« 2015年1月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

2015年の納竿は小菅川で

小菅漁協の年券を買うのだがいつも元を取る回数釣行していません。 というのも近場の小菅で釣るのは春先だけ、今年もまだ3回しかここで釣っていません。 年券は大体日釣券の5日分なので、5回来ないと足が出る訳ですが、やはり今年も今日の4回目で納竿と相成りました(笑)。 とはいえ小菅村には楽しませていただいているので納税感覚でとらえています。

Dscn3482
天気はすこぶる良し、水は平水、気温も涼しいとくれば快適な釣行の環境が整ったといえます。ところが・・・反応するのは針掛かりしない小さな今年生まれの山女魚ばかり。 小さいのを掛けるのが嫌で11号~12号を使っているのですが、秋はこのチビですら一回反応すると2回目はありません。

途中まともな魚影を見たのは1尾のみでしたが、毛鉤を落とすと逃げてしまいました。相当いじめられているのでしょう。 そして私の腕がぜんぜんダメだということも思い知らせてくれます。 もっとも納竿は行事なので、1堰堤区間のみで終わることにしました。

崖を登って脱渓し車に戻ると、なんと役場の加藤源久さんの車が後ろに駐車しているではないですか。 釣りか、キノコか・・・あたりを少し探してみましたが見当たりません。 加藤さんは私の車を認識していないと思うのですが、何せナンバーが187ですから釣り人だというのはわかったと思います。(私は加藤さんの車にも何度か乗せていただいたのでダッシュボードにあるもので間違いなく加藤さんのだとわかりました)

Dscn3499
11月3日の河川清掃の時にこの話を加藤さんにしてみようと思います。 ただ私もボケだからその時まで覚えているかなあ・・・。

そんな訳で今年の釣り期は終わりました。 最後はボーズです。 ボーズは本当に久しぶりですが、雅号が「坊渓」なのでお似合いです。

〔おまけ〕

小菅源流の林道には新しい林道の表示とひっそりと路肩に潜む昔の表示があります。 私は絶対古い方が好きです。 でもわかりやすくして、観光客に来てもらえるのは良いことなので併設のままにしていただけるととてもうれしいです。 今日も白糸の滝には数組が訪れていました。

Dscn3494

Dscn3495
<2015/9/30(水)>

続きを読む "2015年の納竿は小菅川で"

| | コメント (0)

台風と鬼ごっこ

2015年の最後の山形釣行は台風と鬼ごっこになりました。 関東地方では未曽有の洪水が発生し、鬼怒川・思川流域では多数の家屋が流されてしまいました。 その台風が接近している時に山形へ出かけた訳ですが、まあ1日目は釣りになるだろうと考えてのことでした。

夜駆けで山形へ入った頃は置賜地区は100㎜を超える豪雨、しかし県北の最上地方は大丈夫そうな配置でしたので、7月にも行ったKY川に迷わず入渓しました。 さすがにこんな時に釣りに来る奴はいないらしく先行者も後攻者もいません。

Dscn3427
川は平水でした。 ところがチビ山女魚しか出てくれません。もっともこの下流域はあまり大きな魚は出ないので、まあこんなものかと山女魚と遊びました。 ほぼ全国の河川が洪水に近い状態なのに、今日だけでしょうがここが釣りになったことは幸運だったといえるかもしれません。

Dscf0564
昼時になり上流までやろうかどうか迷いましたが、年齢も年齢なので迷ったときは撤退という鉄則に従って脱渓し、登山道を下ることにしました。 20年ほど前に源流で雷雨があってぎりぎりで戻ることができた経験があります。 あのヒヤヒヤ感は味わいたくはありません。ましてや単独釣行ですのでなおさらです。

Dscn3412

Dscn3413
毎年、釣りシーズンの終わりを告げるツリフネソウとキツリフネが群生していました。 何年か前の豪雨で崩れた沢筋は登山道から遥か見上げる崩壊の源頭までツリフネソウが何百何千と咲いていました。

今年はもしかしたらこれで納竿かなと思いつつ、降り出した雨から逃れるように車に戻りました。午後は最上川を下り、鶴岡の加茂水族館(別名クラゲ水族館)へ立ち寄りましたが、ニュースで東北道が洪水と土砂崩れで通行止と聞き、新潟経由で東京に戻りました。 遠かったけれど、意外と新鮮なドライブでした。

<2015/9/9(水)>

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

2015年 KY川で尺上を狙う

7月16日木曜日、台風12号が西日本を襲っていました。 東北地方のいいところは奥羽山脈や月山、飯豊山塊が山の向こうとこちらで天気を違えている点です。 山形県の天気は概ね4つの区分、庄内・最上・村山・置賜で違うことがあります。 この日も村山置賜は雨ですが、最上は曇りでした。 朝の天気予報を見て、最上に行くことにしました。
場所は毎年通うKY川。 人気河川なのでいつも先行者に入られてしまいますが、それでも釣れます。 ちょっぴり期待しつつダム上の車止めまでいくと残念ながら地元山形ナンバーのワンボックスが止まっていました。 川を覗くと100mほど上流で竿を振る姿。 邪魔をしないように上流域まで登山道を歩いていきました。

