« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月26日 (土)

新宿十二社のこと

20日の日曜日の散歩は新宿界隈だった。毎日働きに行っている街だが休日はまた違った顔があって楽しめるから面白い。今回は参宮橋駅で降りて北参道を北上し新宿十二社(じゅうにそう)を散歩。それはどこだ?というと初台と新宿の間、西口の中央公園の西側にあたる地域で、以前は角筈(つのはず)と呼ばれた。公園から東の高層ビルエリアの旧名は淀橋で、ヨドバシカメラの由来でもある。

Imgp1498

西参道が甲州街道を渡ると十二社通りと名を変える。ここまでは渋谷区である。この北側に環七から直線で水道道路が通っていてその北側が窪地になっている。今の街区で言うと西新宿4丁目にあたる地域だ。ここにはかつて大池があった。周囲には料亭や芸者街が立ち並ぶ十二社花街として賑わっていた。実際に歩いてみると土地の記憶を読み取ることができる。

Imgp1501

中層マンションの裏手にいかにも料亭っぽい家屋があった。灯篭や信楽焼の狸の置物が玄関にあって風情をかもし出していたので撮影したが、あとで調べたらかつて一松という料亭であったことがわかった。

Imgp1504

そこから少し北上するとこのあたりで一番有名な福助という蕎麦屋がある。この蕎麦屋の脇、マンションとの隙間に銀杏の巨木が残っている。かつてはこの蕎麦屋の裏側までが大池で、小船を浮かべた江戸っ子達が芸者と釣りを楽しんだりしていたという。

Imgp1508

古い旅館が残っていた。一直旅館といって観光旅館だけでなくビジネスユースでも使われているらしい。池の西側にあったためか坂の途中に位置している。この辺りの路地ではいまでも三世代同居があるようで、おばあさんが孫を遊ばせていたりして、往年の雰囲気を残していたのが嬉しかった。

Imgp1512

写真はかつての角筈村の風景で、熊野神社の境内にあったもの。これが江戸時代の新宿の風景。室町時代に鈴木九郎という有力者が紀州和歌山から熊野権現を移し祭ったといわれていて江戸時代は新宿地域の総鎮守だったようだ。

Imgp1516

神社にはいくつも祠があり、狛犬と狐様が並んでいたり鯉塚と弁天があったりする。何となく神様のデパートみたいだと思ったのはバチ当たりだろうか。鳥居の前からは神社の後方に高層ビルが並んでいたりして、時代が折り重なっているような錯覚に捕らわれる。なかなか楽しい神社だった。

Imgp1520

| | コメント (0)

牛の寝の大マテイ山散策のこと (2)

初々しくもほほえましいカップルを山頂に残して下ると、峠には初老の男女グループがいて賑やかにランチを取っていた。昨今の山では昭和20年代生まれの段階の世代がとても多く大半を占めるといっても過言ではない。日本は幸せな国なのだろう。

Cimg0329

イロハモミジがきれいに紅葉している。もっとも1400m近い稜線はもうほとんどが落葉してしまっていて、ベストシーズンは10月下旬だと改めて認識した。このあたりからはずっと下りの登山道で、標高600mほどの山沢川まで降りることになる。ザックからストックを出して下り坂に備えた。

Cimg0333

下るにつれて紅葉が鮮やかになる。やはり11月は里の紅葉の時期なのだと悟る。お山は10月だな。モロクボ平付近は樹種がとても多い。一番きれいに紅葉しているのはハウチワカエデ。標高1,000mあたりまで降りてくると、かつて瀬音の森で取り付けた樹木説明版がまだきれいな状態で残っているのを確認できた。

Cimg0336

ちょっと紐がきつくなって張っているので、2,3年うちには切れてしまうかもしれない。板そのものはとてもきれいな状態のものがほとんどだった。誰かが拭いてくれたのかな?

