« 東北の梅雨のこと | トップページ | 盛期になった日川のこと »

2011年7月15日 (金)

2011年焚き火オフのこと

焚き火オフ・・・そうめにすと倶楽部の面々が毎年山形に集まる恒例行事。今年は15人という大人数になった。

夜駆けして大井沢のキャンプ場に着くと、白瀧さんがすでに車で眠っていた。会社の杉浦さんも一緒だ。今回は白瀧さんとK川へ行くことにしていた。K川は最近よく行く。必ずきれいな岩魚が釣れるからである。

Imgp3050
いつもの入渓点で準備をしていると下流から3人のパーティが上がってきた。やむを得ず上流に移動して入渓する。杉浦さんはまだ釣りは3度目くらい、エサ釣りである。ビギナーには厳しいくらいの水量なので、ちょっと注意して遡行する。普段の3割増というところ。

Imgp0993しばらく竿を出さずに見ていたが、杉浦さんが仕掛けを直している間に釣らせていただいた。ご挨拶の岩魚はいい顔をしていた。

Imgp0997
杉浦さんも岩魚を釣り上げ満面の笑み。エサ釣りのポイントとテンカラのポイントは微妙に異なるので時には同時に釣り上がることも出来る。

Imgp0999
竿を出し始めた白瀧さんも順調に釣り上げる。私の毛鉤(黒のバイビジブル)を食い込んでくれない岩魚を、白瀧さんがアリ毛鉤で見事に釣るのには驚いた。私もアリ毛鉤を巻いておけばよかった・・・。結果、杉浦さん4尾、白瀧さん7尾か8尾、私は3尾で、距離からするとまずまずいい釣りでした。

Imgp1002
大井沢にもどると三々五々釣り場から皆戻って来ます。上の写真は左から今ちゃん、渓酔さん、「秀」さん。今ちゃん中心に盛り上がります。渓酔さん得意のダジャレが爆発するスキもないくらい、今ちゃんのキャラは立っています。

Imgp1007
バカ騒ぎで盛り上がるおっさんたちを冷静に見つめる黒柴が一匹、都筑師匠の愛犬タローです。先代のクロ同様に、賢い渓流犬になりました。どうやって育てているのか、不思議でなりません。

Imgp1011
かいぱぱさんが張ってくれたタープのおかげで、暗くなってからの雨も凌ぐことができました。いつもありがとうございます。

Imgp1013
夕方、寒河江川で今ちゃんがテンカラを振っています。師匠たちからそこで釣ってこいといわれ、一生懸命釣っていました。 そしてなんとパウル君にも予測できない事態が。。。 今ちゃんのラインの先には岩魚がくっついていたのです。 やりましたね。 これでもう免許皆伝だと、「秀」さんも突き放します。今ちゃんネタで何時間も盛り上がりました。

Imgp1019
まるで親子のように気のあった今ちゃんと「秀」さん、帽子の縁から怪しい光を放つ「秀」さんも十分面白いキャラですが、今ちゃんの強烈なキャラにはやられっぱなしです。二人のあいだからはエクトプラズムのような光が漂っていました。 やっぱり只者じゃない。

あたりにはホタルも飛び交い、毎年の再会を大いに楽しんで夜が更けていきました。みなさん楽しい時間をありがとうございました。来年もよろしくです。

|

« 東北の梅雨のこと | トップページ | 盛期になった日川のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北の梅雨のこと | トップページ | 盛期になった日川のこと »