« 山形釣行第2週二日目のこと | トップページ | 山形釣行第3週初日のこと »

2012年7月31日 (火)

山形釣行第2週三日目のこと

ちょっとブログをサボってしまった。

Imgp1961

さて、3日目は東北を代表するテンカラ師の都筑さんと同行できることになった。実は15年ほど昔、仲間が皆、都筑師匠に入門したころ、私は不肖の弟子?でほとんど同行したこともなかった。それだけに今、冨士弘道さんや堀江渓愚さんに東北テンカラの第一人者と言わせた都筑さんの釣りを見られることがとても楽しみだった。

Imgp1967
沢に掛かる橋から藪をこいて20分以上下る。 最後は小沢を下って目的の渓に降り立つ。水温は13度、ちょうどいい。岩魚の活性も高いだろう。

Imgp1969
ところがかなり食いが浅く渋い。 何とか7寸ほどの岩魚を掛けた。都筑さんは不肖の弟子が釣っているのを穏やかに見ているようだった。大体3回反応があってやっと1尾釣れるというくらいの食いの渋さで、これはこの沢だけでなくほとんどの渓で同じ。今年の気候が岩魚をそうさせていると確信した。

Imgp1970
都筑さんと交代で釣りあがるが、都筑さんの釣りは速い。 交代して仕掛けをいじっていたりするといつの間にかもう釣っている。いかん、観察しなければ。

Imgp1974
還暦を過ぎた都筑さんだが、遡行能力はさすがだ。この程度は「軽い」沢だという。何よりバランスがいいのだ。体重移動や振込みに無駄がない。

Imgp1975
手にしている岩魚は毛鉤を食い込まなかった。 それを沈めた毛鉤で誘い結局食わせてしまうのを拝見した。あれは私にはできない。

Imgp1977
この渓にしては気温が高く蒸し暑い日になってきた。 朝からほとんど虫が飛んでいなかったが、昼近くになってやっと飛び始めた。 それと同時に岩魚の反応も幾分かよくなってきた。

Imgp1983
それにしてもこの人は難しい状況の中でもよく釣る。 多くの弟子を持つ理由がよくわかる。それもそこそこの型を引き出すのだから、一緒に釣るのにはプレッシャーを感じないわけにはいかない。

Imgp1986
意外と速い遡行になりいつしか橋の下まで来ていた。その後都筑さんは堰堤下で釣りを始めた。 あれ?師匠はそういう場所では釣らないのでは?そう思ったが、現に釣っている。私はためらって、堰堤下に流れ出す流れの中を探り、何とか今日一番の岩魚を引き出すことができた。

Imgp1987
大満足だった。普通に毛鉤を流して釣るのではなく、そこに居ると信じて誘いをかけ、引き出した岩魚はうれしい。

都筑さん、とても勉強になりました。ありがとうございました。

|

« 山形釣行第2週二日目のこと | トップページ | 山形釣行第3週初日のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形釣行第2週二日目のこと | トップページ | 山形釣行第3週初日のこと »