Dscf0415
釣り始めるころには雨が落ちてきました。 しかし最上の予報は大雨にはならないということなので、ゴアテックスのジャケットを着てそのまま釣ります。 しかし今日も気温が高くたとえゴアテックスでも汗が流れてくるほど蒸し暑いのです。 雨はまた、魚の警戒心を解くので釣果は期待できます。 ここは何度も尺上を見ている場所ですしね。Dscf0417
しかし、釣れるのは25㎝クラス。 それで文句を言ってはいけないのですが、去年は目の前でPLAさんが、その前は目の前で得さんが尺上を掛けるのを見ていますので、期待は高まるばかりです。 しばらく行くと目の前の深瀬で尺上が定位しています。 そっと毛鉤を魚の50㎝上流に落とすと水面にフワッと出てきて毛鉤をコンマ何秒かの間観察しています。 合わせの体制を整えて「さあ、来い」と構えていると、毛鉤を見切って深みに入ってしまいました。 やはり尺上は手強いです。

Dscf0429
沢の出合を過ぎたところで、写真のポイントですが、複数の魚の気配がありました。 ここは慎重に攻めようと考えて、岩の際からじっくり探っていきます。 何投目かに良型が毛鉤に反応してフッキングしました。 すぐには寄せられない大きさです。ようやく足もとまで引き寄せ、ランディングネットに入れたその時、魚が外れてしまいました。 大きさはちょうど尺くらいでしょうか。 ランディングネットから跳ねたその岩魚は、濡れた岩の間を跳ねて流れに消えてしまいました。悔しいですがあっぱれな逃げ足(岩魚に足はないか・・・)。

Dscf0420
あきらめて滝まで進もうとすると目の前の大岩にたくさんの倒木が引っかかっています。 これは面倒だなと思いましたが、何とか抜けることができました。 この部分は沢通しなのですが、実は大岩の左側を巻くことができます。

Dscf0428

倒木から滝までにさらに1尾を追加して、この滝で納竿にしました。 この上も釣れると聞いていますが、昨日からの疲れが蓄積しているので、無理は禁物です。 単独釣行のときは自分を撮るのは結構面倒です。 いちおう記念写真ということで・・・。

Dscf0443
沢の出合まで沢通しに戻るとそこからは斜面に付いている登山道を下ります。 この登山道が気持ちいい道で、たくさんの植物、たくさんの生き物を感じながら歩いて行けるのです。 この山域にはたくさんのカツラの巨樹があって、里にあれば注連縄を巻かれるような幹回りのカツラがあちこちに生えています。 気持ちのいい道を下っていくといつしか雨は止んでいました。 ダムからは道路も全く濡れていませんでしたから、釣り場の周りだけの雨だったようです。

いつ来ても釣れる、釣り人は多いけど自然の豊かさは素晴らしい。 そんなこの川をまた来年も訪れたいと思います。
2015年7月6日 木曜日 9:30~14:30 水温 15度

| | コメント (0)

聖地沢 2015 with PLAさん

2015年7月15日水曜日、『水曜、釣りでしょう』のPLAさんと月山の聖地沢に釣行しました。 今回は昨年のかいぱぱさんとの釣行から1年ぶりの抜け道コース。 去年すでに結構荒れていて途中で迷いそうになったので、今回はGPSルートを確認して進みました。

Dscn3355
案の定、去年迷った辺りでまたまた藪に阻まれ迷ってしまいました。 しかしここに20年前から通うPLAさんの記憶と、私のiPhoneのGPSで何とか踏み跡を見つ入渓点に到着することができました。 数年前に同行した時に着けた黄色いペイントが取れ掛かっているので、道すがらPLAさんは赤ペイントを目印につけていきます。

Dscn3356
ここからは崖を降下します。 できればザイルが欲しいところですが、20年間同じ場所に雪の重みで倒木化した広葉樹があって、それをつたって下降することができるのです。 毎度不思議に感じるのですが、広葉樹の粘りは大したもので、倒れたまま成長しています。 そして樹木にとって20年というのは短い期間だということもあるでしょう。

Rimg5122
崖を下ったあとはまず沢の水で顔を洗いクールダウンします。 毎回ここでこんな風になっていますが、今年は特に気温が高く頭から沢水をかぶりました。 水温は15度ほどなのでとても気持ちがいいのです。

Dscn3365
そうめにすとの聖地沢とは言っても割と釣り人は入ります。 去年のかいぱぱさんとの釣行では見事に先行者に追いついてしまいほとんど釣りになりませんでした。 なので今日は十分早めの入渓をしたのですが、今一つ岩魚の出が渋いのです。 まるで9月のような感じでした。

Dscn3382
この沢はいつも釣果を裏切らず、ツ抜けどころか30尾以上釣れることも多いのですが、今日はかなりシビアな反応です。 例年なら毛鉤を落とせば我先に飛びついてくる岩魚が、用心深く毛鉤の手前でターンすることもありました。

Dscn3366
それでもPLAさんはボチボチ釣りあげていきます。 最近だいぶスリムになって動きが良くなってきたPLAさん、それに比べて相変わらずメタボの私。 見習ってダイエットしなければとこういうときは本気で思います。

Rimg5181
後半に入り、ちょっとぼーっとしてきました。 どうも熱中症気味になっているようです。 自覚症状を感じていたのですが、PLAさんから「顔が真っ赤ですね、熱中症ではないですか?」といわれてやはりそうかと納得。 少し休みながらの釣行になりました。

Dscn3368
それでも沢の岩魚は遊んでくれるので頑張って釣っていたのですが、脱渓点まで1時間くらいのところからはかなりの脱水症状になりかけてきました。 平らなところでしばらく寝て、顔を冷やして、休憩せざるを得なくなってしまい、PLAさんに世話をかけてしまいました。

Dscn3384
しばらく寝ていたら楽になってきたので、杣道を下っていきました。 一人だったらどうだったろうと考えると、こういう山岳渓流では同行者がいることは本当に心強いのだと改めて感じました。 PLAさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年10月 »