Cimg0338

さらに急坂を下っていくと広葉樹の森が杉林に変わる。 ところがこの杉林がいたるところで崩壊している。 何箇所か登山道をふさいでいるのである。おそらく今年の1,000ミリを超える雨の被害だろう。跨げない場所はすでに別の迂回路ができていた。やはり山の手入れはしないと本当にやばいと思える一面だった。

Cimg0341

小菅の小屋に到着、ここの標高は820mほど。最近ここで遊んでいないので、また近いうちに来たいものだ。しばらくドアを開けて小屋の中を乾燥させた。ここまでくるとゴールの小菅の湯はもう間近。 バスで楽をして登り、大半が下りの安楽なハイキングだった。

<2011年11月13日(日)登山>

| | コメント (0)

牛の寝の大マテイ山散策のこと (1)

得さんから山へ行こうと誘われた。 11月の最初のことである。 しかしまだ東京は20度ほどの気温なので、紅葉のきれいな山がいいだろうと大マテイ山に決めた。大マテイ山は小菅村と大月市の境を走る牛の寝通りという尾根筋の山で、標高は1,409m。今年最初の山行なので無理はしたくない。小菅の湯に車を停めて、バスで松姫峠まで登るのである。小菅の湯の標高は650mほど、松姫峠まで600mほどの標高をバスが稼いでくれる。

Cimg0306

松姫峠に降り立つと10台ほど停められる普通車の駐車スペースは当然満杯。見た感じあまり遠くまで歩こうという人はいない。 この紅葉の時期は山頂へ登ると数百人の登山客がいるなんてこともあって、そういう山はちょっと勘弁。

Cimg0308

松姫峠からは富士が見える。手前の稜線は五百円札の裏の絵で有名な雁ヶ腹摺山から続く標高1,400mの楢の木尾根。いつ見ても富士はいい。

Cimg0312

コナラとクリが多い植生の尾根道を歩く。 尾根道は風が通って気持ちがいい。鶴寝山(1,368m)はトラバースしてパス。山沢への道を分ける「山沢入りのヌタ」へはおよそ50分、そこから20分ほどで大マテイ山に届く。

Cimg0314

私は巨樹の道が好きなのだが、ここは前回歩いたので、南側の日向みち(たぶんヒナタと読む)を歩く。とはいえ二つの道は100mから200mしか離れずに並行している。まもなく大マテイ山に到着。

Cimg0324

山頂がどこなのかわかりにくい平坦な峰だが、標識とベンチ2基がしっかりと備えてある。小菅村と山梨県が管理しているのだが、表示板もとてもきれいで要所要所にあるので道に迷うことはないだろう。 山頂にはカップルがいて、まだ付き合い始めたかその手前か、微妙な距離感で話していた。得さんがここは邪魔をしないようにと配慮してすぐに山頂を離れた。私は初々しいカップルについ笑みをこぼしてしまった。

(続く)

続きを読む "牛の寝の大マテイ山散策のこと (1)"

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

都内も黄葉はじまるのこと

都内にも秋がやってきた。最近の秋は以前よりも短くなった気がする。10月までは汗ばむような陽気だったのが11月になると急に冬めいてくる。気候が変わったのか、体感が変わったのかはわからないが、のんびり秋を楽しめなくなった。

Cimg0343

23日の祝日に都心を散歩した。 平日はビジネスマンやOLで賑わう日比谷公園だが、休日も多くの人が訪れて賑わっている。私と同じように観光地へ出かけるのをやめて都心を選択した人も多いのだろう。日比谷公園は1903年の開園だからもう110年も前になる。この公園の真ん中あたり「松本楼」というレストラン脇に銀杏の巨木がある。「首かけいちょう」と呼ばれている。

Cimg0353

樹齢400年、幹周り6.5mとあるが、実寸以上のオーラがある。この銀杏は1600年以前に徳川家康が江戸幕府を開く前に植えられたと伝えられている。もともともっと日比谷通り側にあったのだが、300歳のころ、1901年に日比谷通り拡幅の際に倒されることになった。しかし公園を設計した本田静六という博士が首を懸けても移植すると主張しこの場所に25日かけ、450mを移動したらしい。静六さん、なかなかいいことをする。樹勢もありまだまだ100年以上がんばりそうだ。この銀杏のおかげか、松本楼は店の外にも数十人が列をなすほど盛況だった。

