« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月12日 (土)

得さんを案内のこと

今回は私のホームと呼べる渓に得さんを案内。当然ながら先行者がいる。それどころかあがってきた先行者と話をする。餌釣り士でキープしていたが、家族に食べさせる目的ならいいことだ。餌釣り士が朝釣ったという区間に入る。

Imgp1768

ツツジが咲き始めていたが、ここは標高が高いのでまだヤマブキも咲いていないから、ちょっと早めに咲く種類なのだろう。渓はまだ春の装い、水温は10度。ぼちぼちドライに出るかなという感じだが、なかなか釣れないまま1kmあまり遡行。

Imgp1770
得さんが本流で釣っているので私は沢にちょっと入って毛鉤を投げてみたらいきなり岩魚が出てきた。得さん俄然テンション高まって、沢をつめることにした。

Imgp1775
すぐに得さんは良型の岩魚を掛ける。それまでの本流の苦労を忘れたような満面の笑みがこぼれる。では次は私の番だとポイントをいくつかやると出た出た。

Imgp1778
ちょっと型は小さい17cmほどの岩魚。 しかしボサがかかっているのでポイントの拾い釣りになる。この時期にしか釣れない沢かもしれない。

Imgp1781
渓相は私好みの細沢。 交代に釣り、順調に釣果を伸ばしていった。 ただ、なぜか私の番では20cm未満が掛かり、得さんの番では良型が掛かる。 まあそれも自然の運なのだろうと受け止めて何尾か釣った。 最後はなぜかアマゴが出たが(笑)。

Imgp1789
倒木が多い中釣り上ったが、何しろ昼からの釣りなので陽が傾いてくるのもすぐだった。 16:30には上がりましょうと言っていたので、ここで釣りはおしまい。

Imgp1792
帰りは20mほど上にある仙道を歩いて戻るので、沢通しよりは楽だが、各所で崩落していてちょっと怖いところもあった。それでも満足な釣りになって、正直ホットした。

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

10万キロのこと

Imgp1762

クルーガーのオドメーターが10万キロに達した。ちょうど10年なので、年1万キロ平均。そろそろ買い替えどきなのだが、まだまだ快調に走ってくれるのでなかなかその気にならない。ただ3,000ccなので燃費は7.5km/L程度しか行かない。 今年出たマツダのCX-5ディーゼルは平均で15km~18kmくらい走るらしい。遠出が多いので、ハイオクで7.5kmと軽油で16.5kmはキロ当たりコストだと、3倍近い差になってしまう。

とはいえ、年間で考えると今のまま乗って年間22万から8万へマイナス14万。 車の価格では回収するのに20年もかかってしまうから、調子がいい間は乗ろうかな。そのうち本当にこれだという車が出るかもしれないから。

Imgp1668
もう少し頑張ってもらおう。

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

ツグミのこと

Cimg0070
ツグミが公園の草地を歩く。 もうすぐ北の国へ帰っていく。 オナガも電線に留まって啼いている。冬鳥はみんな帰っていくのだ。梅雨が来る前に。

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

今年のナガミヒナゲシのこと

Cimg0044

今年もまたこの時期になると逃げ出して咲き広がるのがナガミヒナゲシ。 ちょうどハナニラがその勢力に陰りを見せる頃にこの花が路傍に咲き始めます。 割と目立つので誰でも気づく花でしょう。

Cimg0029
植え込みの隙間からひょこひょこ伸びてくるのがなかなか生命力強そう。ただ、この花も入梅の頃には次第に影をひそめていきます。 人間と違って、自然環境に素直に対応して生命を全うしているように思えるのです。

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

次郎桜のこと

自宅から30分ほど歩いたところに芦花公園がある。 公園の中には徳富蘆花(蘇峰)の旧邸も残る。 南の入り口から入るとお花畑があり、その手前に桜がたくさんある。 そのうちの1本が次郎桜と呼ばれている。

Cimg0059
なかなか見事な桜でたぶんエドヒガンだろうと思う。この桜にはちょっぴり悲しい話の説明板がある。

徳富蘆花が明治40年にこの地へ越してきた折、近所の篠田次郎という聡明な少年がいて、蘆花の勧めで青学に入学した。ところが次郎は貧しくて、学費不足で苦学、真冬の大雪の中でも外套も持たず薄着で牛乳配達をしていたが、学年末試験前に肺炎で亡くなってしまった。重く沈んだ心で葬儀に参列した蘆花に、次郎の父親が持ってきてくれた桜の末裔がこの桜らしい。

苦学生を見かけなくなった昨今、金持ちでないと東大には入れないと言われ、格差が問題になっている。若者がいろんなことにチャレンジできる社会こそが年金問題やその他の問題の解決の基盤になるはずなのだ。 今の政治家はつまらん(大滝秀治風に)。

Cimg0063
次郎桜はとてもきれいな桜だった。

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

ゴールデンウィークの釣りのこと (2)

さて日立で一泊して翌日はいわきに向かう。 実はいわきに宿泊しようとしたのだが、ビジネスホテルはすべて満室だった。原発関係者の影響らしい。まだまだ終わるどころか真っ只中なんだなあと思ったが、街は活気を取り戻し普段の生活に戻っているような様子だった。

Imgp1739
今日は好間川である。 いわき周辺では有名河川。 国道沿いで入渓はいたるところからできるのがいい。 高速下には先客が2組いたので、上流に走ってから入ることにした。

Imgp1740
福島県はこのGWが桜満開(ちょっと過ぎかな)。 有名な滝桜も見たいが釣りが優先。 それでもあちこちにいろいろな桜色が見える。 橋のたもとから入渓。

Imgp1741
私がまだ竿を用意していないのにもう得さんは山女魚を掛けている。 何てことだ。 ところが私が毛鉤を流しても何も出てこない。 悩んで毛鉤を換えてみるがだめだ。

Imgp1743
少し上流でもまた1尾得さんが追加する。 しかし竿を折るという代償がついてしまった。 でもいっこうにへこたれずに私の釣るのを得さんは見ている。 でも私は釣れない。 得さんが車に予備竿を取りに戻った間もまったくだめだった。 堰堤下も音なし。

Imgp1747
どうも今日はだめな日らしい。 少し遡行してからは得さんにも出なくなった。 このあたりは魚影が薄いようだ。 土手の道で地元の人が車を止めては話しかける。 「この辺はだめだっぺよ~。上の赤い橋さ行ってみ。エグレにでっけえのがいるだよ~。」なんて教えてくれる。しかしやっぱり私はボウズだった。

Imgp1751
釣り終えて、ちょっと入遠野へ遠回りして地元の蕎麦を食べた。 うつつ庵という蕎麦屋さんで、地元ナンバーでいっぱいだった。 味は期待通りで、とてもおいしくいただいた。

帰りも快調に得さんのエクストレイルは走る。 リッター15キロでトルクたっぷりにクルーズするクリーンディーゼルがとても快適だ。 おかげ様で渋滞が始まる前に帰宅することができた。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »