« 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (3) | トップページ | 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (5) »

2010年12月15日 (水)

頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (4)

Imgp0416 登山道は幅広く歩きやすい。 軽トラックもなんとか登れる規格。『あなたは見られています』の立て看板、ちょっとぞっとする。 魑魅魍魎でもいるのか? と思ったが、よく考えてみると、これは不法投棄者への警告板。

Imgp0413  樹木が切れると丹沢の稜線が見えてきた。 右のとんがったのが大山、樹木が邪魔をしているのが二ノ塔と三ノ塔、左側には塔ノ岳も見えている。 いい眺めだ。 手前の丘陵が宅地で覆われているのはいかにも神奈川県。 (後述地図 ⑧)

Imgp0419 コナラ、クヌギを中心とした広葉樹が多く、登山道はザクザクといい音がする。 秋の山道はこれがいい。 落ち葉は雨に流され、腐葉土となり、山の土壌を育てる。

Imgp0437 渋沢丘陵からの尾根道に出ると、両側が眺められる気持ちのいい稜線の道。 明るい林が気持ちをさらに明るくしてくれる。

Imgp0478 東屋を過ぎて少し行くと道が左右に分かれる。 今日は右の周回路を行く。 山頂の西側からそのまま直登、振り返ると川音川(四十八瀬川)と松田の街が見えた。 東名高速と小田急線と国道246号が交差する。 向こうには箱根山塊が眺められた。 なかなかいい眺めだ。 (後述地図 ⑪)

<続く>

|

« 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (3) | トップページ | 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (3) | トップページ | 頭高山(ズッコウヤマ)と渋沢丘陵のこと (5) »