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

東京の街のこと

Cimg0226

ボクが上京したのは1975年のこと、山口県の田舎町からやってきたおのぼりさんだったので、東京という街のパワーに圧倒されていた。当時はまだ高層ビルもまばらで霞ヶ関ビルが存在感を示していた位だったからいわん東京タワーをやである。東京タワーはどこからも見えるくらい高かった。それが今ではビルの谷間に埋もれてしまいそうな様子。でもやっぱりそのプロポーションは何度見ても秀逸である。東京タワーに比べると新しいノッポ電波塔はいささか風情にかけるが、50年後はどうなのか。その評価は多分変わらないと思うのだが。

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

今の総理は誰?のこと

今の総理大臣は誰?と聞かれて、野田総理とまでは言えても野田○○というところがほとんどの人は言えない。そういう点では野田聖子のほうが知名度は高い。なぜそうなってしまったのか。一言で言えば「何も成果がない」からかもしれない。もう一歩踏み込むと、「何も具体的な行動が起きていない」からともいえるかも知れない。

民主党自体が見ていて当番で総理を決めているようで、リスクを犯して前進する人がまったく見当たらないから、誰がやっても同じという意見には同意。

どじょうは泥の中に埋まったまま生涯を終えるのだろう。こういうお菓子もすでに売り場の隅っこのひっそりしたところにまるでどじょうのように置いてあった。

私はもうとっくに見放したが、なぜ国民は見放さないのだろう?それが不思議でならない。

あ、ちなみに野田さんの下の名前は佳彦(よしひこ)です。千葉県船橋市出身。1957年生まれ(私と同じ学年だ)。確か日本新党~新進党~民主党の順にいた。それくらい覚えておいてあげよう。

Cimg0196

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

小菅川の清掃のこと

どうも、PCがおかしいのか、ブログ更新のGUIがうまく表示されなくて、なかなか記事を書く気にならない。FAQにも出ていない現象だし、他のPCでやるとちゃんとなるのでこのPCが原因だということまではわかったのだが、もう長いこと解決していないのだ。さて・・・・・

今年も11月3日がやってきた。小菅村クリーングリーン作戦という山梨県小菅村の村内清掃で「瀬音」メンバーは河川清掃がポジション。

Imgp1466

早めに小菅小学校の校庭に着いてコーヒーを淹れて飲んでいたが、kurooさん、鵜住居さん、野村さんが到着。間に合わないと聞いていた他のメンバーも何とか間に合って校庭にそろった。

Imgp1469

ほんとうは駄目なのだがこの日だけは大目に見てもらい軽トラの荷台に乗って川の下流に移動。この風切って走る開放感は病み付きになる。

Imgp1475

早速下流域から清掃を始める。役場の加藤さんと組合長の小菅さんが今年の清掃区間についての説明をする。驚いたのは台風で川床どころか流れそのものが変わっていたこと。水位は4~5mの高さに及んだようだ。加藤さんの話だと今年の8月9月で1000ミリの雨が降ったとのこと。その後なかなか水量が減らず、川も荒れて釣り人も来なくなり、代わりにカワウがやってきてかなり岩魚山女魚を食ってしまったようだ。

Imgp1485

それでも川には尺岩魚、尺山女魚が悠々と泳いでいた。支流では35cmを越える岩魚がペアリングをしていて、皆しばらく見とれていた。産卵床を掘る岩魚の動きは何度見ても感嘆してしまう。ゴミ拾い再開、台風であまりに多くのゴミが流れてきていたので、途中でデポしたが例年の半分強の距離しか出来なかったが残念である。

Imgp1492

川から上がると加藤さんの車が迎えに来ていた。 そのまま原始村でテンプラ+蕎麦をご馳走になる。コシがあってとてもおいしい。村の方々の気持ちが嬉しい。他のお客さんも入ってきて混んでしまった折、役場の加藤さんがまるでウエイターのように注文を取ったり膳の上げ下げをして手伝っていたのは加藤さんの人柄。


Imgp1494

渓酔さんと<野>さんがおいしそうに蕎麦を食べる図。

その後は冬季釣り場組と鱒の庭組に分かれて釣りをして帰ったことは言うまでもない。組合長の池もきれいになって復活した。かれこれ15年も続くこのイベントには、出来る限り参加したいと思ってやまない。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »