« 2012年9月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年11月11日 (日)

kurooさんの個展@秩父

土曜日にkurooさん(黒沢和義さん)の個展を訪ねてきた。 場所は秩父市内の矢尾百貨店の展示ギャラリー。 もう6回目になるらしいが、何度見ても原画はいい。

今週も道路は大渋滞が予測されたので一般道で行くことにした。ところが所沢を抜けるのに1時間かかり、飯能を抜けたときにはすでに2時間以上経っていた。結局秩父まで3時間余りを要してしまった。 小菅も秩父も近くて遠いところだとつくづく思う。

P1000074

矢尾百貨店の後ろの駐車場にいつものように駐車した。 ここにある古民家風の建物の脇にある樹木は素晴らしい秋色。樹種を確認するのを忘れてしまったが、ナラ系の色をしている。

P1000078
作者はのんびりしていた。 もっとも昼を過ぎればお客様も沢山来場するので、昼まではゆっくりしていないと一日持たないだろう。 回を経るにつれて展示のレイアウトも効率的になっている。 絵と絵の感覚も2,3人で語らいながら見るのにちょうどいい。

P1000079
今回のいちばんの驚きはkurooさんの弟さんが漫画を描いていて、それがすごくいい出来栄えなことだった。私が少年時代にかじりついて読んでいたマガジン、キング、サンデー時代のタッチが素晴らしい。やはり才能ある家系なんだろうなあ。

面影画で有名になったkurooさんだが、本来のライフワークは山里の記憶。面影画が記録的なのに対して、山里の記憶は作品的な要素が濃い。 民俗学というのはそこら中に題材があるが、個人名が入ることで数段高い意味を持つ。 村人Aでは信憑性や説得性が薄いが、実名で描くことで記録の面でも、内容の面でも、すべてにおいて価値が高まるように思う。

少し混んできたのでおいとましたが、直後に野村さんがやってきたらしい。 数分のニアミスだった。 残念。

P1000081
ミューズパークを越えて小賀野の般若方面へ行ってみた。 周りはどこも里山の紅葉でいっぱい。 観光地の紅葉とは違う、生活感のある生き生きした紅葉がいたるところにあって、何度も車を停める。

帰りは140号線でのんびり花園ICまで行き、関越道で帰ったが渋滞はなく、2時間かからなかった。 まあいい気候でいい季節だから、混むのは仕方ないが・・・。

| | コメント (0)

瀬音:小菅クリーンアップ

(1週間遅れの記事になりますがご容赦ください)

毎年、もう十数年続いている小菅村の河川清掃ボランティア。 今年はkurooさんが個展を開く準備で参加できないが、野村さんだけでなく加藤さん、イナさん、ハミさんも参加してくれてにぎやかになった。

P1000026
早朝自宅を出発して中央道に乗るともう渋滞が始まっていた。行楽客恐るべし、相模湖~調布まで断続渋滞、まだ朝5時過ぎなのに。八王子から吉野街道に変更し7:40頃に小菅小学校に到着。野村さん、加藤さんから渋滞にハマっていると電話が入る。地元の村人たちは三々五々集まってくる。漁協組合長が「河川清掃班は最後の出発最後の帰着だから大丈夫ですよ」というので安心した。

9時をまわった頃野村号、ハミ号も到着した。玉川出合のキャンプ場で加藤源久さんが待っていてくれた。源久さんは村役場の重鎮でBSフジ益田由美の『ちいさな大自然』にも何度か出演しているリバーキーパーの先駆者。このボランティアが始まった頃から、また小菅川のC&Rが始まった頃からの我々の良きガイド。 毎年小菅の自然をいろいろと教えていただけるので、このイベントに授業料を支払ってもいいとさえ思っている。

P1000030
今年は台風の襲来がなかったので大型のゴミは少なかった。それでも産廃系のゴミはまだまだ多い。 釣り人のゴミは昔に比べると激減した。かつてはミミズやブドウ虫の容器などが散乱していたのだが、C&R区間外でもきわめて少なくなった。源久さんたちが定期的に清掃していることも大きいのだが、釣り人のゴミが少ないことは素直にうれしい。

P1000040

大物はなるべく出会いたくないのだが、それでもガードレールの支柱などが落ちていることがある。ずっと持っていくわけには行かないので、脱渓できるところで車が入れる場所にデポする。水面からは20m以上登らなければならないのでちょっと苦労する。

P1000045
東部キャンプ場の下で山女魚をしばし眺めている。ここは夏休みになるとキャンプに来た子供たちがにわか川ガキになって冷たい流れに飛び込む場所。都会の子供たちにとっては別世界だろうが、ぜひ子供たちには恐れずに自然に飛び込んで欲しい。

P1000049
イナさんが雄の山女魚の亡骸を見つけた。 良く見るとこの山女魚はまだ動いている。2才か3才か、岩魚と違って山女魚は基本2年、たまに年越しして3年が寿命。 こうして寿命を全うして川の栄養に変わっていく。 最後を人間に看取られる山女魚、川虫に軀を与えてまた山女魚の子孫たちがその川虫を餌にする。自然はうまくできている。

P1000050
河川清掃をしながら上を見上げるたびに素晴らしい紅葉に包まれていることを思い出す。ここにいるだけで気持ちがいいのである。さらに川に恩返しが出来ていることでその気持ちよさが増す。

P1000055
白沢出合手前まで遡行したところで時間切れになった。 加藤源久さんのご自宅にお邪魔してお茶をいただく。 加藤さんの父上(たぶん90歳くらい)が蜂に囲まれている。 蜜を持っているからなのだが、10匹近い蜂に囲まれても平然としている。恐るべし老人。

清掃が終了した後は、漁協の古菅組合長の計らいで広瀬屋さんで蕎麦会席を頂いた。広瀬屋さんの若旦那も同席。 若旦那は小菅川のリバーキーパーをしている。 今日も我々とは別に上流の清掃を担当された。 実は毎年一緒にやっている方で、ここの若旦那とはつゆ知らず。。。ご馳走様でした。

P1000073
午後は組合長のトラウトガーデン(鱒庭)で楽しむ。ここの魚影は恐ろしい。写真を拡大するとわかるのだが、水色が黒いのはすべて魚である。 いやと言うほど釣りをする。 3時をまわって気温がぐっと下がってきたので納竿。

小菅は本当に豊かな村である。お金と便利さはあまりなくても、本当に豊かだとつくづく思う。皆さん、お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年2月 »