« 瀬音:小菅クリーンアップ | トップページ | もじゃハウス »

2012年11月11日 (日)

kurooさんの個展@秩父

土曜日にkurooさん(黒沢和義さん)の個展を訪ねてきた。 場所は秩父市内の矢尾百貨店の展示ギャラリー。 もう6回目になるらしいが、何度見ても原画はいい。

今週も道路は大渋滞が予測されたので一般道で行くことにした。ところが所沢を抜けるのに1時間かかり、飯能を抜けたときにはすでに2時間以上経っていた。結局秩父まで3時間余りを要してしまった。 小菅も秩父も近くて遠いところだとつくづく思う。

P1000074

矢尾百貨店の後ろの駐車場にいつものように駐車した。 ここにある古民家風の建物の脇にある樹木は素晴らしい秋色。樹種を確認するのを忘れてしまったが、ナラ系の色をしている。

P1000078
作者はのんびりしていた。 もっとも昼を過ぎればお客様も沢山来場するので、昼まではゆっくりしていないと一日持たないだろう。 回を経るにつれて展示のレイアウトも効率的になっている。 絵と絵の感覚も2,3人で語らいながら見るのにちょうどいい。

P1000079
今回のいちばんの驚きはkurooさんの弟さんが漫画を描いていて、それがすごくいい出来栄えなことだった。私が少年時代にかじりついて読んでいたマガジン、キング、サンデー時代のタッチが素晴らしい。やはり才能ある家系なんだろうなあ。

面影画で有名になったkurooさんだが、本来のライフワークは山里の記憶。面影画が記録的なのに対して、山里の記憶は作品的な要素が濃い。 民俗学というのはそこら中に題材があるが、個人名が入ることで数段高い意味を持つ。 村人Aでは信憑性や説得性が薄いが、実名で描くことで記録の面でも、内容の面でも、すべてにおいて価値が高まるように思う。

少し混んできたのでおいとましたが、直後に野村さんがやってきたらしい。 数分のニアミスだった。 残念。

P1000081
ミューズパークを越えて小賀野の般若方面へ行ってみた。 周りはどこも里山の紅葉でいっぱい。 観光地の紅葉とは違う、生活感のある生き生きした紅葉がいたるところにあって、何度も車を停める。

帰りは140号線でのんびり花園ICまで行き、関越道で帰ったが渋滞はなく、2時間かからなかった。 まあいい気候でいい季節だから、混むのは仕方ないが・・・。

|

« 瀬音:小菅クリーンアップ | トップページ | もじゃハウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬音:小菅クリーンアップ | トップページ | もじゃハウス »