« 地デジアンテナ新規設置 | トップページ | 山形詣で(郁楓氏と) »

2013年8月 3日 (土)

山形詣で(県北の渓)

実は今年2回目の山形詣で、初日は県北のとある渓。7月の異常豪雨で東北の山は壊滅的なダメージを受けていることを承知で、おそらく回復力の高いこの渓をまずは選択した。車止めに着くとすでに地元ナンバーの釣り人車と茨城ナンバーの車が先着。茨城の人は登山。

Dscn2059_r

入渓してすぐに淵がほとんど埋まっていることに気づく。流入する沢筋は酷い状況だった。普段チョロチョロの沢筋が大きくえぐられて、流木倒木が大量に溜まっている。

Dscn2062_r
それでも岩魚山女魚はきちんと生きていて、警戒心は強いものの反応は悪くない。まもなく良型の山女魚が出てくれた。地元の釣友は下流は山女魚が主体というが、私はどちらかと言うと岩魚のほうが過半数になることが多い気がしている。

Dscn2067_r

さらに遡行すると、岩魚も登場してくれた。荒天の後にしては結構太っている。山が豊かで逃げ込む場所もあるので、良好な状態を保てるのではないだろうか。

Dscn2076_r
先行者は上流に入ったのかもしれないと思うようになってきた。しかし流れは埋まっているので、瀬尻についている魚は極めて敏感に反応して白泡に逃げ込む。難しい釣りになった。下流部で最後に出たのは再び良型の山女魚だった。ここのアベレージサイズは25㎝位なので、釣ってても楽しい。気分がいいので、小雨も交じっていたが上流にも入ることにした。

Dscn2083_r

上流は下流よりもさらに荒れていた。もともと若干荒れ気味の渓相だったが、とにかく倒木が目立つ。淵が埋まっている。その傾向は下流よりも酷い。おまけに先行者が入っている気配で、反応はかなり厳しい。結局、上流では2尾の岩魚しか出なかった。

Dscn2088_r

しかも上流の岩魚は2尾とも痩せ気味だったのは、荒れ方が厳しいからだろうか。岩魚も困惑しているようだが、釣り人もこの天候被害には困惑する。

Dscn2092_r

埋まり方はこの写真のような状況。もとは落ち込みの連続する好渓なのだが、これだけ埋まってしまうと厳しいものがある。今回は渓相の回復を期待して途中で登山道によじ登り脱渓した。

Dscn2113_r
沢筋はどこもこんな感じで、流出した土砂と流木が本流筋に溜まっているのである。元に戻るには数回の大雨が必要かもしれないが、程度が酷すぎるとさらに悪化する可能性があるから、自然のバランスは微妙かつ絶妙だ。

Dscn2122_r
それでも山のあちこちには山百合が咲き誇っている。いい香りがする。夏の花、この山百合は10~20㎝の花を斜面に咲かせて、豪華な景色を見せてくれる。山って同じ場所でしばらくするとまた違った植物が伸びていて、多種多様な生き物が共存共栄をしているのをいつも感じさせてくれる。

|

« 地デジアンテナ新規設置 | トップページ | 山形詣で(郁楓氏と) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地デジアンテナ新規設置 | トップページ | 山形詣で(郁楓氏と) »