« 神田川を下るのこと -中野区に入った- | トップページ | 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (1) »

2010年12月10日 (金)

神田川を下るのこと -善福寺川との合流-

Imgp0466 神田川の水がきれいになったと何度も書いたが、色々な浄化法を使っているのだろうと思う。 この水底の丸い凹みもたぶんそうなのだろう。 中野区に入るとこのパターンが多かった。

Imgp0469 実はこの散歩をしたのは日本シリーズでロッテ千葉マリーンズが優勝した翌日。 神田川のほとりにはロッテの本社があり、横断幕だけがひっそりと掲げてあった。 こじんまりしすぎてて地区大会で優勝した学校の垂れ幕とあまり差はないように思った。やはり本拠地は幕張かな。

Imgp0487と、目の前に流量計測器がありそこで道は離れている。 右手は営団地下鉄の車両基地。 ここでちょっとだけ川を離れて歩く。

Imgp0495_2 ここまでくるとようやく善福寺川との合流点。 今回の神田川散歩の最初のゴールである。水量はほぼ同じ。 吉祥寺からの長い旅が一段落。

Imgp0511 神田川の水量はここで増えたが、川幅は変わらない。 ちょっと水深が深くなっただけで、ちょっと見には増えたような気がしないから不思議である。

Imgp0529 へんてこなデザインのビルは、中野富士見町の駅。 ここから下流はまだ予定していないが、この次はまず善福寺川を詰めていこうかな。

|

« 神田川を下るのこと -中野区に入った- | トップページ | 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神田川を下るのこと -中野区に入った- | トップページ | 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (1) »