« 神田川を下るのこと -井の頭通りをくぐる- | トップページ | 神田川を下るのこと -なんだこれ?- »

2010年12月 1日 (水)

神田川を下るのこと -河川工事-

Imgp0341 和泉の辺りで河川工事をやっていた。 ちょっと驚いたのは、1mあたりの護岸工事コストが360万円ということ。100m工事すれば3億6000万、1kmだと36億、なんだかとてつもなく高いように思う。10mの護岸工事の費用でたいした家屋1軒が建ってしまう。 しかし問題はこの河川工事を定期的に繰り返していることだ。 一気にやってしまえばそれだけ環境改善もしっかりできるだろうに、ところが毎年潤うことを続けていく必要がある一部の人々がいるのだろう。その辺が見え隠れする。

Imgp0336 この古い護岸は昭和40年代のものだろう。 西暦で言うと1970年頃かな。 40年ほどしか持たない(持たせない)わけだ。やっぱり税金の無駄遣いのにおいがする。

Imgp0344 護岸工事の終わった区間。 きれいだが、ビオトープもないし何の変化も感じられない。80年に1回の工事にしてビオトープを作って、自然を多少なりとも戻してはどうなのかと思う。

Imgp0349 護岸にはまた新しい黒大理石の工事標が埋め込んである。 無言・・・・

Imgp0355 おまけに何のためか一部区間だけこんなアクリル板がついている。 ほんの数十mだけなのですこぶる違和感がある。 やっていることがちぐはぐで統一感もなければ、意味もわからない。 歩きながら考え込んでしまった。

|

« 神田川を下るのこと -井の頭通りをくぐる- | トップページ | 神田川を下るのこと -なんだこれ?- »

コメント

あきれ~っこさん、こんにちは。

川は誰のもの?という疑問に対して、みんなのものであり子孫たちのものでもあることが忘れられているのをいつも感じますね。だから張り紙などで済ませてしまう。これが道路なら戸別に説明があったりしますよね。工事をやっている人ではなく、工事を決めた人にもっとも大きな責任があるのですが、その人が一番無責任だったりもします。公共事業は衆人監視するシステムが必要ですね。

投稿: ぼのぼのぶろぐ管理人 | 2011年1月 9日 (日) 00時24分

おしゃる通りで~す

桜の花が春にはきれいに咲き それはみごとです

桜の木の伐採?移動? 詳しい説明ありません(>_<)

最近?も記憶の中に川底をさらい ネットをかけ工事したばか

りなのに…   もったいない……

大型車通るため道路がたがたです 穴あいてます

本当にこれでいいのですか?

工事した場所の川覗いてください 泥がたまり最悪です。

投稿: あきれ~っこ | 2011年1月 5日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神田川を下るのこと -井の頭通りをくぐる- | トップページ | 神田川を下るのこと -なんだこれ?- »