« 2015年 KY川で尺上を狙う | トップページ | 2015年の納竿は小菅川で »

2015年9月30日 (水)

台風と鬼ごっこ

2015年の最後の山形釣行は台風と鬼ごっこになりました。 関東地方では未曽有の洪水が発生し、鬼怒川・思川流域では多数の家屋が流されてしまいました。 その台風が接近している時に山形へ出かけた訳ですが、まあ1日目は釣りになるだろうと考えてのことでした。

夜駆けで山形へ入った頃は置賜地区は100㎜を超える豪雨、しかし県北の最上地方は大丈夫そうな配置でしたので、7月にも行ったKY川に迷わず入渓しました。 さすがにこんな時に釣りに来る奴はいないらしく先行者も後攻者もいません。

Dscn3427
川は平水でした。 ところがチビ山女魚しか出てくれません。もっともこの下流域はあまり大きな魚は出ないので、まあこんなものかと山女魚と遊びました。 ほぼ全国の河川が洪水に近い状態なのに、今日だけでしょうがここが釣りになったことは幸運だったといえるかもしれません。

Dscf0564
昼時になり上流までやろうかどうか迷いましたが、年齢も年齢なので迷ったときは撤退という鉄則に従って脱渓し、登山道を下ることにしました。 20年ほど前に源流で雷雨があってぎりぎりで戻ることができた経験があります。 あのヒヤヒヤ感は味わいたくはありません。ましてや単独釣行ですのでなおさらです。

Dscn3412

Dscn3413
毎年、釣りシーズンの終わりを告げるツリフネソウとキツリフネが群生していました。 何年か前の豪雨で崩れた沢筋は登山道から遥か見上げる崩壊の源頭までツリフネソウが何百何千と咲いていました。

今年はもしかしたらこれで納竿かなと思いつつ、降り出した雨から逃れるように車に戻りました。午後は最上川を下り、鶴岡の加茂水族館(別名クラゲ水族館)へ立ち寄りましたが、ニュースで東北道が洪水と土砂崩れで通行止と聞き、新潟経由で東京に戻りました。 遠かったけれど、意外と新鮮なドライブでした。

<2015/9/9(水)>

|

« 2015年 KY川で尺上を狙う | トップページ | 2015年の納竿は小菅川で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2015年 KY川で尺上を狙う | トップページ | 2015年の納竿は小菅川で »