載ったTVカメラがあった。 ちょっとうらぶれたカメラマンがファインダーを覗いていた。 邪魔なところで撮影しているなあ・・・と若干不機嫌にカメラ前を横切ったのだが、その夜のワールド・ビジネス・サテライトでばっちり映っていたらしい。

翌日から何人かに「見たよ」と言われたが、本人は撮影されたことなどまったく知らないのでどうも気分が悪い。 肖像権を主張するような顔ではないが、あの時のカメラマンの動きはファインダーをチェックしているだけのような感じで、「あ、写してます」みたいなオーラはまったく無かったので、どんな無防備な態度と顔をしていたのかがちょっと不安に思える。

写したら、そして流す映像なら、一言言ってほしかったな。 東京12チャンネル(現テレビ東京)。

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

ギターくるのこと

1ヶ月近く前に注文したギターがようやく日本に入ってきた。 来週には手元に届くらしい。 とはいってもそんなに大げさなものではなく、メーカーはマーチンだがLXMというミニギター。

Lxm_top普通のアコースティックギターの4分の3ほどの大きさで、面板も集成材に近いものを使っている安価なモデル。 通常知られているマーチンの何分の1かのプライスなので、自分にも手が届く。

おそらくは東南アジアで製造されているはずだが、それは届いてみないとわからないかも。 とあるところで32k円ほどで入手したが、相場は40k円くらいのようだ(定価は57k円)。為替レートで結構値段が上下する。

音はミニなので期待はしていないが、さすがに40年近く使っている国産モデルはフレットも音がずれてきていた。 メーカーだけは当時高嶺の花だったマーチンだが、それに反して安物でも気軽に弾けるものをというわけでLXMを購入した。 以前購入したヤイリもあったのだが、息子に奪われてしまったので今回は自分のものとして守るつもりである。

自分は昭和33年生まれ。中学から高校の頃フォークブームで、拓郎・陽水・泉谷が流行っていたが、洋楽が好きだったのでECなどのR&Bを好んでいた。 片田舎では変わり者だったかもしれない。 それでもオラが町では巧いほうだと自負していたが、上京して楽器屋で巧みに楽器を操る中学生に唖然とし、自分のやっていることが草野球みたいなものだと実感した。

それでも今でもたまに弾くのはご愛嬌。 昔を思い出すのではなく、今を楽しもうと思う。

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

あわわ・・・鳩が・・・のこと

あわわ、昨日あんなことを書いたら、鳩がほんとうに辞めてしまったのだ。 まあ、時間の問題ではあったけど、それでも選挙まで続けるだろうと思っていたのだが、一番情けないシナリオで終わった感じがする。

鳩は平和の使者と呼ばれているので、名前で得していたと思う。 顔は総理向きではなかったが、名前は悪くない。 優柔不断で立場が変わるとどんどん発言がブレていくのも、キャラだといえばそうだったのかもしれない。 KYとも呼ばれ、理解者もどんどん減っていった感がある。

思えば、鳩山、福田、安倍の3人は草食男子(麻生は例外)。 だから鳩山氏も物言わぬ日本男子の気持ちは十分にわかっていたはずだし、草食を貫けばよかったのになあ。 追われても追われても群れの中で生き延びる術もあったろうに。

こんなになってしまった日本は一朝一夕には良くはならない。 粘りに粘って根気で勝って変えていかないと駄目だと思う。 今の総理に必要なのは、馬力でもなければ、統率力でもない、ゴムのような粘りこそが必要。 

次にくるだろう候補者でこの粘りを持ったのはいない。 また短命だな。

Imgp0707

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

見上げれば・・・のこと

R0011113_2見上げれば青い空。 明るい林に寝転がって空を見上げるのは気持ちがいい。 身近にあって容易に手に取れないもの。 流れ落ちる沢の水、抜けるような青い空、宵闇を照らす焚き火の炎。 そのどれもが心を底まできれいにしてくれる。 野にいるとそんな快感を味わうことができる。

と、TVを見ているとき、画面に出てきた某首相を見ていて思うのは、この人ほんとうに余裕がないな、ということ。 ある意味かわいそうな人なんだな。 民主党を選んだのは大多数の国民だし、だから彼も国民に選ばれたわけで、それを批判中傷ばかりしているメディアも国民もなんなんだろうなあって、空を見上げると思ってしまう。

やっぱり自分を失っちゃいけないな。 画面に映る彼の顔を見ていて、もう許してもらいなよ・・・て思った。 

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »