« 爪あと | トップページ | T沢釣行 »

2013年8月 6日 (火)

釣り人の性(サガ)

前人未到と思われるような沢筋にも必ずといっていいほど釣り人の踏み跡が付いている。それは毎度驚かされるほどである。 先日から山形の河川の増水被害について書いてきたが、その中でも多くの釣り人が我慢できずに川に立っている様子を何人も見てきた。

Dscn2128_r

根こそぎ倒れた流木が横たわる寒河江川C&R区間、川の中数百M先をよく見ていただくとフライフィッシャーが立っている。普通に釣れる水流ではないし、しばらく見ていたが釣れている様子も無かった。それでも川に立つ。それが釣り士のサガと知っていてなお川に立って竿を振る。

自分も同じなのだが、他人事としてみるとちょっと滑稽に感じることもあるかな。

|

« 爪あと | トップページ | T沢釣行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爪あと | トップページ | T沢釣行 »