« 時代の流れのこと | トップページ | 別冊つり人「渓流・春」のこと »

2012年2月14日 (火)

南アを眺めてのこと

Imgp3111
写真は勝沼のフルーツラインから撮影した甲府盆地。山の見える風景は和む。遠くに見えるのは南アルプスの連山。気持ちがいい。

Imgp3116
最高峰にズームイン。右側の奥のピークは北岳。3193mの日本で二番目の標高を誇る。そこから左へ鞍部が続き、写真中央の雲の右端下から雲の左端下の間ノ岳までが日本でもっとも長い3000mを超える鞍部。

とても登山する気にはならないが、遠くから見ているだけで憧れを感じる。しかしコントラストを強調したので、ケラレがでてしまったが、まっいいか。

|

« 時代の流れのこと | トップページ | 別冊つり人「渓流・春」のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代の流れのこと | トップページ | 別冊つり人「渓流・春」のこと »